「沖縄戦」とは?

関連ニュース

対馬丸 忘れない 県内小学生が宇検訪問 - 08月19日(日)10:00 

 「対馬丸」事件を通して、悲惨な沖縄戦の歴史を継承しようと「対馬丸平和学習交流事業」で鹿児島県大島郡宇検村を訪れている県内の小中学生ら30人は18日、同村の小中学生との交流したほか、慰霊碑が建立されている船越(ふのし)海岸を訪れ、事件について理解を深めた。  参加者は午前中、宇検村の小中学生32人...
カテゴリー:

(朝日新聞) 戦争報道、マンネリ化していないか 琉球新報、西日本新聞、東京新聞などトークイベント - 08月17日(金)21:41  news

戦争報道、マンネリ化していないか 記憶継承へ各社模索 終戦から73年。太平洋戦争を直接知る世代が減る中、メディアはどのように当時を検証し、記憶を継承する 報道をしていったらいいのか。そんな課題に向き合う、様々な取り組みが行われている。 今月2日、東京都千代田区のヤフー本社。地方紙の記者が戦争を伝える報道を議論するトークイベントがあり、 琉球新報の玉城江梨子記者(39)、西日本新聞の福間慎一記者(41)、東京新聞の早川由紀美論説委員(51)が登壇した。 玉城記者は「沖縄戦について自分たちは伝...
»続きを読む
カテゴリー:

【桂春蝶の蝶々発止。】沖縄戦と特攻隊「命の意義」を問う創作落語 - 08月17日(金)07:30 

 私のライフワークである「落語で伝えたい想い」シリーズ。これは戦争や自然災害、事故、病などを通じて、「命の意義」を問う創作落語集です。これをつくろうとしたきっかけは、鹿児島県南九州市にある「知覧特攻平和会館」を訪ねたことでした。
カテゴリー:

陛下最後の終戦記念日に人々は 「深いお心、次世代も」 - 08月15日(水)21:35 

 昭和天皇が肉声の「玉音放送」で終戦を告げてから73年。15日は天皇陛下にとって、在位中最後の終戦記念日となった。全国戦没者追悼式があった東京の日本武道館などで、人々の思いを聞いた。 沖縄戦で父や姉、…
カテゴリー:

<社説>「終戦」73年 沖縄の8・15を見つめる - 08月15日(水)06:01 

 73回目の終戦記念日を迎えた。今年も6月23日の慰霊の日、8月6、9日の広島・長崎の原爆の日に、不戦平和の誓いを新たにしてきた。きょう8月15日は沖縄にとってどのような意味があるのか、改めて考える。  本紙が2005年8月15日に発行した「沖縄戦新聞」第13号は73年前のきょう、1945年8月15日前後の人...
カテゴリー:

対馬丸が結ぶ平和の絆 県内小中学生、奄美へ - 08月18日(土)11:58 

 疎開する学童らを乗せ、1944年8月22日、米潜水艦の魚雷攻撃で撃沈された「対馬丸」事件を通して、悲惨な沖縄戦の歴史を継承しようと、沖縄県内の小中学生と保護者らが17日、犠牲者の多くが流れ着いた鹿児島県大島郡宇検村に向け出発した。参加者は、慰霊碑や流れ着いた船越(ふのし)海岸などを訪れ、平和の...
カテゴリー:

沖縄戦 日本軍の闇 ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」九州公開 - 08月17日(金)17:00 

第2次大戦末期、国内で唯一、地上戦が行われた沖縄で、日本軍が10代半ばの少年たちをゲリラ部隊として組織し、多くの犠...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【終戦の日】陛下最後の終戦記念日に人々は 「深いお心、次世代も」 - 08月15日(水)21:48  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8H2HCHL8HUTIL004.html?ref=tw_asahi 陛下最後の終戦記念日に人々は 「深いお心、次世代も」 中田絢子、大部俊哉、緒方雄大、国吉美香、山本知佳2018年8月15日21時35分  昭和天皇が肉声の「玉音放送」で終戦を告げてから73年。15日は天皇陛下にとって、在位中最後の終戦記念日となった。全国戦没者追悼式があった東京の日本武道館などで、人々の思いを聞いた。  沖縄戦で父や姉、弟ら家族5人を亡くした照屋苗子さん(82)は「最後のご出席。追悼の姿を心にとどめたかった」と式に...
»続きを読む
カテゴリー:

終戦の日:父戦死の沖縄に訪問重ね 万感、最後の臨席 - 08月15日(水)13:18 

 沖縄戦で父親を亡くした滋賀県草津市の重田美津子さん(76)は、平成最後となる全国戦没者追悼式に特別な思いで臨んだ。半世紀以上、沖縄に幾度も足を運び、慰霊や遺骨収集を続けてきた。沖縄への慰霊訪問を重ねる天皇陛下の姿に共感し、「最後の機会となる今回、同じ場に臨席して慰霊をしたい」と初めての参列を決めた
カテゴリー:

【大袈裟太郎レポート】<翁長知事死去> 今だからこそ知っておくべき「本土に届かない辺野古問題の誤解」 - 08月14日(火)22:18  seijinewsplus

◆翁長雄志知事死去。今だからこそ知っておくべき「本土に届かない辺野古問題の誤解」 翁長知事がいよいよ公約を果たし、辺野古埋め立ての承認撤回を表明しました。 しかし8日の午後、膵臓癌による辞職の可能性が発表された後、沖縄県浦添市内の病院で死去されました。 任期満了に伴う知事選が11月18日に予定されていたが、今後前倒しされる見通しとなり、沖縄はますます混沌を極めるであろうことが予想されます。 沖縄に住んで2年間取材してわかったことは、どうやら情報が沖縄から日本本土(内地)に届く時に、ねじれや誤解が生じ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「沖縄戦」の画像

もっと見る

「沖縄戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる