「沖縄防衛局」とは?

関連ニュース

「米側に確認し対応」 銃弾らしい物発見で小野寺防衛相 - 06月22日(金)10:00 

 【東京】小野寺五典防衛相は22日、名護市内の農作業小屋で21日に銃弾のようなものが見つかったことについて、過去にも付近で米軍による流弾事案があったことに触れ「米側にしっかり確認した上で適切に対応したい」と述べた。現在、沖縄防衛局が米側のものかどうかを確認している。  米軍は発生場所に近い米軍キャ...
カテゴリー:

8月11日に県民大会 3万人超目標 辺野古土砂投入阻止 - 06月21日(木)09:41 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が8月17日に土砂投入を開始すると沖縄県に通知したことを受け、「辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議」は20日、那覇市内で幹事会を開き、8月11日に土砂投入阻止に向けた県民大会を開くことを決めた。3万人以上の参加を目指す。同...
カテゴリー:

【沖縄】翁長知事、帽子をかぶって県議会に出席…与党県議「回復も順調、県政運営において気力も充実」 - 06月20日(水)07:32  news

知事選対応で論戦 与党エール、野党はけん制 6月県議会 2018年6月20日 06:00  「本会議に出席したからには野党として厳しく対応する」。代表質問の先陣を切った島袋大県議(沖縄・自民)が翁長知事に迫った。 今定例会は翁長知事の3年半の県政運営の総括や知事選出馬をはじめ、最大の公約である辺野古新基地建設阻止を巡って、 沖縄防衛局が8月17日にも海域に土砂を投入すると県に通知したことで埋め立て承認「撤回」の判断が焦点となるなど、1期目の集大成ともいえる論戦に注目が集まっている。  ただ、翁長知事は退...
»続きを読む
カテゴリー:

しける海で進む護岸工事 抗議する市民、飛び込む海上保安官 - 06月19日(火)14:25 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で、沖縄防衛局は19日、大浦湾海上の護岸工事を進めている。  米軍キャンプシュワブと平行する「K4」護岸では、大型クレーン2台が砕石を海中に投下した。海がしける中、市民は抗議船2隻とカヌー6艇で抗議行動し、「基地建設やめ...
カテゴリー:

<社説>承認撤回と県民投票 県民的議論を尽くそう - 06月19日(火)06:01 

 名護市辺野古の新基地建設に向け、沖縄防衛局が土砂投入の開始日を8月17日と通知したことを受け、県は埋め立て承認撤回や県民投票の時期を巡る検討を本格化させている。土砂が投入されると自然環境への影響が大きいだけに、緊迫してきている。秋の県知事選への影響も視野に戦略が練られている。  翁長雄志知事は「環...
カテゴリー:

護岸の造成作業進む 市民らカヌー13艇で抗議 - 06月21日(木)13:06 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は21日午前、米軍キャンプ・シュワブ沖合の「K4護岸」、「N4護岸」の造成作業を進めた。  市民らは抗議船3隻、カヌー13艇で抗議し、フロート内に入るなどしたが海上保安官によってフロート外へと移動させられた。   ...
カテゴリー:

「これ以上沖縄に基地はいらない」 辺野古K4護岸、工事進む - 06月20日(水)11:04 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は20日午前、米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK4護岸建設現場で砕石の投下作業を進めた。  風が強く海が荒れる中、市民らは抗議船1隻に乗って「これ以上、沖縄に基地はいらない」などと声を上げた。 【琉球新報電子版】
カテゴリー:

県漁協が現場周辺海域の調査を要求 F15墜落で沖縄防衛局に - 06月19日(火)19:50 

 【嘉手納】F15戦闘機が墜落した問題で、県漁業協同組合連合会(上原亀一会長)と県漁業協同組合長会(池田博会長)は19日午後、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長を訪ね、事故現場周辺海域への影響調査などを求めた抗議文書を手交した。  事故現場は好漁場となっており、漁船がひしめく水域だ。上原会長は「再三抗議要...
カテゴリー:

米面会拒否に抗議 嘉手納議会、異例の全員参加  - 06月19日(火)06:30 

 【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は18日、米軍嘉手納基地第18航空団司令官の面会拒否への対応を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。可決後、全16議員が沖縄防衛局に高木健司次長を訪ね、米軍に対応させるよう強く求める異例の事態となった。當山宏町長も同席し、意見書を手渡した。  町議会は6月定...
カテゴリー:

「数万人規模の県民大会に」 オール沖縄、8月に国内外から活動家を大量動員 辺野古土砂投入で - 06月17日(日)12:26  news

名護市辺野古の新基地建設で、8月にも土砂投入が想定される中、建設に反対するオール沖縄会議が、土砂投入阻止に向けた県民大会の開催を検討している。 8月5日を軸に那覇市内での開催で調整しており、政党や市民団体、労働組合など各種団体に呼び掛け、数万人規模の大会を目指す。 20日に臨時の幹事会を開き、正式決定する。 辺野古の土砂投入を巡っては、沖縄防衛局が今月12日、県に対して県赤土等流出防止条例に基づき、8月17日から土砂を投入すると通知した。 土砂投入の前に数万人規模の県民大会を開催することで、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「沖縄防衛局」の画像

もっと見る

「沖縄防衛局」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる