「物価変動」とは?

関連ニュース

中国、6.7%成長に減速 4~6月期 固定資産投資が鈍化 - 07月17日(火)06:06 

中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6.7%増だった。伸び率は今年1~3月期から0.…
カテゴリー:

中国:GDP6.7%増の減速 主因はインフラ投資の急減 - 07月16日(月)20:08 

4~6月期 目標「6.5%前後」は上回る  【北京・赤間清広】中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP)は物価変動を除いた実質で前年同期比6.7%増にとどまった。1~3月期の伸び(6.8%増)を下回り、2017年7~9月期以来、3四半期ぶりに減速に転じた。景気を下支えしてきた
カテゴリー:

中国:GDP6.7%成長に減速 今後は制裁も影響か - 07月16日(月)12:03 

 中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6.7%増だった。伸び率は今年1~3月期から0.1ポイント低下し、2016年7~9月期以来の低水準となった。減速するのは3四半期ぶり。金融リスクを抑制する政策方針を受け、固定資産投資の伸
カテゴリー:

なぜ今、誰も「アベノミクス」という言葉を口にしなくなったのか - 07月10日(火)04:45 

ここ最近、まったくと言っていいほど耳にしなくなった「アベノミクス」という言葉。政権に至っては意図的に避けているとすら思えてしまう状況ですが、やはり「失敗」だったのでしょうか。これまで何度もアベノミクスについて検証を重ねてきたジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、「日本経済全体には何も目覚ましいことは起きていない」とし、実質GDPは旧民主党時代にも及んでいないと指摘しています。 もう誰も口にしなくなったアベノミクス──いい加減ヤメにしたい発展途上国型の発想 日本銀行の7月3日の発表によると、6月末のマネタリーベースは503兆円と初めて500兆円台に乗った。アベノミスクが発動される直前の2013年3月末の138兆円に比べて、365兆円も増えて約3.7倍にまで膨らんだ訳で、金融の「異次元緩和」もここに極まれりというところだが、それでいて日本経済全体には何も目覚ましいことは起きていない。 物価変動を反映しているので生活実感に近いとされる実質GDPで見れば、端的な話、13~17年の5年間を通じて一貫してプラス成長ではあるけれども、平均1.1%で、安倍晋三首相が悪罵の対象としている旧民主党政権時代の3年間の平均1.9%には及ばない。消費は伸びておらず、雇用は増えてはいるがそのほとんどは非正規で、雇用の質は劣化し、従って賃金も上がらない。だから消費も...more
カテゴリー:

【景況指数】5月の実質賃金1.3%増 1年10カ月ぶり高水準 正社員の基本給増が顕著に - 07月06日(金)12:10  bizplus

実質賃金1.3%増 5月、1年10カ月ぶり高水準  厚生労働省が6日発表した5月の毎月勤労統計(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月から1.3%増えた。  1年10カ月ぶりの高水準だ。人手不足で人材の確保が難しいなか、つなぎ留めるために給与を引き上げている。  名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は2.1%増の27万5443円。  伸び率は14年11カ月ぶりの高水準となった。 (以下略、続きはソースでご確認下さい) 日本経済新聞 018/7/6 9:18 https://www.nikkei.com/artic...
»続きを読む
カテゴリー:

中国6.7%成長に減速 4-6月期 貿易摩擦に懸念も - 07月17日(火)06:00 

【北京・川原田健雄】中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

中国 4~6月GDP減速 今月の米による制裁で今後の実体経済が大変なことに - 07月16日(月)15:15  news

【北京共同】中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は 物価変動の影響を除く実質で前年同期比6・7%増だった。伸び率は今年1~3月期から 0・1ポイント低下し、2016年7~9月期以来の低水準となった。減速するのは3四半期ぶり。 金融リスクを抑制する政策方針を受け、固定資産投資の伸びが鈍化したことが響いた。  米中が互いの製品に追加関税をかけ合う制裁措置を発動したのは今月6日で、今回の GDPに影響は大きく出ていないとみられる。ただ今後は輸出減少などを通じて...
»続きを読む
カテゴリー:

中国6・7%成長に減速、4~6月期 貿易摩擦で失速懸念も - 07月16日(月)12:02 

 中国国家統計局が16日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6・7%増だった。伸び率は今年1~3月期から0・1ポイント低下し、2016年7~9月期以来の低水準となった。減速するのは3四半期ぶり。金融リスクを抑制する政策方針を受け、固定資産投資の伸びが鈍化したことが響いた。
カテゴリー:

【経済】実質賃金1.3%増  名目賃金2.1%増 5月 現金給与総額は10か月連続プラス - 07月06日(金)13:12  newsplus

 厚生労働省が6日発表した5月の毎月勤労統計(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月から1.3%増えた。1年10カ月ぶりの高水準だ。人手不足で人材の確保が難しいなか、つなぎ留めるために給与を引き上げている。  名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は2.1%増の27万5443円。伸び率は14年11カ月ぶりの高水準となった。内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は1.5%増え24万4175円となった。残業代など所定外給与は1.6%増、ボーナスなど特別に支払われた給与は14.6%増加した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【家計調査】実質消費支出、5月3.9%減 食料や衣服など低迷 4カ月連続マイナス[07/06] - 07月06日(金)10:59  bizplus

総務省が6日発表した5月の家計調査によると、2人以上世帯の1世帯あたり消費支出は28万1307円だった。 物価変動の影響を除いた実質(変動調整値)で前年同月から3.9%減少した。4カ月連続のマイナスで、 下げ幅は1年9カ月ぶりの大きさだった。食料や衣服など、幅広い費目で支出が減った。  消費支出を費目別にみると、全10費目のうち7費目がマイナス。支出に占める割合が最も高い「食料」は5.3%減だった。 外食が7.4%減と低迷したほか、価格の高騰が一巡した野菜でも支出が減った。  「被服及び履物」は8.0%減だった...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「物価変動」の画像

もっと見る

「物価変動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる