「漫画家」とは?

関連ニュース

【みんなのアマビエ】新型コロナ禍のSNSで話題の妖怪「アマビエ」が書籍化 売上の一部を寄付 扶桑社 - 05月29日(金)18:40  newsplus

新型コロナ禍のSNSで話題の妖怪「アマビエ」が書籍化 売上の一部を寄付 2020年05月19日 15時48分  新型コロナウイルス感染拡大の中で、疫病退散を祈る人々の間で広く描かれている妖怪「アマビエ」。漫画家やクリエイターたちが「アマビエ」をモチーフに制作した作品を1冊にまとめた書籍『みんなのアマビエ』(扶桑社)が19日に発売された。 https://www.minyu-net.com/oricon/OR2162461.php ...
»続きを読む
カテゴリー:

上司さんと後輩くんのSE的日常 第86回 スキャナ - 05月29日(金)17:30 

漫画家・ずんだコロッケさんのお仕事ギャグ四コマ。新入社員の後輩くんと、ダジャレ好きな上司さんのSE的日常をお届けします。
カテゴリー:

【プロキャディーXのつぶやき】ウッズ登場でゴルフ“健全化” 賭けるのはお金じゃなく「意地と誇り」 - 05月29日(金)15:30 

 前略 Kさま。ゴルフトーナメント優勝賞金以上の退職金をもらえることになって、いかがお過ごしでしょうか。貴方の振る舞いによって、22年前に賭けマージャンの賭博罪で現行犯逮捕された漫画家の蛭子能収さんの一件が何度も取り上げられるようになっています。
カテゴリー:

なんか鬼滅のせいで描くのが馬鹿らしくなった漫画家多そうとか言われてるけどさ - 05月29日(金)05:57  livejupiter

むしろあんな漫画でも天下取れる事でやる気出るやろ ...
»続きを読む
カテゴリー:

一生懸命生きなくてもいい? “自己と対話”して救いになる本4冊! | ananweb - マガジンハウス - 05月29日(金)21:00 

人にあたってしまったり、関わり自体を持つのが面倒だったり…。人間関係を築くのが苦手なら、心の内を見つめる読書で、自分と対話してみて。ライター、ブックカウンセラーの三浦天紗子さんが、“セルフコミュニケーション”に役立つ本をご紹介!世間の物差しに迎合して人も自分もジャッジしない。対人関係が苦手な人は、そもそも主体となる自分自身とのコミュニケーションに問題があるのかも。その場合、自分との対峙を促す本が、自分への理解を深める一助になってくれそう。「自分で本を選び、意識的に読み進めないと進まない読書は、能動的な行為です。書かれている意味を意識的に掴もうとするので、自然と自分の感情や体験と向き合うことになります」と、三浦さん。内面を見つめるきっかけとして選んでくれた本が、韓国のイラストレーターが自問自答を繰り返す『あやうく一生懸命生きるところだった』。「韓国では、“お金持ちになってください”というCMのキャッチコピーが流行語になり、著者は“お金持ちになりさえすれば、あとはすべて上手くいく”と視野狭窄に陥ります。そして、本当に大切な、自分はどう生きたいのかということを見落としていたことに気づきます。世間が言う“当たり前”に自分を押し込めず、他人も、自分の枠に当てはめてジャッジしない。基本中の基本ではありますが、それが、いい人間関係を築くのには肝心です」三浦さんが自らにも問いかけたいというフレーズ...more
カテゴリー:

嫌儲公認漫画家・きくちゆうき、名作「どうぶつーズの漫画」の連載を終了 - 05月29日(金)17:31  poverty

https://www.gentosha.jp/article/15629/ どうぶつーズの漫画 2020.05.29 更新 第205話 始まりと終わり きくちゆうき 終わりというのは、ある日突然来てしまうもんだな。 始まりがあったら終わりがある。 ここへ来て改めて感じます。 しかし、生きてる限りまたなにか始めたり、再出発もできると思います。 自分も、次を考え、また再出発できたらいいなあ、と思っております。 長らく続けさせていただいた「どうぶつーズの漫画」ですが、今回で最終回です。 長い間ありがとうございました! またどこかで漫画や...
»続きを読む
カテゴリー:

連載漫画家ってストーリーのやばい矛盾に気付いたらどうすんの? - 05月29日(金)17:01  news4vip

もう言い逃れ不可能なレベルの ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』作者が女性だと判明し大荒れ、「ガッカリ」の声 - 05月29日(金)11:54  livejupiter

キャリコネニュース https://news.careerconnection.jp/?p=94079 2020.5.27 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾漫画基地、文化内容策定の舵取りで再出発 - 05月29日(金)00:00 

これまで文化部(日本の文科省に類似)が運営していた台湾漫画基地(Taiwan Comic Base/台湾北部・台北市華陰街36号及び38号)が28日、2019年11月に発足した文化部所管の行政法人文化内容策進院(台湾クリエイティブコンテンツエージェンシー、略称TAICCA)を運営母体に迎えて再出発した。   文化内容策進院は今年3月、台湾漫画基地の空間経営の方針や定義を見直した。その結果、従来の「台湾漫画専属通路(=台湾のオリジナル作品の展示販売スペース)」、「創作者之家(=漫画家の交流を促進するための創作空間と設備を提供するスペース)」、「国際櫥窓(=アーティスト・イン・レジデンス制度による海外の漫画家との交流)」、「台湾のオリジナル漫画のためのマッチング商談会」、「漫画家のための法律相談」の当初の五大機能は残した上で、ソフト、ハード、プラットフォームの3大サービスを強化すること、漫画家の人材育成と産業とのスムーズな連結を強化し、文化内容策進院が有する関連の資源を活用して漫画産業の生態系の健全化に協力することなどを決めた。   文化内容策進院の胡晴舫院長は祝辞で、「台漫画基地には各方面が関心を寄せている。これが漫画家の創作拠点となり、台湾の漫画が世界に出て行くための窓口となることを期待している」とした上で、「今日の再出発は、心温まる起点となる」と喜んだ。 &n...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「漫画家」の画像

もっと見る

「漫画家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる