「滋賀県彦根市」とは?

関連ニュース

彦根市:舟橋聖一文学賞 飯嶋和一さん「星夜航行」に - 11月19日(月)19:21 

 滋賀県彦根市は19日、単行本小説を対象とした第12回舟橋聖一文学賞(賞金50万円)に、東京都文京区の作家、飯嶋和一さん(65)の「星夜航行」(新潮社)が決定したと発表した。戦国時代の武将・沢瀬甚五郎の数奇な人生を描いている。また、若手作家を育てる第30回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞(同50万円
カテゴリー:

【三重】<ゆるキャラGP2018>「こにゅうどうくん」をグランプリに…四日市市が市職員を動員して組織票 市長号令 フリメでID大量取得 - 11月09日(金)07:09  newsplus

昨年のゆるキャラグランプリで4位に入り、喜ぶ三重県四日市市のキャラクター「こにゅうどうくん」と森智広・四日市市長=三重県桑名市で2017年11月  全国のご当地キャラクターが集う「ゆるキャラグランプリ(GP)2018」で、三重県四日市市が、市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」をグランプリにしようと、市職員を動員して組織票を投じていることが、毎日新聞が入手した内部資料で判明した。フリーメールなどのアドレスでIDを大量取得し、票数を稼いでいた。職員は部局ごとに投票を割り振られており、「...
»続きを読む
カテゴリー:

石垣しか残ってない城跡の見学者が急増。鉄筋コンクリのインチキ城は時代遅れ - 11月13日(火)21:56  news

城の天守を支える石垣の価値を見直す動きが広がっている。 石垣が残るだけになっている城跡にも、歴史好きの女子「歴女」らの人波が途切れない。 秋が深まった十月下旬の平日、数十人が黙々と石段を登っていた。 織田信長の叔母が実権を握った「女城主の里」としてPRする岐阜県恵那市の岩村城跡。 櫓などは明治期に取り壊され、今はこけむした石垣の上でススキが風に揺らぐ。 茶屋もない寂れた場所だが、人気が高まっている。 城跡人気の先駆けは、天空の城で知られる兵庫県の竹田城跡だ。 CMなどの露出効果で来場者は二...
»続きを読む
カテゴリー:

「滋賀県彦根市」の画像

もっと見る

「滋賀県彦根市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる