「爆発音」とは?

関連ニュース

花火の遠い親戚?日本人が初めて見た火薬武器「てつはう」21世紀に判明したその実態 - 06月13日(水)20:40 

花火の歴史は火薬の歴史。花火の原料である火薬を使った武器を初めて日本人が目にしたのは、鎌倉時代中期の元寇においてではないかと考えられている。文永の役(1274年)と弘安の役(1281年)の2度にわたる蒙古襲来の際に元軍が使用した「てつはう」という火薬武器の存在が文献や絵巻物に残されている。 【写真を見る】海底遺跡から出土した「てつはう」/写真提供:松浦市教育委員会 刀や弓矢だけで戦っていた日本の武士が、爆発音と煙火を発する炸裂弾に出くわしてどれほど驚いたことだろうか。文献には「目がくらみ、耳もふさがり、東西の別も分からなくなった」と当時の衝撃を伝える記述が見つかっているが、「てつはう」による日本人の死傷者の記録は見つかっていないそうで、実際にどれほどの武器であったのかはこれまで判然としなかった。 ■ 海底に眠っていた中世のロマンを徹底調査! 火薬を用いた炸裂弾「てつはう」は謎のベールに包まれていたが、その一端が長崎県で解き明かされた。長崎県松浦市では1980年から海底遺跡の調査を続け、約4000点の遺物を海底から発掘。暴風雨“神風”で海底に沈んだ元軍の船をも引き揚げた結果、水中遺跡「鷹島神崎遺跡」として2012年、国史跡に指定された。 中国でも出土品がなく実態は長く不明のままだった「てつはう」だが、同遺跡から未使用品の実物が見つかったことで、調査によって詳しい構造が判明したのだ。 ...more
カテゴリー:

「電柱と車に挟まれた」「熱い熱いと声」新宿区の車暴走 - 06月12日(火)09:59 

 12日朝、東京都新宿区大久保3丁目の交差点で乗用車が暴走して6人がけがをした事故で、現場近くにいた人が当時の状況を語った。 現場近くの有料老人ホームで仕事をしていた40代の女性は、爆発音のような大き…
カテゴリー:

【北海道】十勝岳 火口付近で火山性地震が増加 火山性微動も観測 - 06月12日(火)13:42  newsplus

2018年06月11日 18時29分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25154.html 十勝岳中央部(気象庁が2010年に撮影)  北海道中央部の十勝岳では5月末以降、火山性地震が一時的に増加しており、今月10日にかけては地下の水蒸気やマグマの動きを示す火山性微動が5回発生していることを気象庁が11日に明らかにした。  札幌管区気象台によると、十勝岳では5月29日と6月8日に火山性地震が一時的に増加したほか、継続時間が短い火山性微動が今月5日~10日にかけて計5回発生している。  これらの火山活動は、1962年6月か...
»続きを読む
カテゴリー:

「爆発音」の画像

もっと見る

「爆発音」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる