「消費者」とは?

関連ニュース

6月の消費者物価 0.8%上昇、4か月ぶりに - 07月20日(金)10:33 

 6月の全国の消費者物価指数は、去年の同じ月と比べて0.8%上昇し、4か月ぶりに伸び率が前の月を上回りました。
カテゴリー:

消費者物価指数 1年6か月連続のプラス - 07月20日(金)08:52 

家庭で消費するモノやサービスの値動きを見る先月6月の全国の消費者物価指数は、生鮮食品を除いた上昇率が去年の6月と比べ0.8%上昇しました。消費者物価指数がプラスになるのは1年6か月連続です。
カテゴリー:

アマゾンのプライムデーは、こうして「プライム会員」の獲得ツールとして巨大化した - 07月20日(金)08:00 

今年も大盛況に終わったアマゾンの「プライムデー」は、消費者の購買行動を変えるほど巨大なセールへと急成長した。アマゾンはプライムデーを開始からたったの3年で、いかに毎年恒例のお祭り騒ぎへと進化させたのか。見えてきたのは、アマゾンがプライムデーに売っているのは商品というよりも、セールへのチケットでもある有料会員プラン「Amazonプライム」そのものであることだった。
カテゴリー:

今日の注目スケジュール:消費者物価コア指数、欧経常収支、加小売売上高など - 07月20日(金)06:42 

今日の注目スケジュール:消費者物価コア指数、欧経常収支、加小売売上高など
カテゴリー:

<阿武隈川物語>(10)生協と共に食の安全 - 07月20日(金)06:05 

第2部 耕土/(4)産直 「消費者は1回目は頭で買っても、2回目は舌。うまくて安全でないと買わない。阿武隈川東岸の『隈東(わいとう)』は肥沃(ひよく)で、野菜や根のものの質がいいんだ」 阿武隈川東岸の
カテゴリー:

6月消費者物価0・8%上昇 伸び率拡大 - 07月20日(金)09:22 

 総務省が20日発表した6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0・8%上昇の101・0だった。伸び率は5月の0・7%から拡大し、4カ月ぶりに前月を上回った。プラスは18カ月連続。
カテゴリー:

6月全国消費者物価(除く生鮮)は前年比+0.8%=総務省 - 07月20日(金)08:36 

[東京 20日 ロイター] - 総務省によると、6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.0となり、前年同月比0.8%上昇した。
カテゴリー:

【経済】物価上昇が伸びない主な要因は「消費者の根強いデフレ心理、要は気持ちの問題」上場企業365社の過半数が回答★7 - 07月20日(金)06:53  newsplus

鈍い物価、要は気持ちの問題 賃金伸びず遠い好循環 7月のQUICK短観 国内では需給ギャップが改善する一方、物価上昇率が伸びない状況が続いている。QUICKが18日にまとめた7月の短期経済観測調査(QUICK短観)によると、上場企業の半数以上が物価の上がりにくい要因に「消費者の根強いデフレ心理」を挙げた。 7月のQUICK短観は上場企業365社が回答。このうち304社が物価に関する特別質問に回答した。調査期間は7月3日~12日。 物価が上がりにくい最も大きな要因は何なのかーー。「消費者の根強いデフレ心理」...
»続きを読む
カテゴリー:

ホンダ、PHV販売参入 「電動化へ本腰」アピール - 07月20日(金)06:15 

 ホンダは19日、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「クラリティ PHEV」を20日に発売すると発表した。ホンダはこれまでPHVはリースにとどめていたが、充電インフラの整備が進み、電動車に対する消費者の認知も高まってきたとみて、ホンダとして初めて販売に踏み切る。電気自動車(EV)として走れる航続距離が114.6キロと他のPHVに比べて長いのが最大の特徴で、販売動向は電動車の普及に向けた試金石となりそうだ。
カテゴリー:

コンビニ「ちょい生」中止騒動。セブンイレブンは何を誤ったのか - 07月20日(金)05:00 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「ミニストップの液晶ビジョン広告は失敗する」に続いて、今回取り上げるのは、突然の中止発表で話題となった、セブンイレブンの「ちょい生」中止騒動について。すでにビールサーバーを置いて販売しているコンビニ他社がある中、なぜセブンは格安の「ちょい生」を中止したのか。コンビニ業界の裏に詳しい日比谷さんが得た情報もまじえて分析しつつ、今も生ビールを販売中のコンビニも紹介しています。 セブンイレブン「ちょい生」突然の中止発表、その真相は 発売前から、コーヒーを買うがごとく、1杯たった100円(税込、Sサイズ)から生ビールが飲めるようになると話題を呼んでいた、セブンイレブンの「ちょい生」ですが、発売直前に中止を発表したニュースはすでにみなさんご存知だと思います。 ● セブンイレブン「ちょい生」の提供中止。「需要が大きく高まった際の品質保持が難しくなった」と釈明 そもそも、コンビニ業界人(コンビニを中心とした取引先メーカーや広告代理店)にしてみれば、セブンイレブンがこの「ちょい生」を始めるというニュースを聞いた際、大いにうろたえていました。しかも、組む相手がキリンビールです。 「これは、大成功したらビール業界のシェアが動くぞ」「キリンビールが、アサヒを抜いて首位に躍り出るかも」と。 よく考えてみてくだ...more
カテゴリー:

もっと見る

「消費者」の画像

もっと見る

「消費者」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる