「水橋文美江」とは?

関連ニュース

【朝ドラ】羽野晶紀:「スカーレット」のさだは明治生まれ 下着デザイナーとして「頑張って道を切り開いてきた人」 - 10月20日(日)06:55  mnewsplus

 女優の戸田恵梨香さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」に、女性下着デザイナーの荒木さだ役で出演している羽野晶紀さん。さだは、ヒロイン・喜美子(戸田さん)が女中として働く大阪市内の下宿「荒木荘」の女主人で、戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの下着のデザインを始めた……という進歩的だが、お嬢様育ちの一面もある。「さだは明治生まれという設定です。この時代に女性が仕事をするというだけで大変なことなのに、下着ショーまで開催するなんて(笑い)。きっと周囲にいろい...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝ドラ】「スカーレット」第2週平均視聴率20・2%で初の大台到達 - 10月15日(火)18:00  mnewsplus

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第2週の平均視聴率が20・2%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが15日、分かった。第1週の平均は19・8%となっており、2週目で初の大台に到達した。また、12日に番組最高となる22・4%を記録した。  各日の番組平均は7日=19・7%、8日=18・3%、9日=20・8%、10日=19・9%、11日=20・3%、12日=22・4%だった。  朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「...
»続きを読む
カテゴリー:

戸田恵梨香演じる喜美子、大阪で新生活がスタートも前途多難!?『スカーレット』第3週 - 10月11日(金)19:38 

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。10月14日から第3週「ビバ!大阪新生活」が放送される。本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。昭和28年、中学を卒業して、大都会の大阪に働くことになった喜美子。勤め先は荒木さだ(羽野晶紀)という一風かわった下着デザイナーの女性が営む、下宿屋・荒木荘だった。女中として雇われたと知って、喜美子は戸惑いながらも意気込む。だが、元女中の大久保のぶ子(三林京子)は、若すぎると信楽に帰そうと模索。それに喜美子のやる気に火がつき、大久保に学びながら、新米女中として働くことが許される。そして喜美子は荒木荘の個性豊かな住人と親しくなっていく。荒木荘には、新聞記者としてがむしゃらに働き、化粧っ気もなくずぼらな生活をおくる庵堂ちや子(水野美紀)、喜美子に優しい医学生の酒田圭介(溝端淳平)、元公務員で俳優を目指す変わり者の田中雄太郎(木本武宏)らが。見習いの喜美子の給金はわずかだが、信楽では常治(北村一輝)やマツ(富田靖子)が大いに感謝して仕送りを受け取り、喜美子は下宿人たちの生活を世話するノウハウを次第に身につけていく。喜美子は、厳しい大久保か...more
カテゴリー:

【特報!】 1997年放送のドラマ「ガラスの仮面」がBSで蘇る、安達祐実・野際陽子ら出演 - 10月10日(木)18:36  mnewsplus

2019年10月10日 18:22 美内すずえ原作によるドラマ「ガラスの仮面」が、BS朝日で10月13日23時から放送される。 TVドラマ「ガラスの仮面」は1997年にテレビ朝日でオンエアされ、北島マヤ役を安達祐実、速水真澄役を田辺誠一、姫川亜弓役を松本恵(現・松本莉緒)、月影千草役を野際陽子が演じた。 このたびBS朝日にて新設された「サンデーナイト」枠の第1弾として、毎週日曜23時より全11話で放送。マヤの演劇への情熱や美内から「激似」と賞賛された月影千草の姿など、懐かしのドラマを堪能しよう。 ドラマ「ガラスの仮面」 放...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝ドラ】「スカーレット」は「なつぞら」に比べてかなり地味 プロはスタートをどう見たか - 10月07日(月)06:45  mnewsplus

 NHKの朝ドラ第101作「スカーレット」がスタートした。9月30日の初回視聴率は、20・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と辛うじて20%の大台をキープ。ところが、第2話は19・2%と早くも大台を割れ。主演の戸田恵梨香(31)は、初回冒頭にちょこっと出て以来、まだ出演はない。大丈夫か?   ***  民放プロデューサーが語る。 「初回視聴率としては、2017年下期『わろてんか』(初回20・8%)以来、5作連続の20%超えとなりました。ただ、3作続けて終戦直後の昭和が舞台なので、ちょっと飽きてきましたね。また、前作...
»続きを読む
カテゴリー:

戸田恵梨香演じる喜美子、大阪で女中として働きはじめ…『スカレート』第4週 - 10月19日(土)18:37 

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。10月21日から第4週「一人前になるまでは」が放送される。本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。大阪で荒木荘の女中として働きはじめた喜美子だが、ちや子(水野美紀)の勤める新聞社から、雑用係として、引き抜きの声がかかる。喜美子は男性ばかりの新聞社でがむしゃらにがんばるちや子の姿を目の当たりにし、心が動くが、自分が女中として大久保(三林京子)に認められていないことを考え、荒木荘に留まる。一方、信楽では川原家に泥棒が入る事件が。常治(北村一輝)は金の無心のために喜美子を訪ね、わずかな間に成長した姿を目にする。一人前になるまでは信楽に帰らないと宣言する喜美子に、頼もしさと寂しさを感じるのだった。2年半の月日がすぎ、喜美子は17歳に。すっかり荒木荘の女中仕事を任されている。ちや子は相変わらず記者として忙しい。雄太郎(木本武宏)は映画の端役として売れず、歌える喫茶「さえずり」で雇われる。そして医学生の圭介(溝端淳平)は、まるで兄のように喜美子に優しい存在だ。そんな圭介の前にあき子(佐津川愛美)というかわいらしい女性が現れる。犬の散歩を...more
カテゴリー:

【女優】元AKB48大島優子が本領発揮 朝ドラ「スカーレット」の演技に高評価 - 10月14日(月)10:11  mnewsplus

戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」が先週後半、いよいよ子役からバトンタッチされ、戸田や大島優子、林遣都ら主要キャストの登場が話題となっている。 14日からは第3週、「ビバ!大阪新生活」が始まる。 そんな中、ネット上では「大島優子は関西出身ではないのに関西弁に違和感がない」「声や仕草が幼少期そのままでよく研究されている」など、かねてより演技力に定評のある戸田や林に負けず劣らず、大島の演技に対する高評価が目立つ。 今年は舞台などで演技面に注目集める AKB48のOGは、アイドル時代の活躍が派...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝ドラ】戸田恵梨香、15歳の喜美子が登場!「スカーレット」中学卒業間近に - 10月11日(金)18:48  mnewsplus

 NHKの連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、午前8時~ほか)第2週の後半から、ストーリーはヒロインの子供時代から中学卒業間近の頃へと移り、いよいよ戸田恵梨香演じる喜美子の活躍が始まった。  女性陶芸家の波乱万丈の人生を描く本作は、戦後まもなく大阪から滋賀・信楽にやってきた川原喜美子(戸田)が、やがて地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んでいく姿を追う物語。  子供時代を描いていたストーリーは第10回のラストから、15歳の喜美子が登場する5年後へ。第11回には本格的に戸田が登場し、中...
»続きを読む
カテゴリー:

【視聴率】NHK朝ドラ「スカーレット」初週平均視聴率19・8% 「ひよっこ」以来5作ぶり大台割れ - 10月07日(月)11:10  mnewsplus

女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第1週の平均視聴率が19・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが7日、分かった。1週目の平均としては「ひよっこ」(17年前期)以来、5作ぶりの大台割れとなった。  各日の番組平均は9月30日=20・2%、10月1日=19・2%、2日=20・6%、3日=20・7%、4日=20・0%、5日=18・1%だった。  最近の朝ドラの第1週平均視聴率は「まれ」(2015年前期)=20・6%、「あさが来た」(15年後期)=20・3%、「と...
»続きを読む
カテゴリー:

戸田恵梨香が15歳の中学生に!高校進学を諦め就職を決意…『スカーレット』第2週 - 10月02日(水)13:18 

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。10月7日から第2週「意地と誇りの旅立ち」が放送される。本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。家族と一緒に信楽に引っ越してきた喜美子(川島夕空)。半年が過ぎ、不在の父・常治(北村一輝)を訪ねて、大阪から二人組の借金取りがやってくる。母・マツ(富田靖子)とともに立ち向かう喜美子。借金取りを怒らせてしまうが、間一髪で草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道によって助けられる。それをきっかけに喜美子たち信楽の子供たちは、柔道を習うことに。貧しいながらも明るくたくましい、喜美子の毎日が過ぎていく。5年後、喜美子(戸田)は15歳になり、中学卒業を控えていた。相変わらず絵が得意で、成績は良いものの、高校に進むことは常治が許さず、喜美子には苦しい家計を支えることが求められていた。照子(大島優子)の家である、丸熊陶業に就職するはずだったが、直前に断られてしまい、今後を考えて落ち込む喜美子。すかさず常治が喜美子のために見つけてきた新たな仕事先は、故郷の大阪だった。喜美子は驚くが、きっぱりと受け入れる。卒業式の後、喜美子は照子と信作(林遣都)と、最後の楽...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「水橋文美江」の画像

もっと見る

「水橋文美江」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる