「漁獲量」とは?

関連ニュース

【食】高騰続くうなぎ 土用の丑の日に向け大手スーパーが代替食材模索…牛肉やビカーラ(インドネシア産うなぎ) - 06月18日(月)20:21  newsplus

2018年6月18日 18時35分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011483941000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022 深刻な不漁の影響でうなぎの高値が続く中、来月20日の「土用の丑の日」に向けて、大手スーパーなどではうなぎの代わりとなる食材に力を入れています。 流通大手の「イオン」は、18日、来月の土用の丑の日に向けた商品の発表会を開きました。 ことしは、インドネシア産のビカーラ種と呼ばれるうなぎの取り扱い量を増やします。このうなぎは、国内で一般的に消費されているニホンウナギと比べて...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】福岡市の「天麩羅処ひらお」が「いかの塩辛」の無料サービスを休止。『歴史的』不漁が影、ファン落胆 - 06月15日(金)11:20  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00010008-nishinpc-soci 福岡都市圏で天ぷら専門店「天麩羅処ひらお」を展開する「ひらお」(福岡市)が、来店客に提供していた 自家製「いかの塩辛」の無料サービスを休止していることが分かった。原材料となるスルメイカの記録的な 不漁が続いているためで、各店舗やインターネットで行っていた販売も休止。行列ができる人気店の 名物サービスに不漁が影を落とす格好となり、ファンに落胆の声が広がっている。 同社によると、塩辛の無料提供や販売の休止は今月6日から、福岡市博多...
»続きを読む
カテゴリー:

2018年6月13日(水)・14日(木)にJR大宮駅西口イベントスペースで開催する「ぶぎん・ちばぎん物産市」で、鴨川で水揚げされた新鮮なカタクチイワシを使用した商品を中心に販売します。 - 06月12日(火)16:54 

[有限会社アルガマリーナ] 【主な出店商品】 ★ひしこ押し寿司 ●ひしこ 「ひしこ押し寿司」の「ひしこ」は、カタクチイワシの東京下町の呼び名。 千葉県はカタクチイワシの漁獲量が全国一です。 ●「ひしこ押し寿司」のおいしさの理由 <カ...
カテゴリー:

【公海での漁業】「巨額助成金」頼み、中国、台湾、日本、韓国、スペインの5か国が市場を寡占 - 06月09日(土)00:59  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3177744?cx_position=32 公海での漁業は「巨額助成金」頼み、日本など5か国が市場を寡占 2018年6月8日 14:54 発信地:タンパ/米国 【6月8日 AFP】公海で行われる漁業は、そのままでは採算の合わない事業が各国政府の巨額の助成金によって存続しているとする研究結果を7日、国際チームが米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表した。  いずれの国の領海でも排他的経済水域でもない公海での漁業は、マグロなどの漁業資源の乱獲や、底引き網を使うことによる混獲が問題...
»続きを読む
カテゴリー:

【減少深刻なウナギ】 科学者会議立ち上げ回復図る - 06月08日(金)19:08  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180608/k10011469441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008 減少深刻なウナギ 科学者会議立ち上げ回復図る 2018年6月9日 1時10分 漁獲の減少が深刻化しているニホンウナギの資源管理を議論する国際会議が閉幕し、今後の規制強化を視野にウナギの資源量などを分析する科学者による会議を立ち上げることで合意しました。 ニホンウナギの資源管理の在り方を毎年決めている国際会議は、日本と韓国や台湾の代表が出席して東京で7日から2日間の日程で行われました。 ニホンウナギ...
»続きを読む
カテゴリー:

海産物がヤクザのしのぎになっている…暴力団、外国漁船が高級魚を密漁 - 06月17日(日)15:54 

海の幸が豊富な日本で、高級魚や貝を狙った密漁が横行していることをご存じだろうか? 暴力団や外国籍の密漁船による乱獲は、未来の食卓事情をも変えてしまいかねない。瀬戸際で対抗する漁業関係者など、その実態を追った ◆沿岸部では暴力団、沖合では海外漁船が密漁を続ける実態  真っ暗な海の夜。ライトもつけずにひっそりと漁をする。小型のボートで沖合に繰り出し、網を張る……。そんな密漁による逮捕者のニュースが目立つようになってきた。  例えば、近年不漁が続き、価格の高騰が止まらないウナギ。今年4月には、静岡県でのシラスウナギの密漁で男2人が逮捕された。また、2月には有明海で赤貝を密漁した老夫婦が、改造ボートで逃走する光景もテレビを賑わせた。  水産庁発表の’15年のデータでは、沿岸密漁の摘発において、漁業者以外の摘発件数は過去最多を更新。一般人や暴力団が密漁に手を染めている実態が明らかになり、大きな社会問題になっている。 「暴力団が密漁を行う魚介類は、主にシラスウナギとナマコ。シラスウナギは漁獲量が減ったことで密漁も減っていますが、今も暴力団のしのぎのひとつです」  そう話すのは暴力団による密漁の取材を続けてきたジャーナリストの鈴木智彦氏。ナマコは、「北海道のものなどは中国に高く売れ、乾燥させたものは1kg15万円ほどになる」という。ボートで繰り出し、ドライスーツに酸素ボンベを付けて...more
カテゴリー:

【島根】宍道湖をショベルカーで埋め立てた容疑 71歳男を逮捕 - 06月15日(金)00:14  newsplus

松江市内の宍道湖の一部を違法に埋め立てたとして、島根県警松江署は13日、 同県出雲市斐川町学頭の会社役員、荒川悦秀容疑者(71)を河川法違反の疑いで逮捕した。 国土交通省出雲河川事務所によると容疑者は江戸時代の水面利用権「水代(みずしろ)」を得ていると主張し、 1995年ごろから2015年10月にかけて湖岸約1500平方メートルを埋め立てたという。  逮捕容疑は15年8月8日、国交相の許可を得ずに松江市玉湯町の宍道湖の湖面約50平方メートルを ショベルカーで埋め立てたとしている。荒川容疑者は「...
»続きを読む
カテゴリー:

茨城県が自らの強みに気づいた結果、とんでもない"サバブーム"が誕生 - 06月09日(土)16:47  news

サバを楽しみ、サバカルチャーを発信し、サバで日本各地との交流をはかる「全さば連」(全日本さば連合会)の広報担当・サバジェンヌこと、池田陽子です。 突然ですが、茨城県といえば、みなさんはどんな食べ物を思い浮かべるだろうか? 茨城グルメの代表格といえば、納豆や梅干し。 しかし、じつはサバも凄いのである。いま、最もアツい、そして注目すべき「茨城サバムーブメント」を紹介させてほしい! 茨城県民も知らなかった「サバ漁獲量日本一」の事実 茨城県のサバ類漁獲量は、なんと堂々の日本一。 茨城県所属の漁船...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁、サンマの漁獲量制限を提案へ - 06月08日(金)19:57 

 水揚げ量が急激に減っているサンマの資源を守るため、水産庁は来月開催される国際会議で、サンマの漁獲量に上限を設けるよう提案することがわかりました。
カテゴリー:

サンマ水揚げ量が急減 漁獲量規制を提案へ 6/8 14:23更新 - 06月08日(金)14:23 

サンマの水揚げ量が急激に減っていることをうけ、日本政府が来月、サンマの資源管理などを話し合う国際会議で、漁獲量を規制する提案を行う方針であることが分かった。
カテゴリー:

もっと見る

「漁獲量」の画像

もっと見る

「漁獲量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる