「永田町」とは?

関連ニュース

統合イノベーション戦略 - 科学技術政策 - 内閣府 - 06月25日(月)09:59 

統合イノベーション戦略 - 科学技術政策 - 内閣府〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表) Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.
カテゴリー:

大麻草4本、参議院議員会館の敷地内に 6/22 20:08更新 - 06月22日(金)20:08 

東京都によると、21日午後3時頃、千代田区永田町の参議院議員会館の敷地内で、大麻草が4本生えているのが見つかったという。見つかった大麻草は発芽から1か月〜2か月程度たっているとみられ、職員がすべて摘み取った。
カテゴリー:

【これは安倍のせいだろ】参院議員会館で大麻栽培の可能性、朝日新聞系AERA記者の通報で現場は一時騒然 - 06月21日(木)20:57  news

日本では無許可の栽培や所持などが法律で禁止されている大麻が、国会議員の事務所などが入る参院議員会館(東京都千代田区永田町)の敷地内で発見された。 【写真】参院議員会館の敷地内に生えていた大麻草 「永田町で大麻草のような植物が生えている」との情報を得たAERA dot.の記者が21日昼ごろ、現場で大麻草が生えていることを確認。東京都の福祉保健局に通報し、 同日夕に都の担当者によって抜去された。抜去時には、参院事務局の担当者や警備員など10人ほどが集まり、関係者との電話連絡に追われたり、実物の大麻草を撮影を...
»続きを読む
カテゴリー:

バブルから30年…「オジサンの生き様」はどう変化した? - 06月18日(月)15:55 

バブル経済に沸いた40代男性=オジサンと、デフレ不況を粛々と生きる今のオジサン。実際はどちらが幸せなのだろうか。さまざまなデータを基に、この30年間で中年男がどう変化したのか追った。 ◆時代に翻弄されたオジサンの30年  オジサンは世につれ、世はオジサンにつれ変化してきた。「中年男性の変わらない価値観が時代に置いてけぼりを食ったのがこの30年です」と話すのは、時事ネタの読み解きに定評のある“時事芸人”プチ鹿島氏。週刊SPA!創刊の’88年から’18年までの30年間を4つに分け、時代ごとの40代男性=オジサンを振り返ってもらった。  ’80年代後半は「24時間戦えますか。」「5時から(男)」の栄養ドリンクCMが流行したが、プチ鹿島氏は「当時の中年男性は高度資本主義を空元気で乗り切った」と言う。オジサンのやせ我慢に限界がくるのはバブルが崩壊し、オジサンの時代遅れな性価値観への風当たりが強くなった’90年代からだ。 「オジサンの’90年代は’89年の宇野宗佑首相の女性問題で始まります。従来の永田町の価値観なら芸妓や愛人は当り前でしたが、趨勢が変わる。スクープした『週刊朝日』の当時の編集長・鳥越俊太郎の淫行疑惑が’16年にあり、28年越しのブーメランとなったのも皮肉でした」  ちなみに「セクハラ」が流行語になったのも’89年。今年は「#MeToo」が話題だが、約30年たっても男...more
カテゴリー:

今井絵理子議員 RADWIMPS野田洋次郎に助け舟を出すも炎上 - 06月12日(火)17:00 

人気バンド・RADWIMPSのボーカルの野田洋次郎(32)が6月11日、自身のTwitterを更新。自身が作詞した楽曲「HINOMARU」の歌詞をめぐるネット上での騒動について謝罪した。   「HINOMARU」は、6日に発売された同バンドのニューシングル「カタルシスト」に収録されているカップリング曲。強烈な愛国心を思わせる歌詞がちりばめられているため、ネット上では「まるで軍歌」などと賛否両論が巻き起こっていた。   野田は11日、英語と日本語でTwitterを更新。軍歌として書いたわけではなかったことを説明したうえで、〈戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした〉などと謝罪していた。   本来ならば、騒動はここで収束のはず。ところが、これを蒸し返してしまったのが元「SPEED」で自民党の今井絵理子参院議員(34)だ。今井議員は12日、自身のブログで野田の謝罪について言及。   〈私はRADWIMPSの楽曲に勇気や感動を与えてもらっている一人です〉と切り出すと、〈表現の手法は作家の自由であり、言葉遣いや色使いに正しいも間違いもありません。決して誰かの同意や批判を得たくて作品をつくるわけでもありません〉と持論を展開。さらに〈受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈...more
カテゴリー:

「新潟県知事選」の勝利でひと息の安倍首相――次のリスクは麻生大臣と…? - 06月23日(土)06:00 

森友・加計スキャンダルの再燃で政権支持率が急降下し、一時は9月の自民党総裁選での3選が危ぶまれる声も多かった安倍首相。しかし、6月10日の新潟県知事選で自公候補が野党統一候補に競り勝ったことで、風向きは変わってきたという。 全国紙政治部記者が語る。 「もし新潟県知事選に負けていれば、スキャンダルで弱体化した安倍政権では来年の参院選や統一地方選を戦えないとばかり、党内から安倍降ろしの動きがあってもおかしくなかった。しかし、これで9月の総裁選勝利はかなり濃厚になりました」 政治評論家の有馬晴海(ありま・はるみ)氏もこう予測する。 「首相が所属する細田派、麻生派、二階派の主要3派だけで国会議員が200人。これは自民の衆参議員407人の約半数に当たります。一方、ライバルと目される石破茂(いしば・しげる)元防衛相を支持する石破派はわずか20人。石破氏の頼みの綱は地方党員票ですが、いかんせん現在は無役なため存在感が薄い。頑張っても半分取れればいいほうでしょう。首相がほかのライバル候補を抑え、大差で3選を果たすと予想しています」 さらに言えば現在、自民党には“大臣ポスト待ち”の中堅・ベテラン議員が60名ほどいる。彼らにしてみれば、素直に安倍首相を支持し、ポストが回って...more
カテゴリー:

【東京都千代田区永田町】参院議員会館の敷地内で大麻草が発見される・・・土壌には栽培用の肥料が撒かれた痕跡も - 06月21日(木)22:30  newsplus

2018.6.21 19:58  日本では無許可の栽培や所持などが法律で禁止されている大麻が、国会議員の事務所などが入る参院議員会館(東京都千代田区永田町)の敷地内で発見された。 「永田町で大麻草のような植物が生えている」との情報を得たAERA dot.の記者が21日昼ごろ、現場で大麻草が生えていることを確認。東京都の福祉保健局に通報し、同日夕に都の担当者によって抜去された。抜去時には、参院事務局の担当者や警備員など10人ほどが集まり、関係者との電話連絡に追われたり、実物の大麻草を撮影をしたりするなど、現場は一時騒然とし...
»続きを読む
カテゴリー:

不動産テック協会準備委員会が、不動産テックセミナーを7月10日(火)に永田町で開催! - 06月19日(火)08:30 

[リマールエステート株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/25418/13/resize/d25418-13-375567-0.jpg ] ■セミナー概要 ・日 時:2018年7月10日(火)19:00~22:00(受付開始18:30) ・会 場:GRID 6F Attic(永田町) ・住 所:東京都千代...
カテゴリー:

知見集う基盤創設へ 連合事務局長が言及 中小企業活性化策 - 06月18日(月)05:01 

 中小企業家同友会全国協議会(広浜泰久会長)と連合(神津里季生会長)は6月5日、東京・永田町の議員会館で意見交換会を開催した。双方の活動について理解を深め合ったなか、連合の相原康伸事務局長が中小企業の活性化と働き手の処遇改善に向けた「プラットフォーム」の創設について言及した。 中小企業で働く労働者の条件改善には、収益力向上などの活性化策が欠かせないとみるもので、中小のサポートという同じ目的を持つ社……[続きを読む]
カテゴリー:

野田総務相「経済政策を次の段階に移行すべき」「異次元の金融政策に終止符を打つべき」「目標は物価に定めるべきではない」 - 06月12日(火)15:36  seijinewsplus

◆「アベノミクス、ステージ2に移行すべき」野田聖子総務相「財政再建は当然、ないがしろにされてる」 2018.6.11 21:57更新 産経ニュース  野田聖子総務相は11日、東京・永田町の憲政記念館で開いた自身の政治資金パーティーで、安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」について「私は一度も批判したことがない。失敗ではなく、役割を果たした」と評価した。そのうえで「これからは次の時代に入らなければならない。アベノミクスをステージ2に移していかなければならない」と述べ、経済政策を次の段階に移行すべき時期を迎えてい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「永田町」の画像

もっと見る

「永田町」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる