「特例措置」とは?

関連ニュース

時短勤務でも将来の年金支給額が減らなくて済む! 3歳未満の子がいる人が対象の『厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例』とは? - 06月20日(水)08:00 

時短勤務や定時退社などの理由で、健康保険料・厚生年金保険料が下がり、将来の年金支給額が減る……。だから「バリバリ働きたい」という選択をする女性も中にはいるのではないでしょうか。 実は、3歳未満の子を養育する被保険者を対象に養育期間中の報酬の低下が将来の年金額に影響しないようにする特例措置が2005年に制定されています。 このことを知らない人が多いようで、『Twitter』で話題になっていました。 ツイッターで知った「厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書」。 ざっくり言うと、「3歳以下の子がいて時短勤務の人は、その間払う年金減るけど手続きすれば年金支給額は減らさないよ」っていうシロモノなんだけど、会社の事務さんに申請したらまるで知らなかった…今まで時短とった先輩たちェ… 厚生年金保険料は、毎月の基本給・残業代・各種手当などの報酬の月額を、区切りのよい幅で区分した標準報酬月額と、三ヶ月を超える期間の賞与から千円未満を切り捨てた標準賞与額から額を算出します。そのため、この厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例は、時短勤務の人だけでなく残業ができなくなった人も対象となります。 3歳未満の子どもを育てている人ならば誰でも申請できるこの制度。被保険者からの申出を受けた事業主が日本年金機構へ提出し、申出者と子の身分関係が証明できる戸籍謄本か戸籍記載事項証明書と住民票が添付書類と必要になりま...more
カテゴリー:

特例で補償検討 米軍属女性暴行殺害 日本側が賠償補填 - 06月07日(木)12:31 

 2016年の米軍属女性暴行殺害事件を巡って米側が遺族への補償を拒否している問題で、特例措置として米側が補償金を支払った上で、その額が裁判所の確定判決に満たない場合は、日本政府が見舞金として補填(ほてん)する案を日米間で検討していることが6日、分かった。補償については一審で無期懲役判決を受けた被...
カテゴリー:

<社説>米軍属女性殺人補償 抜本的解決策の確立急げ - 06月08日(金)06:01 

 あまりにも時間がかかりすぎている。一日も早く被害者遺族に補償すべきだ。  2016年4月に起きた米軍属女性暴行殺人事件で、特例措置での遺族補償を日米間で検討している。米側が補償金を支払った上で、その額が裁判所の確定判決に満たない場合、日本政府が見舞金として補てんする内容である。  那覇地裁はこと...
カテゴリー:

「特例措置」の画像

もっと見る

「特例措置」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる