「池田鉄洋」とは?

関連ニュース

伊武雅刀、末期がんの患者役で石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』出演「今だからこそ見ていただきたい物語」 - 08月04日(火)12:42 

伊武雅刀、久保田紗友、菅原大吉、宮田早苗が、8月6日に放送される石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第4話にゲスト出演する。本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭らが出演する。第4話は、みどりと近しい人物たちの知られざる素顔が明らかとなる。みどりやナカノドラッグに勤務する薬剤師・小野塚綾(成田)が通う中華料理屋「娘娘亭(にゃんにゃんてい)」の店主・辰川秀三(迫田)の父であり、末期の胃がんで萬津総合病院に入院している辰川太一を伊武が演じ、秀三の娘であり、摂食障害で苦しむ高校生・辰川樹里を久保田が演じる。また、菅原は、車の事故による外傷性頸部(けいぶ)症候群、いわゆるむち打ちで萬津総合病院に入院している患者であり、薬剤部の羽倉龍之介(井之脇)の父・羽倉龍一を、宮田は龍之介の母・羽倉志帆を演じる。<伊武雅刀 コメント>ほぼ3か月間の“無撮影”で、自粛生活明けの仕事が、“死が目前に迫った老人がん患者”の役でした。世界...more
カテゴリー:

成田凌演じる小野塚の正体が明らかに!病院薬剤師を嫌う理由とは?『アンサング・シンデレラ』第3話 - 07月29日(水)16:37 

石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第3話が、7月30日に放送される。浅利陽介が小学校教師役でゲスト出演する。本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。石原のほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭らが出演する。<第3話あらすじ>葵みどり(石原)は相原くるみ(西野)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさにへきえきするくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井)を販田聡子(真矢)がいさめる。みどりはくるみと新田に服用薬を教えてもらうと、大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、く...more
カテゴリー:

「池田鉄洋」の画像

もっと見る

「池田鉄洋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる