「渡邉蒼」とは?

関連ニュース

CHEMISTRY、MVに出演した遠藤憲一の演技を絶賛「抱きしめ方の男らしさにしびれた」 - 08月16日(金)13:00 

遠藤憲一が主演を務めるオトナの土ドラ『それぞれの断崖』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第3話が8月17日に放送。息子を殺された被害者の父(遠藤)と加害者の母(田中美里)の“禁断の愛”がいよいよ動き始めるが、その放送を前にして、主題歌を歌うCHEMISTRY(川畑要、堂珍嘉邦)からコメントが到着した。社会派ミステリーの名手として知られる小杉健治の同名小説が原作の本ドラマは、遠藤演じる志方恭一郎の中学生の息子が13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く社会派人間ドラマ。そのドラマを盛り上げるのが、CHEMISTRYが歌う主題歌「Angel」。今月15日に公開されたミュージックビデオでは、遠藤とのコラボが実現。歌詞にある「今なら(まだ)間に合う」をキーワードに、男女の物語を2つのストーリーで展開し、CHEMISTRYの歌唱シーンと遠藤のドラマシーンで構成されている。撮影は先月中旬、都内の地下駐車場で敢行。乱暴に停められた1台の黒い車と1人の女の周りに、怪しげな青白い照明の中でスモークがたかれ、その空間を「Angel」がエンドレスで流れ続ける。そこに遠藤が登場し、監督の説明を受けると、すぐさま撮影がスタート。憂いのある表情で柱にもたれかかるだけで絵になる遠藤の姿に、スタッフから「お~!」と感嘆の声が漏れた。まずは、遠藤が女に“撃たれるパター...more
カテゴリー:

遠藤憲一、息子を殺した13歳少年を激しく糾弾『それぞれの断崖』第2話 - 08月07日(水)14:44 

遠藤憲一が主演を務めるオトナの土ドラ『それぞれの断崖』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第2話が、8月10日に放送される。原作は社会派ミステリーの名手として知られる小杉健治の同名小説で、物語は家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害されるところからスタート。加害者は13歳の同級生だが、殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない……。悲劇の夜、被害者の父である恭一郎(遠藤)は、酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻の雪子(田中美佐子)や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。さらに、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間から容赦ないバッシングを受ける。第1話を見た視聴者からは「展開がしんどすぎるな 胸が苦しめられるドラマ」「エンケンが、したいみつけたときにでた声、なんかリアルだよなあ」「納得いかない気持ちがわかり過ぎる 今後のドラマの展開はわからないけど私も被害者の父親の気持ちがわかる」などの声が。また、恭一郎の息子・恭介を演じる渡邉蒼について「渡邉蒼くんの表情に、声に、全てに惹き込まれた」と、その名演技を絶賛する声が寄せられていた。<第2話あらすじ>息子・恭介(渡邉)を殺したのが同級生の八巻満(清水大登)であること、少年法上まだ13歳の満は犯罪者にはならないということを知り、激怒する志方(遠藤)。さらに、不登校や家庭内暴...more
カテゴリー:

「渡邉蒼」の画像

もっと見る

「渡邉蒼」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる