「渋川清彦」とは?

関連ニュース

安達祐実「昔からお金に困る役柄が多い」 映画『ゼニガタ』舞台挨拶 - 05月26日(土)16:30 

 女優の安達祐実が26日、都内にて行われた映画『ゼニガタ』の公開初日舞台挨拶に出席した。本作で演じたのがお金に困る債務者の役柄ということで、自身のイメージについて「幸薄そうに見えるんでしょうね」と語った。【写真】映画『ゼニガタ』舞台挨拶 フォトギャラリー 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で大ブレイクを果たした俳優・大谷亮平の初主演で、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では闇金屋を営む兄弟と、彼らを取り巻く人々の物語。公開初日舞台挨拶に、大谷、安達のほか小林且弥、渋川清彦、綾部真弥監督が登壇した。 脱サラして農業を志すも、資金繰りに窮して債務者に転落してしまう留美を演じた安達は「昔からお金に困っている役柄が…」と発言し、会場は爆笑に。「農業をやっているシーンで手首を捻挫したんですけど、実際にやってみると難しいなと思いますね。留美は脱サラして農業をはじめて、悠々自適に暮らしていけると思ってたと思うんですけど、少しですけど実際やってみるとすごく大変で、留美もそういうことに直面しているんだなと実感できました」と語った。ちなみにそういった役柄が多いことに関しては「よく言われるのが『不幸そうに見える』と。幸せに生きてるんですけどね」とコメントした。 一方、主演の大谷は初主演作の感想について「僕、『初主演』は本当に嬉しいんですけど、実は『初出演』でもあるんです。日本で映画に出たことがなかった...more
カテゴリー:

安達祐実、“お金に困る役”が多いのは薄幸そうな見た目のせい!? - 05月26日(土)14:45 

大谷亮平が映画初主演を飾った「ゼニガタ」が5月26日、全国16館で封切られ、大谷をはじめ、共演の小林且弥、安達祐実、渋川清彦、メガホンをとった綾部真弥監督が、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨...
カテゴリー:

映画『ソレダケ / that’s it』 復活上映@シネマート新宿、石井岳龍監督登壇のアフタートークショーに渋川清彦×村上淳【復活参戦】緊急決定!! - 05月18日(金)17:00 

[ライブ・ビューイング・ジャパン]  石井岳龍監督最新作『パンク侍、斬られて候』の6月30日(土)全国公開に合わせて、同監督の『ソレダケ / that’s it』1夜限りの復活上映が、5月27日(日)にシネマート新宿にて行われる。そのイベントの目玉で...
カテゴリー:

「ワケあり物件」なのは部屋?それとも私?池田エライザがネクラ女子を演じる映画『ルームロンダリング』 - 05月13日(日)10:00 

幽霊が見える八雲御子(みこ)は、わざわざ「ワケあり物件」ばかりに住む不思議な女の子。成仏させるのが目的ではなく「事故物件の告知は次に入居する1人目だけ」という都市伝説を逆手にとった「ルームロンダリング」のバイトをしているのだ。人付き合いが苦手な御子が、元住人の幽霊たちに翻弄されながら成長していく物語は、毎日笑って過ごしたい人におすすめ。「ワケありな自分の心」を浄化してくれるファンタジックコメディ。【大きなアヒルのランプを抱えた女の子。池田エライザ、幽霊からお悩み相談される】御子は いつも、5歳の時に両親から誕生日にもらった大きなアヒルのランプを抱えている。このランプが点滅すると幽霊が近くにいるサイン。幽霊がいても、御子にとってルームロンダリングのバイトは怖くない。やや面倒なのは、浄霊するわけではないので幽霊と「同居」することになること。悩み相談をされたりお風呂をのぞかれたり、自分の世界に閉じこもっていたい御子は振り回されっぱなし。そんな御子の夢は美大に行くこと。そして失踪した母親と再会すること。御子を演じるのはファッション誌「CanCam」の専属モデルで今年は出演映画が目白押しの池田エライザ(22)。普段の明るくて気さくな彼女とは違った一面が見られるはず。【御子とルームシェアする幽霊たち。クスっと笑える演出だけどそれぞれの思いに共感】御子が引っ越す先々でキャラが濃い幽霊たちが登場す...more
カテゴリー:

安達祐実、お金に困る役が多いのは薄幸そうな見た目のせい!? - 05月26日(土)14:45 

 大谷亮平が映画初主演を飾った「ゼニガタ」が5月26日、全国16館で封切られ、大谷をはじめ、共演の小林且弥、安達祐実、渋川清彦、メガホンをとった綾部真弥監督が、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  物語の舞台は、銭形富男(大谷)と弟・静香(小林)が営む路地裏の居酒屋。店は、深夜0時をまわると超暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする。厳しい取り立てで債務者たちを追い込んでいく兄弟と、金の魔力にとりつかれた債務者たちを待ち受ける運命を描く。何があっても動じない“鉄の男”を意識して役に臨んだ大谷が「どうしても感情が出てしまうこともありましたが、監督は現場の“生きた感情”は必ず生かしてくださった」と語ると、綾部監督は「大谷さんとは同い年だったので、話しやすくて仕事がしやすかった。初主演を自分が撮れるというのは嬉しかったですね」と充実の撮影を振り返っていた。  劇中では資金繰りに窮した脱サラ農家・真田留美を演じている安達が、「昔からお金に困っているような役柄は多い」と代表作「家なき子」を想起させるような感想を述べると、「あえて俺らは触れなかった」と大谷らは爆笑。MCから「なぜオファーが多いと思いますか?」と質問が飛ぶと、安達は「よく言われるのは不幸そうに見える」と回答。「幸せに生きているんですけどね(笑)。な...more
カテゴリー:

「おっさんずラブ」牧セレクトの服着た春田のオフショット公開【視聴熱TOP3】 - 05月25日(金)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、5月24日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】1位は「おっさんずラブ」。公式SNSの投稿も大盛り上がり 1位「おっさんずラブ」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)20324pt 5月19日の第5話では、付き合うことになった春田(田中圭)と牧(林遣都)。2人がデートする様子は多くのファンをもん絶させたが、24日の公式SNSには、牧に選んでもらった服を着た春田のオフショットが公開に。次回放送を待ちわびるファンから歓喜の声が上がった。 26日(土)放送の第6話は、春田のカミングアウトを受け、天空不動産第二営業所に激震が走る。だが、先に口説いてきたはずの牧の様子はなんだかおかしい。そして、自分が振られた理由が“男だから”ではなかったと知った黒澤(吉田鋼太郎)は、春田への愛をメラメラと再燃させる。 2位「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)8820pt 5月24日に第6話を放送。香港のタブロイド紙に、十数年前に失踪した有名俳優家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言が掲載される。記事は真海(ディーン・フジオカ)が裏で手を回したものだが、幸男(大倉忠義)の弱点を探る神楽(新井浩文)も食いつく。当時、幸男はその有名俳優の付き人をしていた。 真海が仕掛けている復...more
カテゴリー:

大谷亮平、初主演映画で鉄の男貫く!でも強面に囲まれ「威圧されることも…」 - 05月17日(木)20:00 

 大谷亮平が映画初主演を飾った「ゼニガタ」の完成披露試写会が5月17日、東京・シネマート新宿で行われ、大谷をはじめ共演の小林且弥、升毅、メガホンをとった綾部真弥監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  物語の舞台は、銭形富男(大谷)と弟・静香(小林)が営む路地裏の居酒屋。店は、深夜0時をまわると超暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする。厳しい取り立てで債務者たちを追い込んでいく兄弟と、金の魔力にとりつかれた債務者たちを待ち受ける運命を描く。  「皆様にお見せできること、感無量です」と語る大谷。「この映画を撮る前に何本か撮影していましたが、公開という意味ではこれが最初の映画。初主演であり、スクリーンデビューということにもなります」と前置きし、「俳優にとってスクリーンは特別。興奮して嬉しい気持ちでいっぱいでした」としんみり喜びを噛み締めた。  役作りについては、「監督から言われたテーマは『鉄の男』。何があっても動じず、揺るがず、感情を出さない。最後までその存在感と雰囲気を徹底しました」と明かす。一方で「小林さんや升毅さんと対面すると、背も高いし、威圧されることも結構ありました」と苦笑交じりに告白し、場内を沸かせた。これを受けた升は「(現場では)監督がおっしゃっていたことを守っている感じがしました。鉄の男。私語もあまりかわさない。...more
カテゴリー:

「渋川清彦」の画像

もっと見る

「渋川清彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる