「池脇千鶴」とは?

関連ニュース

是枝裕和監督が見出した6歳のシンデレラガール、佐々木みゆとは? - 05月24日(木)18:00 

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりとなる最高賞<パルムドール>に輝いた是枝裕和監督の『万引き家族』(6月8日公開)。いま世界中が最も注目している本作から、物語のキーパーソンである少女・ゆりを演じた佐々木みゆにフィーチャーした5枚の写真を独占入手した。 【写真を見る】はやくも国際派女優に!?カンヌ国際映画祭では丁寧にサインに応じる神対応を披露/[c]2018「万引き家族」製作委員会 東京の片隅で軽犯罪を重ねながら生計を立てる家族の生活を通し、格差が広がる日本社会への強いメッセージを込めた本作は、近隣の団地の廊下で震えていた幼い少女ゆりを見かねた治が、彼女を家に連れて帰ることから幕を開ける。体じゅうに傷を持った彼女の境遇を思いやり、家族の娘として育てられることになったゆり。しかしある事件をきっかけに、家族はバラバラに引き裂かれてしまうことになる。 一家の父・治役をリリー・フランキーが、そしてその妻・信代役を安藤サクラが演じるほか、松岡茉優と樹木希林、池松壮亮や高良健吾、池脇千鶴ら幅広い世代の実力派キャストが集結。彼らのアンサンブルの中でも最も注目を集めているのは祥太役を演じる城桧吏と、ゆり役を演じた佐々木。オーディションで大抜擢された2人の子役の好演に、カンヌの目の肥えた映画関係者や映画ファンは驚嘆せずにいられなかったとか。 今回到着した画像では、“家族”の一員とな...more
カテゴリー:

新人・金井浩人×池脇千鶴「きらきら眼鏡」青空映える本ポスター&場面写真披露 - 05月24日(木)17:00 

新人・金井浩人と池脇千鶴の主演で、森沢明夫氏の小説を映画化する「きらきら眼鏡」の本ポスタービジュアルと場面写真が、このほど一挙にお披露目された。「夏美のホタル」「ふしぎな岬の物語」など著作の映画...
カテゴリー:

是枝裕和監督、リリー・フランキー、樹木希林ら『万引き家族』チームにカンヌの地で直撃! - 05月18日(金)17:45 

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、是枝裕和監督の最新作『万引き家族』(6月8日公開)。上映時には約9分間にわたるスタンディングオベーションで現地の観客に絶賛されたほか「家族と親子についての素晴らしいポートレイト。パルムドール候補だ」などと海外メディアも報じている。上映翌日の「デイリー・マガジン」の星取りでは、最高得点が付いた。公式上映から一夜明け、幾分落ち着いた感じの『万引き家族』チームに話を聞いた。 【写真を見る】超然と会見に臨んだ樹木希林。劇中では歯も外して髪を伸ばし、おばあちゃん役を怪演 本作は、年金暮らしの祖母・初枝(樹木希林)の家で、母の信代(安藤サクラ)、父の治(リリー・フランキー)、息子の祥太(城桧吏)、信代の妹・亜紀(松岡茉優)が暮らしており、父子が万引きをして家計を支えている、というストーリー。ある晩、治がアパートの部屋から締め出されている幼女を連れ帰ってきたことから、物語が動き始める。 是枝監督の演出にはサプライズが多いようだ。子どもたちにおおよその筋立てだけを作り、口頭で台詞を教えていくことは有名だが、大人のキャストにも突然やりとりをしなくてはいけないシーンを作る。今回は警察役の池脇千鶴と高良健吾に指示して、取り調べを受ける母・信代役の安藤サクラと信代の妹・亜紀役の松岡茉優に対して、台本にはない質問をしたそう。予期せぬ質問に戸惑い悩...more
カテゴリー:

新人・金井浩人×池脇千鶴「きらきら眼鏡」青空映える本ポスター&場面写真披露 - 05月24日(木)17:00 

 新人・金井浩人と池脇千鶴の主演で、森沢明夫氏の小説を映画化する「きらきら眼鏡」の本ポスタービジュアルと場面写真が、このほど一挙にお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「きらきら眼鏡」場面写真  「夏美のホタル」「ふしぎな岬の物語」など著作の映画化が続く森沢氏の同名小説を原作に、恋人の死を乗り越えられず苦しむ青年・立花明海の成長を描く人間ドラマ。高い演技力を評価されて明海役に抜てきされた金井と、余命宣告された恋人を抱えるヒロインのあかねを演じた実力派女優の池脇が主演を務め、あかねの恋人・裕二役で安藤政信が共演。「つむぐもの」の犬童一利監督がメガホンをとった。  青空が映える本ポスターでは、恋人の死を乗り越えられずにいた明海と、いつもニコニコと笑顔を絶やさないあかねの姿を活写。何気ない風景に感謝し、見るもの全てを輝かさせてしまうあかねの世界観に、明海が触れるシーンを切りとっている。また、原作、映画ともにキーとなるセリフ「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。」がコピーとして添えられている。  場面写真は、産業廃棄物の処理場で事務員として働いているあかね、勤務中の駅係員・明海、余命宣告を受けた裕二に加え、彼らを取り巻くキャラクターたちを映し出している。明海の同僚として登場する弥生(古畑星夏)、明海の旧友・孝之(杉野遥亮)、あかねと同じ職場で働く正枝...more
カテゴリー:

池脇千鶴の笑顔がまぶしい『きらきら眼鏡』ポスター&場面写真解禁 - 05月24日(木)17:00 

 作家・森沢明夫の恋愛小説『きらきら眼鏡』が、金井浩人と池脇千鶴のダブル主演で実写映画化されることが決定。鮮やかな青空を大きく用い、見る人に前向きな思いを抱かせるポスタービジュアルと場面写真も併せて解禁となった。【写真】『きらきら眼鏡』ポスタービジュアル&キャスト・場面写真 本作は、「最後の1ページまで切ない」と絶賛を浴びた原作を基に、恋人の死を乗り越えられない主人公と、余命宣告を受けた恋人を持つヒロインの触れ合いや心情を中心に、死生観や恋愛観を織り込んで描く人間ドラマ。  恋人の死を乗り越えられない駅係員・明海(金井)は、産業廃棄物処理場の事務員・あかね(池脇)と1冊の古本をきっかけに知り合う。常に前向きで笑顔のあかねは見たもの全部を輝かせる“きらきら眼鏡”をかけていると語り、明海に「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」と指摘。余命宣告を受けた恋人・裕二(安藤政信)と向き合うも、毎日を輝かそうとするあかねに、明海は次第に心惹かれるようになる。 メガホンを取るのは、『つむぐもの』が高評価を受けた犬童一利。古畑星夏が明海の同僚・弥生に、杉野遥亮が明海の旧友・孝之に扮するほか、片山萌美があかねの同僚・正枝役を演じるなど、多数の旬な共演者が脇を固めた。また、チェリストの柏木広樹が葉加瀬太郎と西村由紀江をフィーチャリングした楽曲『Reminiscence~回想~...more
カテゴリー:

太賀と吉田羊が断絶した母子を演じる共演作、主題歌はゴスペラーズに ティザービジュアルも完成 - 05月18日(金)10:00 

 太賀と吉田羊が親子役で共演する映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の主題歌を、ボーカルグループ「ゴスペラーズ」が担当することがわかった。映画のために書き下ろした新曲「Seven Seas Journey」が主題歌となる。  小説家・漫画家の歌川たいじ氏が自身の経験をもとに、親からも友人からも愛されたことのない青年が、過去を乗り越えて母親の愛を獲得するまでの実話を描いた同名コミックエッセイの映画化。「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」「泣き虫ピエロの結婚式」の御法川修監督がメガホンをとり、太賀が主人公タイジに扮して主演を務め、息子であるタイジと断絶状態にある母の光子を吉田が演じる。  主題歌「Seven Seas Journey」の作詞・作曲を担当した「ゴスペラーズ」メンバーの安岡優は、「この映画には『愛されること』と『愛すること』、その両方が描かれています。主題歌には『ララバイ』であり『セレナーデ』である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたらうれしいです」と楽曲に込めた思いをコメントしている。  あわせて、ティザービジュアルも完成。太賀と吉田が別々のフレームに収められているが、「“大好き”をあきらめない。」というコピーが添えられ、それを体現したようなふたりの表情から、離れていても断ち切ることの出来ない親子の絆を感じさせる。11月...more
カテゴリー:

「池脇千鶴」の画像

もっと見る

「池脇千鶴」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる