「現役引退」とは?

関連ニュース

ジーコ氏、鹿島に久々復帰 テクニカルディレクターに - 07月17日(火)20:25 

 サッカーJ1鹿島は17日、クラブOBで元ブラジル代表のジーコ氏(65)がテクニカルディレクターに就任すると発表した。ジーコ氏は現役引退後の1996~2002年にも同じ職を務めており、16年ぶりの復帰…
カテゴリー:

【サッカー】春畑道哉(TUBE)、Jリーグ25周年記念アルバムに日本サッカー界のレジェンドが集結 - 07月14日(土)08:04  mnewsplus

サッカーJリーグのオフィシャルテーマソング「J'S THEME(Jのテーマ)」を作曲したTUBEのギタリスト春畑道哉が、8月22日にソロ名義で発売するJリーグ25周年記念アルバムの豪華特典の一部詳細を発表した。 アルバム「J'S THEME ~Thanks 25th Anniversary~」の初回生産限定盤には、老舗サッカー雑誌「サッカーマガジン」監修による記念ブックレット「J.LEAGUE 25th Anniversary BOOK」が封入される。 48ページにわたってJリーグ四半世紀の歴史を振り返るブックレットに日本サッカー界のレジェンドが集結した。 Jリーグ25年の軌跡を...
»続きを読む
カテゴリー:

東京五輪で2種目のメダルを目指す!陸上界の“二刀流女子大生”に密着 - 07月13日(金)09:42 

7月13日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、陸上界の“二刀流女子大生”・中村紗華選手に密着する。元ヤクルトスワローズ選手・監督の古田敦也と、フリーアナウンサーの徳永有美がMCを務める同番組は「部活応援宣言!」をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介している。順天堂大学陸上競技部に所属する中村さんは、幼い頃から体を動かすことが好きだったといい、中学で走高跳を始めるとメキメキと頭角を現し、3年の時には県大会初優勝。何よりも跳ぶことが好きという理由で、高校入学と同時に、三段跳にも挑戦。そして昨年2月、日本ジュニア室内陸上競技大会の女子走高跳で自己ベストを更新し優勝。さらに昨年10月に開催された国体の三段跳では、大会新記録を樹立し全国制覇を果たした。走高跳と三段跳の2種目で活躍する、陸上界の“二刀流エンジェル”的存在の中村さん。そんな彼女の目標は、2020年東京五輪で走高跳と三段跳の2種目でメダルを獲得することだという。今回は、東京五輪出場を目指す中村さんの大学入学後、初の大舞台となる関東インカレに密着。両親が見守る中、中村さんの結果は? さらに、優柔不断で天然、シャイだという彼女のプライベートな一面も明らかになる。また、彼女を指導する越川一紀...more
カテゴリー:

ブッフォンが移籍の舞台裏明かす「PSGのオファーなければ引退した」ロナウドにも言及 - 07月10日(火)20:03 

ジャンルイジ・ブッフォンは現役引退の準備を進める最中、PSGからのオファーを受けたことを明かしている。
カテゴリー:

裏麻雀の世界を生きた雀鬼・桜井章一が現代に思う「今の社会は農薬人間だらけ」 - 07月10日(火)15:30 

裏社会の利権が渦巻く裏麻雀の世界。その真剣勝負の場で裏プロとして20年間無敗の記録を築き、"雀鬼"と呼ばれるのが桜井章一だ。現在は"雀鬼流"の麻雀を指導する道場・雀鬼会で育成に励む傍ら、書籍の執筆も勢力的に行なっている。5月に上梓された新刊『究極の選択』では、人生の様々な局面で出会う難問に回答! 究極の選択の場で打ち勝ってきた雀鬼ならではの名言がたっぷりと詰まっている。そんな"雀鬼"桜井章一の素顔とは一体――? 昨日配信した前編に引き続き、伝説の勝負師の揺るぎない世界をお届けする。―結果の損得ではないと。裏社会で戦い続けてきた桜井さんとは全く逆の存在ともいえますか。桜井 そうですよ。俺はガキの頃から、強くないと大切なものや女房も守れないという環境にいたから、男として戦えなきゃいけなかったけど。でもヤツ(道場生)は、戦ったら弱いけど勇気があるよ。「義」を知ってる。やっぱり男は義というものを忘れちゃいけない。そういう人間が俺の周囲に何人かいるわけです。農薬人間だらけの中で。今の社会は男の社会で、農薬人間だらけじゃないかと思うよ。―農薬人間とは?桜井 例えば、米を作る時も高く売れる一等米を大量に作るために農薬も大量に使う。社会もそうで、高等教育で一等人間を作ろうとしている。ところができたものは本当は一等人間じゃない。社会に一等人間なんかいやしないんです。そして社会はというと、結果が良けれ...more
カテゴリー:

【サッカー】本田圭佑、日本代表新監督に立候補!? 「次の日本代表監督? 僕はまだ次の仕事を決めていないですよ」 - 07月14日(土)21:22  mnewsplus

本田圭佑、日本代表新監督に立候補!? 「まだ次の仕事を決めていないですよ」 7/14(土) 21:08配信 フットボールチャンネル https://www.footballchannel.jp/2018/07/14/post281502/ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00281502-footballc-socc 日本代表としてロシアワールドカップに出場した本田圭佑 田嶋幸三会長(左)と握手を交わす本田圭佑=成田空港(撮影・中田匡峻) ロシアワールドカップを戦い終え、西野朗監督の退任が決まった日本代表。新監督の人選が注目される中、本田圭佑が興味深いツイート...
»続きを読む
カテゴリー:

ハピネッツ、水町が引退 アカデミーコーチ就任へ - 07月13日(金)18:45 

 バスケットボール男子Bリーグ1部の秋田ノーザンハピネッツは13日、ガード水町亮介(36)の現役引退を発表した。中学生以下の選手を育てる秋田のアカデミーコーチに就く。
カテゴリー:

東京五輪で2種目のメダルを目指す!陸上界の二刀流女子大生に密着 - 07月13日(金)09:40 

7月13日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、陸上界の“二刀流女子大生”・中村紗華選手に密着する。元ヤクルトスワローズ選手・監督の古田敦也と、フリーアナウンサーの徳永有美がMCを務める同番組は「部活応援宣言!」をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介している。順天堂大学陸上競技部に所属する中村さんは、幼い頃から体を動かすことが好きだったといい、中学で走高跳を始めるとメキメキと頭角を現し、3年の時には県大会初優勝。何よりも跳ぶことが好きという理由で、高校入学と同時に、三段跳にも挑戦。そして昨年2月、日本ジュニア室内陸上競技大会の女子走高跳で自己ベストを更新し優勝。さらに昨年10月に開催された国体の三段跳では、大会新記録を樹立し全国制覇を果たした。走高跳と三段跳の2種目で活躍する、陸上界の“二刀流エンジェル”的存在の中村さん。そんな彼女の目標は、2020年東京五輪で走高跳と三段跳の2種目でメダルを獲得することだという。今回は、東京五輪出場を目指す中村さんの大学入学後、初の大舞台となる関東インカレに密着。両親が見守る中、中村さんの結果は? さらに、優柔不断で天然、シャイだという彼女のプライベートな一面も明らかになる。また、彼女を指導する越川一紀...more
カテゴリー:

【小川淳子の女子ツアーリポート光と影】五輪コーチ辞退の宮里藍の英断とそこから見えてくるもの - 07月10日(火)15:58 

宮里藍が、東京五輪の女子担当コーチを辞退した。就任を要請した日本ゴルフ協会(JGA)が、辞退されたことを発表。「引退したばかりでコーチング経験がなく、今回はまだ難しいと判断するに至った」というコメントも公開している。辞退した宮里の判断は、実に懸命だと思う。プレーヤーとしての実績が、そのままコーチとして機能するわけではないことをきちんとわかっているからだ。 【関連写真】自身の冠大会で乾杯の音頭をとる宮里藍 ゴルフに限らず、日本ではいまだに名選手=名コーチのような時代錯誤の考え方が根強く生きている。そうでない場合も、元・名選手のネームバリューを利用するために、監督やコーチにしたがる傾向が強い。野球やサッカーの代表チームに“○○ジャパン”などと、監督の名前をつける報じ方など、明らかにまちがっている。プレーヤーからより良いパフォーマンスを引き出すのが監督でありコーチなのだから。 もちろん、競技のことをより深く理解し、プレッシャーのかかる場面でより良いパフォーマンスをする方法がわかっているのはまちがいないし、名コーチになれる元・名選手だっている。だが、コーチングのイロハの「イ」ともいえる『指導する相手=現役プレーヤーは、自分と同じではない』ということがわからない限り、決して名コーチにはなれないだろう。限られた者だけに自分の技を伝える名師匠にはなれるかも知れないが…。 JGAから宮...more
カテゴリー:

石原さとみ、好きな人ができても「(仕事は)辞めないです」 - 07月10日(火)09:30 

7月9日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)で、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦と元フジテレビアナウンサーの大島由香里の夫婦に密着。現役引退後の小塚の様子を伝えた。 【写真を見る】小塚崇彦を支える元フジテレビアナウンサー大島由香里/2012年ザテレビジョン撮影 2016年に現役を退いた小塚は、スケート自体もやめ、自動車会社に務める会社員となった。 家族のために安定した会社員の道を選んだ小塚だったが、大島は反対。スケートを続けてほしいと毎日のように泣いて訴えたという。 「リンクの上が一番輝いている」と説得し、現在、小塚は仕事の合間を縫って、スケートを再開。大島も仕事に復帰し、「スケートをやるためだったら、家のことはお任せください」と夫を支えている。 その様子をスタジオで見ていた、大島と同じ元フジテレビアナウンサーの高橋真麻は「フジテレビの女子アナって、割と自分のキャリアを捨てて、旦那さんについていく人が多くて」と言い、今田耕司も「内助の功」と褒めた。 さらに高橋が、(大島は)会社に尽くすことに慣れているから、旦那にも尽くせるのではないかと分析すると、今田は「わしは女子アナと結婚する」と宣言。 そんな今田がゲストの石原さとみに「どうします? 大好きな人と巡り会って、その人が…?」と尋ねると、石原は「(仕事は)辞めないです! お仕事好きです」と言い切っていた。 視聴者...more
カテゴリー:

もっと見る

「現役引退」の画像

もっと見る

「現役引退」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる