「江口のりこ」とは?

関連ニュース

長瀬智也、西田敏行と10年ぶり親子役 『俺の家の.. - 11月27日(金)06:01 

長瀬智也、西田敏行と10年ぶり親子役 『俺の家の話』追加キャスト発表 #長瀬智也 #桐谷健太 #永山絢斗 #江口のりこ #井之脇海 #平岩紙 #西田敏行 #TOKIO #ジャニーズ #TBS #ドラマ #俺の家の話 #俺家 @oreie2021
カテゴリー:

児嶋一哉、『半沢直樹』江口のりこ共演秘話「一言がすごい笑える」 - 11月18日(水)17:30 

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が12日、YouTube公式チャンネル「児嶋だよ!」で、動画「日本一優しい児嶋だよのコメント欄に返事する児嶋さん。」を公開。日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)で共演した女優・江口のりことの裏話を披露した。
カテゴリー:

すゑひろがりず・三島、壁イジリに耐えられず卒業宣言するもすぐに撤回「僕は舐めるんですけど…」 - 11月18日(水)11:14 

11月17日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)は、「アイツ、語ってたよGP第2弾」と題し、「10代のリアルな相談に芸能人が真剣に答える」というニセの青春番組にオファーされた太田博久(ジャングルポケット)、品川祐(品川庄司)、三島達矢(すゑひろがりず)、宮下兼史鷹(宮下草薙)、山内健司(かまいたち)の回答を発表。三島の回答に「壁」というワードが多く見受けられたことから、出演者たちがイジり倒す展開に。インターネット上でも、「壁におかされてる」といった反響が寄せられた。最初の質問は、「勉強も部活もスランプ気味。壁にぶつかった時、どう乗り越えましたか?」で、品川は「山は高いから登山は楽しい。ゲームは敵が強いから倒すと気持ちいい。倒せない敵が現れて初めてゲームは面白くなる。つまり壁にぶつかっている時が一番楽しい。面白い事はストレスの隣にある」と回答。藤田ニコルは最後の一文に食いつき、スタジオでは“パンチライン”の重要性が説かれ笑いが起こる。また、過去に彼女をジラそうとして壁からナメたという逸話を持つ三島の回答は、「壁をよく見極めてあらゆる手段で何とか攻略しようと考えます。壁の前でどうもがき立ち振る舞えるかそれが後に必ず生きてきます。時には壁から逃げてもかまいません。壁の前で何をするかが重要」と発言。田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が、「壁の前に全部『僕は舐めるんで...more
カテゴリー:

“元ボンビーボーイ”のジェジュン、下積み時代のエピソード明かす「アルバイトをかけもちしながら…」 - 11月18日(水)09:43 

ジェジュンが、11月17日の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系、毎週火曜22:00~ ※この日は21:00~)の2時間スペシャルに出演。“元ボンビーボーイ”のジェジュンが、下積み時代の実体験をまじえたレポートで韓国のオススメ物件を紹介した。最初にジェジュンが向かった物件は、望遠市場から徒歩7分の半地下物件。重厚そうなドアには鍵が2つ、電子キー付きでセキュリティ面でも安心とコメント。間取りは4帖と7帖の2DKで、キッチンもある点に目を付けたジェジュンは、「キッチンなかったんだよ~、俺が住んでいたところは」と語りだす。15歳で上京したジェジュンは、コンビニや工事現場のアルバイトを掛け持ちしながら、学生の下宿所のような格安物件の“コシウォン”に家賃1万円で住んでいた。コシウォンではキッチンも共同だったそうで、料理好きなジェジュンにとって「1人のためのキッチンがあるというのはすごくイイですよね、嬉しいですね」と話す。また、当時は3階だったのに窓がなく「光がまったくなかった」と言い、半地下でも窓があるから意外と光が入るとレポートした。続いて訪れた物件は、ソウル駅のすぐそば、フアムドンの屋上部屋“オッタッパン”。「人生で1回くらいは住みたかったんですよ。なかなかオッタッパンないのよ~。探しても探しても」とオッタッパンには憧れがあったと明かす。ワンルーム23帖で、38万円相当の家具家電付きの...more
カテゴリー:

及川光博&江口のりこの恋模様に注目!?美々は青林に正体を明かし…『#リモラブ』第6話 - 11月17日(火)18:39 

波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、11月18日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。脚本を務めるのは、『ホタルノヒカリ』『連続テレビ小説 スカーレット』などを手掛けた水橋文美江。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。第5話では、美々(波瑠)と青林(松下洸平)がクローゼットの中で“密”になる一幕があり話題に。また美々に思いを寄せる五文字(間宮祥太朗)が、草モチと檸檬の正体を知り、身を引く姿には「檸檬と草モチが青林と美々先生だとわかった時の五文字に全私が泣いた。私が責任持って五文字のこと幸せにすっから!!」といった声も寄せられた。<第6話あらすじ>ついに美々(波瑠)は、「檸檬」青林(松下洸平)に自分の正体を明かすメッセージを送る。「やればできるじゃないですか」と八木原(HiHi Jets・高橋優斗)は喜ぶが、「檸檬」青林からの返信がない。焦る美々は「私が草モチです」と面と向かい改めて告白。しかし青林はその事実を受け入...more
カテゴリー:

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』に桐谷健太、永山絢斗、西田敏行ら出演 - 11月27日(金)06:00 

来年3月末でジャニーズ事務所を退所することを発表しているTOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるTBS系金曜ドラマ『俺の家の話』(2021年1月スタート、毎週金曜22:00~)の主要キャストが27日、発表され、桐谷健太、永山絢斗、江口のりこ、井之脇海、平岩紙、西田敏行の出演が明らかになった。
カテゴリー:

林遣都演じる真人の過去に視聴者衝撃「ヘトヘトになるほど気持ちを揺さぶられる」の声『姉ちゃんの恋人』第4話 - 11月18日(水)11:15 

有村架純が主演を務める連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第4話が、11月17日に放送。インターネット上では、林遣都演じる吉岡真人の衝撃の過去が明らかになり、インターネット上では「ヘトヘトになるほど気持ちを揺さぶられるドラマ」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。同作は、有村が主演を務めた『連続テレビ小説 ひよっこ』の脚本を担当した岡田惠和が手掛けるオリジナルドラマ。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディ。有村が主人公の“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子を演じ、桃子の恋の相手・真人を林が演じる。桃子が家計簿をつける中、今月は和輝(高橋海人・King & Prince)がアルバイトをしてくれていることもあって多くの積み立てができた。優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)も全員で大喜び。そんな中、3人に「好きな人がいます」と真人のことを明かした桃子。「職場恋愛しないって言っていたじゃん」という彼らだが「確かにそう言っていたけど、好きになってしまいました」と告白。本当に大丈夫なのか心配する面々。特に朝輝が「大丈夫なの? 姉ちゃん泣かせたりしない?」と涙を流し、家族全員がもらい泣きした。先日に引き続き、またも和輝は駅前で落ち込んでいるみゆき...more
カテゴリー:

中村倫也、スーツ男子からの休日デートコーデが“爆イケ”と話題「これで今週毎食ごはん3杯いけます」『恋あた』第5話 - 11月18日(水)11:07 

森七菜が主演を務め、中村倫也、仲野太賀、石橋静河らが出演するドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第5話が、11月17日に放送。インターネット上では、本作ではあまり見かけなかったメガネやタートルネックといった中村演じる浅羽拓実の“休日スタイル”に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。ひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるコンビニ店員・井上樹木(森)と、自らの成功をたくらむコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽が、「一番売れる」スイーツ開発を通じて、甘い恋に落ちていくオリジナル脚本のラブストーリー。同僚の北川里保(石橋)が浅羽とやり直したいと思っていることを知った樹木。同じく同僚の新谷誠(仲野)のキスの件もあって胸中は複雑。そんな中、経済誌やテレビから浅羽との取材依頼が舞い込む。ツーショットで写真を撮るも近づけない。浅羽への思いを吹っ切った直後のため、戸惑っているのだ。そんな彼女を浅羽はグイッと引き寄せて隣へ。ボソッと「表情が硬い。笑って」とアドバイスを送る。樹木は「無理だよ」と言いつつも、満面の作り笑顔で写真撮影を終えた。午後はテレビ取材。浅羽はまっすぐで熱のある樹木について熱弁。「『ココエブリィ』には彼女のような人が必要です」と語ってくれた。人気の移動販売スイーツをリサーチするべく、誠と樹木は遊園地へ。誠の提案で「せっかく来...more
カテゴリー:

及川光博&江口のりこの恋模様に注目!?美々は青林に正体を明かし…『#リモラブ』第6話 - 11月18日(水)08:00 

波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、11月18日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信され…
カテゴリー:

松下洸平演じる青林が美々にキス!?ネットは「色気爆発するのは困ったもんです」『#リモラブ』第5話 - 11月12日(木)10:44 

波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話が11月11日に放送。インターネット上では、切なくなる展開に心打たれる視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”の産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。会食での参加人数を4名だと決める美々。しかし、営業部は15名の大所帯で新入社員の懇親会を計画していた。五文字順太郎(間宮祥太朗)のタレコミにより、美々が食い止める。青林風一(松下洸平)がクリニックに。父親の菊太郎(山崎一)に美々が施した腰のさすり方を動画にして、父へ送りたいという。美々はそれだけでドキドキ。“青林だけはイヤだったはずなのに……”と動揺してしまう。その夜、美々は檸檬(青林)からの質問に答えるように「私の心の中には檸檬さん、あなたがいます」と送ってしまった。その頃、草モチの正体を知らない青林は、五文字に草モチとのことを相談。2人の意中の女性が同一人物だとは知らず「友よ、仲良しこよし」との掛け声と共に結託した。その後...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「江口のりこ」の画像

もっと見る

「江口のりこ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる