「渡辺麻友」とは?

関連ニュース

TOKIO松岡昌宏版「遠山金四郎」が帰ってくる!ドラマ特別企画で里見浩太朗と共演 - 07月17日(火)14:00 

 「TOKIO」の松岡昌宏が遠山金四郎に扮し、2017年9月に好評を博したTBSドラマ特別企画「名奉行!遠山の金四郎」の第2弾が、8月13日に放送されることがわかった。あわせて、同局の「江戸を斬る」シリーズで金四郎を演じていた、里見浩太朗の出演も発表された。  「江戸を斬る」の第7部(1987年)と第8部(94年)で金四郎役を担った里見は、今作では花火師の棟梁役に。金四郎が行きつけの居酒屋で出会い、「花火打ち上げ前の景気付けに」と酒を勧めるという設定だ。短い出演時間ながら、里見の貫禄ある演技がドラマを引き締めていく。  撮影は和やかな雰囲気で進行しており、里見がスタジオのセットに現れると、共演者やスタッフが拍手で出迎えるひと幕も。松岡は「子どもの頃から時代劇が大好きだった自分にとって、『水戸黄門』の助さん役や『江戸を斬る』で金四郎役を演じてこられた里見浩太朗さんは、まさに憧れの大先輩。時代劇のお手本のような存在です。里見さんとはこれまで数回共演させていただいたことはあるのですが、セリフを交わすお芝居は初めてです。金四郎役で実現できて光栄です」と感激の様子だ。当の里見は「金四郎役は、北町奉行と遊び人の金さんの硬軟を1人で演じ分ける、俳優にとっては面白い役です」としたうえで、「前作を拝見して、男の色気を感じられる松岡君の粋な金さんに感心しました。松岡君が演じることで、広い世代に愛さ...more
カテゴリー:

TOKIO松岡昌宏、里見浩太朗と遠山金四郎共演「お手本のような存在」 - 07月17日(火)12:00 

 TOKIOの松岡昌宏が主演する8月13日放送のTBS系ドラマ特別企画『名奉行!遠山の金四郎』(後8:00)に、俳優・里見浩太朗がゲスト出演することが17日、わかった。かつて里見は『江戸を斬る』シリーズの 第7部(1987年・全30話)、第8部(1994年・全26話)で遠山金四郎を演じた里見が23年の時を経て、松岡に“金四郎”にバトンをつなぐ。 【写真】着物姿が似合うTOKIO・松岡昌宏  昨年9月に放送し好評を博した『名奉行!遠山の金四郎』が復活。松岡演じる遠山金四郎の人情あふれるお裁きと鮮やかな桜吹雪の彫り物で魅了する人気時代劇が再登場する。物語の舞台は幕府の厳しい倹約令に庶民の不満が募っていた時代。川開きの花火まで禁止される始末。その頃、江戸では大きな商家で不審火が相次いでいた。不穏な空気が漂う中、幕府の存続を揺るがすような悪事が企てられていた…。  今回、里見が演じるのは花火師の棟梁役。金四郎が行きつけの居酒屋の表で出会い、花火打ち上げ前の 景気付けにと金四郎に酒を勧める。短い出演時間ながら印象深いシーンであり、里見の貫禄ある演技がドラマを引き締める。  里見がスタジオのセットに現れると共演者とスタッフが拍手で迎え、和やかな雰囲気に。本番ではNGなしの一発OK。里見との撮影を終えた松岡は「子どもの頃から時代劇が大好きだった自分にとって『水戸黄門』の助さん役や『江戸を...more
カテゴリー:

Eテレアニメも好調『おしりたんてい』実は王道、子供の心を掴むヒットの法則 - 07月14日(土)08:40 

 2012年の発刊以来、人気を博している児童書『おしりたんてい』。今年5月にはNHK Eテレでアニメ化され、7月14日より7週連続で新作が放送される。主人公である“おしり型の顔を持つ紳士的な探偵”は、ビジュアルから絶大なインパクト。必殺技が“おなら”だったり、ライバルの頭が“うんこ”の形をしていたりと、子どもが喜ぶ鉄板ネタと王道ストーリー隠されたヒットの法則とは? 原作もアニメも好調な同作、アニメ版を手がけた東映アニメーションの鷲尾 天氏、浅間陽介氏に人気の秘密を聞いた。 【写真】「フーム、においますね」が口グセ、“おしり型”の顔を持つジェントルマンな探偵 ■おしりたんていの“ほっぺ”を揺らしたい! 制作&声優も実績誇る豪華な布陣  今回、アニメ制作に携わった東映アニメーションの鷲尾天氏は、初代『プリキュア』シリーズをはじめ、『キン肉マンII世』や『金田一少年の事件簿』といった数々の人気作を手掛けてきた。そんな鷲尾氏が『おしりたんてい』に出会ったのは2015年の秋頃。「初めて書店で絵本を見かけたとき、まずビジュアルのインパクトの大きさに目をひかれました。読んでみると、クイズ形式で進みながら謎解きをする推理物で、きちんとストーリーがある。これをアニメにできたらと思ったのが最初でした。『アニメの世界でおしりたんていの“ほっぺ”を揺らしてみたい!』と」。  その後、2016年の秋...more
カテゴリー:

松本人志、吉川ひなのの“耳の匂い占い”に撃沈「一番傷ついたわ」 - 07月12日(木)15:11 

吉川ひなの、坂井真紀が、7月13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)にゲスト出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)&坂上忍、飲み仲間の小島瑠璃子と酒を飲みながら本音を語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に登場する。22歳で女優デビューした坂井は、90年代前半にはほぼ毎クールのドラマに出演して一世を風靡。プライベートでは39歳の時に10歳年下のカメラマンと結婚。現在は6歳の娘のママでもあり、幸せな生活を送っていると語る。そんな坂井だが26年の芸能生活で忘れたい過去があるそう。実は歌手として活動していたことがあり、5枚もCDを出していたと告白すると、一同は驚きを隠せない。ダウンタウンがMCを務めていた音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にも出演したことがあり、当時のVTRを皆で鑑賞することに。その歌声を聞いたダウンタウンと坂上のリアクションに注目が集まる。さらに『ココリコミラクルタイプ』で共演していた遠藤章造(ココリコ)から、坂井に「相当警戒されていた」というエピソードが寄せられ、坂井のガードの硬い一面が明らかに。「バラエティでのトークが苦手」と語る坂井に、容赦なくダメ出ししていく松本との新鮮なやりとりも必見だ。なお、現在ハワイ在住のひなのは、波乱万丈の芸能生活を初激白する。13歳でモデルデビューし、その後は抜群のプロポーションとは裏...more
カテゴリー:

「LINEコミックス」の看板マンガ『文学処女』がドラマ化!出演者オーディションも開催 - 07月12日(木)13:00 

中野まや花によるマンガ『文学処女』のドラマ化が決定。この秋にMBS/TBSドラマイズム枠で放送されることが明らかになった。本作は恋を知らない女と恋ができない男の歪な関係から生まれるラブストーリー。原作マンガは「LINEコミックス」に無料連載中で、オリジナル作品における1話あたりの閲覧数と、「いいね」数で1位を獲得。累計読者数が50万人を突破した大人気作品だ。物語は、本当の恋も男も知らない文芸編集部の月白鹿子が、人気小説家・加賀屋朔の担当編集になることで、初めて自分の“欲”を自覚するところからスタート。原作の世界観に合わせて、本作の監督には、今もっとも旬でエッジの効いたクリエイターのスミスを起用する。スミスは、『ぼくは麻里のなか』(フジテレビ系)などのドラマ作品のほか、でんぱ組.incやAKB48などのアイドルグループ、フジファブリックや氣志團などのロックバンド、斉藤和義、サザンオールスターズなど幅広いアーティストのミュージックビデオを手がけた映像作家。今回の監督起用に関しては、「大人の女性が仕事にも恋愛にも積極的になっていける時代のドラマとして、思いっきり、気持ちよく描いていきます。鹿子の妄想がどこまでいくのか、ご期待ください」とコメントを寄せた。ドラマの放送開始日やキャスト、主題歌などについては、12日から開設されたドラマ『文学処女』公式Twitter(@bungakushojo...more
カテゴリー:

松岡昌宏演じる遠山金四郎が帰ってくる!里見浩太朗が激励 - 07月17日(火)12:15 

松岡昌宏演じる人情あふれる裁きと、鮮やかな花吹雪の彫り物が印象的な遠山金四郎は、2017年9月に放送した人気作。そんな同シリーズが8月13日(月)に「名奉行!遠山の金四郎」(夜8:00-11:07、TBS系)放送されることが分かった。 【写真を見る】松岡昌宏が“遠山の金さん”を演じた際、「うれしくて久しぶりに写メを撮った」と明かす 今作では、里見浩太朗のゲスト出演が決定。里見はTBSで放送した「江戸を斬る」シリーズの第7部(1987年)、第8部(1994年)で遠山金四郎を演じている。松岡は、23年ぶりに里見から金四郎役のバトンを受け取ったこととなる。 里見が演じるのは花火師の棟梁役で、金四郎が行きつけの居酒屋の表で出会うシーンに出演。短い時間ながら、里見の貫禄ある演技がドラマを引き締め、本番ではNGなしの一発で撮り終えたという。 里見との撮影を終え、松岡は「子供の頃から時代劇が大好きだった自分にとって『水戸黄門』の助さん役や『江戸を斬る』で金四郎役を演じてこられた里見浩太朗さんは、まさに憧れの大先輩。時代劇のお手本のような存在です。里見さんとはこれまで数回共演させていただいたことはあるのですが、せりふを交わすお芝居は初めてです。金四郎役で実現できて光栄です」と喜びを語った。 一方、里見は「金四郎役は、北町奉行と遊び人の金さんの硬軟を一人で演じ分ける、俳優にとっては面白い役です。前作...more
カテゴリー:

サザンオールスターズ『音楽の日』で10年ぶりTBS出演 夏の名曲を披露 - 07月14日(土)12:00 

サザンオールスターズが、7月14日(土)14時から約13時間にわたって生放送される大型プロジェクト番組『音楽の日』(TBS系)に初出演することが決定した。サザンオールスターズとしてのTBS出演は、2008年9月に放送した『CDTVスペシャル!15周年プレミアライブ』以来10年ぶり。今年デビュー40周年を迎えた彼らが、このたびTBSに久々に登場。新曲「壮年JUMP」「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」と、夏ソングとして大ヒットした“あの名曲”の計3曲を披露する。同番組は、震災復興への願いを込めて2011年からスタート。8回目を迎える今年のテーマは「アノ日の歌」。東日本大震災から7年……、決して忘れてはいけないあの日のこと。誰の心の中にもある「あの日、あの時の歌」をコンセプトに、今年も沢山のアーティストの力を借り、各地を中継で結び、音楽で日本中に元気を届ける。総合司会は中居正広と安住紳一郎アナウンサー。 関連リンク 『音楽の日』にキンプリ、AKBグループら豪華アイドル23組集結! マツコ、声を荒げる有吉に興奮「ゾクゾクしちゃった~」 NEWS加藤シゲアキ「ゼロから初心の気持ちで」主演ドラマ撮影現場で誕生日 ...more
カテゴリー:

「探偵が早すぎる」片平なぎさ、桐山漣ら強烈な悪の一族が集結! 片平「非情な女帝を楽しみたい」 - 07月13日(金)21:43 

7月19日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「探偵が早すぎる」(毎週木曜夜11:59‐0:54)。このほど、同ドラマで一華(広瀬アリス)の命を狙う悪党・大陀羅(だいだら)一族を演じる面々が勢ぞろいした。 【写真を見る】女帝・朱鳥(片平なぎさ)の子供たちを演じる桐山漣と結城モエは、“濃厚な悪役”にノリノリ!?/(C)YTV 滝藤賢一と広瀬アリスがW主演を務めることで話題の同ドラマは、井上真偽の同名小説が原作。“事件を未然に解決してしまう”型破りな探偵・千曲川光(滝藤賢一)が、父親の遺産5兆円を相続したことで大陀羅一族に命を狙われる女子大生・十川一華(広瀬アリス)を守るため、奮闘する姿を描く。 先日都内某所にて行われた撮影では、大陀羅家第一子長女・朱鳥(あけどり)役の片平なぎさをはじめ、神保悟志や桐山漣、結城モエら一族が顔を揃えた。 ■ “女帝”片平が広瀬&水野に笑顔で手を振る!? この日撮影されたのは、橋田(水野美紀)に高級服を着せられた一華が、わけも分からず高級ホテルへと連れて行かれるシーン。そこに待ち構えていた朱鳥ら大陀羅一族が、一華ににらみを利かせ出迎えるという緊迫した場面だ。 この日クランクインとなった片平と、亜謄蛇(あとうだ)役の神保悟志が、スタッフや共演者から拍手で出迎えられる中、撮影はスタート。 豪華な衣装を身にまとい、大広間の広いテーブル席に着いた片平は...more
カテゴリー:

松本人志、吉川ひなのの耳の匂い占いに撃沈「一番傷ついたわ」 - 07月12日(木)15:00 

吉川ひなの、坂井真紀が、7月13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)にゲスト出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)&坂上忍、飲み仲間の小島瑠璃子と酒を飲みながら本音を語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に登場する。22歳で女優デビューした坂井は、90年代前半にはほぼ毎クールのドラマに出演して一世を風靡。プライベートでは39歳の時に10歳年下のカメラマンと結婚。現在は6歳の娘のママでもあり、幸せな生活を送っていると語る。そんな坂井だが26年の芸能生活で忘れたい過去があるそう。実は歌手として活動していたことがあり、5枚もCDを出していたと告白すると、一同は驚きを隠せない。ダウンタウンがMCを務めていた音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にも出演したことがあり、当時のVTRを皆で鑑賞することに。その歌声を聞いたダウンタウンと坂上のリアクションに注目が集まる。さらに『ココリコミラクルタイプ』で共演していた遠藤章造(ココリコ)から、坂井に「相当警戒されていた」というエピソードが寄せられ、坂井のガードの硬い一面が明らかに。「バラエティでのトークが苦手」と語る坂井に、容赦なくダメ出ししていく松本との新鮮なやりとりも必見だ。なお、現在ハワイ在住のひなのは、波乱万丈の芸能生活を初激白する。13歳でモデルデビューし、その後は抜群のプロポーションとは裏...more
カテゴリー:

マツコ、声を荒げる有吉に興奮「ゾクゾクしちゃった~」 - 07月12日(木)11:22 

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。7月11日の放送では、23歳の女性会社員からのメールをきっかけにさまざまな“ハラスメント”について語り合った。「『新人だから』と気を使われる」と入社2年目の投稿者。怒られたり飲酒を促されることもなく、残業しようものなら「帰りなさい」と注意されるほど。男性社員が多い中「彼氏いるの?」と聞かれたことすらないという。「社会で揉まれてこそ一人前になれると思っていたのに」と考えていた投稿者にとっては少し物足りないのだそう。この投稿者の状況についてネット上では「ホワイト企業」「ぜいたくな悩み」との意見が飛び交った。有吉は時代的にも「いいじゃん、しょうがないよ」とつぶやき、「揉まれる必要ないよ。みんなが揉まれないんだから大丈夫だよ」と投稿者の背中を押す。マツコも「投稿者みたいな人ならいいけど、それやっちゃうと『パワハラだ』って言われちゃうんだもん」と語った。マツコが別番組に出演した際にも、こうした事情を取り上げたそうで、ある会社では最低限の会話以外がない状況があるのだとか。「上司がハラスメントを気にしすぎているから、逆に新人が気を遣うのもハラスメントだって言う人もいる」と明かし、新入社員の...more
カテゴリー:

もっと見る

「渡辺麻友」の画像

もっと見る

「渡辺麻友」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる