「為末大」とは?

関連ニュース

為末大「オリンピックは素晴らしいが...」 その後の「長い人生」の大切さに言及 - 11月20日(水)11:48 

「知りすぎているからか、2020に向けて応援の声が大きくなるたび、その影にどうしても目がいってしまう。人生は長く、競技人生は短い」――。元陸上競技選手でスポーツコメンテーターの為末大さんが2019年11月20日、ツイッターでこう吐露した。
カテゴリー:

「健常者」の限界=人類の限界ではない:為末大が迫る「スポーツ×サイエンス」vol.2レポート - 11月04日(月)17:00 

“走る哲学者”為末大がスポーツやサイエンスのスペシャリストを招き、アスリートの身体の深淵に迫るイヴェントシリーズ「Sports×Science」の第2回が開催された。健常者の世界記録を破った下肢障害のあるパワーリフター。不可逆とされてきた脳性麻痺による筋緊張を緩和させ、水中で自由を得るスイマー。人間が限界に挑戦すればするほど、“人体の神秘”は再生産されていく。科学とテクノロジーを通して2020年の“その先”覗く試み。第2回のテーマは、「脳」だ。
カテゴリー:

“自意識過剰な中二病ナルシスト” 若新雄純さんが大切にする、思春期のエネルギー - 11月12日(火)06:47 

“自意識過剰な中二病ナルシスト”自らをこう公言するのは「ワイド!スクランブル」等のコメンテーターとしても知られる若新雄純(わかしん・ゆうじゅん)さんだ。慶應義塾大学の特任准教授でありながら、社員全員がニートで取締役という「NEET株式会社」や、地元の女子高校生たちがまちづくりに参加する「鯖江市役所JK課」などユニークな企画で、社会や組織の新しいテーマに取り組んできた若新さん。実は、学生時代には障がい者など就職困難者の就労を支援するLITALICO(創業時社名:イデアルキャリア)を共同創業したりと、”自虐的な”自己紹介とは裏腹に、輝かしい経歴の持ち主だ。社会をあっと驚かす斬新なアイデアの源泉はどこにあるのだろうか。というか、そもそも「若新雄純」って一体何者…?マザーハウスの代表取締役副社長・山崎大祐さんが9月上旬、本人にインタビュー。返ってきた答えとは。インタビューは、マザーハウス代表取締役兼チーフデザイナーの山口絵理子さんの『ThirdWay 第3の道のつくり方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を記念して行われました僕は「何者」でもない。――テレビをはじめ、多方面でご活躍の若新さん。今日は、尽きることのないアイデアの泉に迫るためにやってきました。まず最初に聞きたいのが、若新さんって一体、周りから「何者」だと認識され...more
カテゴリー:

「為末大」の画像

もっと見る

「為末大」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる