「水川あさみ」とは?

関連ニュース

大谷亮平が日本でのスクリーンデビュー作「ゼニガタ」に懸けた思いを告白! - 05月24日(木)18:00 

2003年に韓国のCM出演をきっかけに、モデルや俳優として活動し、2016年4月から日本でも活動を始めた大谷亮平。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年、TBS系)などで注目を集めている大谷の映画初主演となる「ゼニガタ」が、5月26日(土)から公開される。 【写真を見る】今作に出演したことで、強く感じたことについて語る大谷/(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会 大谷演じる銭形富男は、表向きは居酒屋経営者だが、裏では10日で3割という超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋だ。そんな富男を演じた大谷に、脚本を手にした時の印象から、同作のテーマでもあるお金について、さらに役者としての思いまで、ここでしか聞けない話を聞いた。 ――最初に脚本を手にした時はどんな印象したか? この映画は自分にとって日本でのスクリーンデビューになるので、俳優として格別の思いがありました。いよいよかといううれしい気持ちがあった反面、すごくダークな内容に向き合わなければという覚悟も生まれました。 ただ、お金や人間の欲などドロドロした物語ではあるけれども、それ以外の要素もたくさんあると思いました。それが最初の印象です。 ――ハードな内容ではありますが、それだけで終わらない深みがありますよね。 富男の人間性や背景などが次第に見えてきて、本当にダークな世界だけではなく、それとは別の要素もあるこ...more
カテゴリー:

鈴木亮平、二階堂ふみとの奄美ラブラブ生活「ちょっと恥ずかしかった」 - 05月22日(火)17:18 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。5月27日は、第20話「正助の黒い石」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第20話「正助の黒い石」では、吉之助(鈴木)はとぅま(二階堂ふみ)と島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることに。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「第20回の舞台は、吉之助のいない薩摩へ——。僕は何が起こっているのか分からないわけで、みなさんと一緒に放送を見るのが楽しみです。なかでも注目は、“桜田門外の変”。今回、島にいながら手紙で知った吉之助の目線で、この歴史的大事件が描かれています。これまでとはまったく違う、ファンタジックで新しい“桜田門外の変”を楽しんでもらえるはずです」とアピール。さらに、「一方、吉之助と愛加那さんは、ラブ...more
カテゴリー:

鈴木亮平、二階堂ふみ演じる女戦士とぅまを「勇ましさと愛情深さが魅力的」と絶賛 - 05月19日(土)12:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。5月20日は、第19話「愛加那」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第19話「愛加那」では、とぅま(二階堂ふみ)は、ユタ(秋山菜津子)から告げられた「海の向こうから来る夫」が、菊池源吾と名乗る薩摩からの流人(鈴木)だと分かり、心を揺さぶられていた。そんなとき、砂糖隠しの嫌疑で、龍佐民(柄本明)が代官所に捕縛されることに。とぅまは激怒し島人たちと代官所に押しかけるが、そこに吉之助が現れる。とぅまは「薩摩の人間は信じない!」と言い放つが、吉之助は予期せぬ行動に出て……。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「何と言っても、いちばんの見どころは“女戦士とぅま”ですね。僕には彼女がそう見えました。二階堂ふみさん演じるとぅまの勇ましさと愛情深さがとっても魅力的で、吉之助ととぅまの関係が急激に変化していきます。テーマは、『愛』。その人を失いそうになる瞬間に、どれほど大切な存在かと気づく……。僕は、吉之助さんがとぅまどんに“あるもの”を授けるシーンが大好きですね。とっても純粋な愛に目覚める瞬間を、どうぞ目撃...more
カテゴリー:

有吉弘行、京都・祇園の会員制クラブに「魔窟だよ」 - 05月17日(木)13:24 

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。5月16日の放送では、16歳高校生からのメールをきっかけに“暗黙の了解”について語り合った。この日紹介された投稿は「卓球の試合で完封勝ちしたが、“暗黙の了解”で禁止されていることを知らず、コーチに怒られた」というもの。マツコは「手を抜いて1点もらったことくらい対戦相手も分かるんだから、最初から1‐1で始めればいい」とコメントし、有吉や久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)も同調した。タレントにも暗黙の了解は存在し、昔から“目上の人と衣装の色をかぶらせてはいけない”というものがあるそう。マツコは最近なくなったと言い、ある番組で女性の服装が全員一緒の色になったこともあったと明かした。続けて「最初は女優同士で“お互いに色かぶりはヤメましょう”って話があったんだろうね。それが変な形になったんだよ」と予想した。テレビ朝日アナウンス部では“デニムで出勤するのは3年目から”というものがあるそうで、それを聞いたマツコと有吉は「くだらない」と一刀両断。カジュアルな服装をしていた名物女性スタッフを見つけた有吉は「あいつは何年目なの? あの服装が許されるなんて」とツッコんでいた。続いて、知られざる歓...more
カテゴリー:

大倉忠義、緊迫シーン直後のバースデーサプライズに笑顔『モンテ・クリスト伯』 - 05月16日(水)19:53 

関ジャニ∞の大倉忠義が16日、出演中のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の撮影現場で誕生日を迎え、スタッフ・共演者からサプライズで祝福を受けた。本作は「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇。小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン・フジオカ)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海となって、自分を陥れた地元の仲間・幸男(大倉)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間公平(高橋克典)に復讐を果たしていく。この日は、薄暗い地下のバーで飲んでいた幸男(大倉)が、4人の強面の男たちに囲まれて……という第6話(5月24日放送)のシーンを撮影。指揮する永山耕三監督も「こんな男たちに囲まれたらイヤだよ」とこぼすほど、緊迫した雰囲気の中で行われていた。そんな緊張感に包まれたシーンのドライが終わると、助監督が「今日は、大倉さんのお誕生日です!」とアナウンスし、雰囲気は一変。スタッフ、強面の役者たちも大拍手で大倉の誕生日を祝った。スタッフから、お祝いのフルーツブーケとプレゼントを渡され、抱負を聞かれた大倉は、「ありがとうございます。誕生日を迎えさせてもらいました。(幸男が)どう終わるかは分からないんですけど、最後まで楽しんで演じたいと思います」とコメント。真海が次々に復讐を果たしていく中...more
カテゴリー:

鈴木亮平、二階堂ふみとの奄美ラブラブ生活「ちょっと恥ずかしかった」 - 05月24日(木)06:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。5月27日は、第20話「正助の黒い石」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第20話「正助の黒い石」では、吉之助(鈴木)はとぅま(二階堂ふみ)と島で生きていくことを決意する一方で、薩摩では島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることに。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。しかし、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんなとき、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「第20回の舞台は、吉之助のいない薩摩へ——。僕は何が起こっているのか分からないわけで、みなさんと一緒に放送を見るのが楽しみです。なかでも注目は、“桜田門外の変”。今回、島にいながら手紙で知った吉之助の目線で、この歴史的大事件が描かれています。これまでとはまったく違う、ファンタジックで新しい“桜田門外の変”を楽しんでもらえるはずです」とアピール。さらに、「一方、吉之助と愛加那さんは、ラブ...more
カテゴリー:

水川あさみ、三四郎・小宮へのお色気ドッキリで大興奮!? - 05月21日(月)20:30 

 5月15日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、女優の水川あさみ(34)が出演。三四郎の小宮浩信(34)にイタズラを仕掛け、大喜びする場面が見られた。  この日は、水川と竹内結子(38)がゲストとして登場し、総勢50人を超える“ガヤ芸人”たちと、さまざまなトークを展開した。その中で、チョコレートプラネットの長田庄平(38)と松尾駿(35)が水川に“とっておきのイタズラ教えてあげます”という企画を提案。すると大のイタズラ好きだという水川は、撮影スタッフや男性共演者に対し、靴を隠したり、(立ち位置を示す)バミリのシールを背中に貼って、「どこが立ち位置やねん!」とツッコんだりするなどのイタズラを、撮影現場で繰り返していることを明かした。  そんな水川のために、尼神インターや完熟フレッシュなど計3組のガヤ芸人たちが、相方にイタズラを仕掛けたVTRが紹介された。すべてのイタズラが終わったところで、スタジオ近くの控え室へ、別番組の打ち合わせと称して呼び出された小宮に、水川がイタズラを仕掛けることになった。  イタズラの内容は、小宮がいる控え室のテレビから、急に色っぽい映像が流れ出し、それに慌てる小宮のもとに水川があいさつに訪れるというもの。その内容に対し、フットボールアワーの後藤輝基(43)が「セクシー映像越しの水川あさみはNGですよ」と心配すると、水川は「大丈夫...more
カテゴリー:

クローゼットをスッキリ整理して快適に『助けて!きわめびと』 - 05月18日(金)09:00 

5月19日の『助けて!きわめびと』(NHK総合、毎週土曜9:30~)は、「毎日の生活が楽になる!クローゼット整理術」と題して放送。“きわめびと”にライフ・オーガナイザーの鈴木尚子を迎え、整理術の極意を伝授する。今回の悩みは「クローゼットが片付かない」。クローゼットに洋服や小物があふれて、「捨てられない」「元の場所に戻せない」といった悩みを持った人は多いはず。片付けの達人・鈴木によると、片付けが苦手な人には「捨てられないタイプ」「散らかしタイプ」など、いくつかタイプがあるという。今回は、それぞれのタイプに応じた整理術をわかりやすく伝える。整理が上手になれば、毎日の生活が快適で楽になること間違いなしだ。 関連リンク EXILE・SHOKICHI、東京にできた巨大な穴の正体の正体に驚愕 夏川結衣、山田洋次監督にクレーム?「蒼井優ちゃんのことは怒らない」 水川あさみ、控室でセクシー動画を観る三四郎・小宮に「この変態!」 タモリ、伊豆ならではの“わさびの食べ方”に感激! 風間俊介、林修の“不倫相手”に「...more
カテゴリー:

竹内結子、ニセ草なぎ剛のプライベート連続暴露に戦々恐々 - 05月16日(水)20:07 

5月15日(火)放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に女優の竹内結子がゲスト出演。草なぎ剛に成りきったものまねタレント・よっしーにプライベートを次々と暴露され、「なんで知っているの?」と驚きを露わにした。 【写真を見る】こちらは本物の草なぎと竹内の2ショット。こんなイメージ?/※画像は竹内結子(yuko_takeuchi0401)公式Instagramのスクリーンショットです この日のゲストとして、水川あさみとともに登場した竹内。すると、ガヤ席にいたよっしーが自身のものまねネタである草なぎ剛になりきり「結子ちゃ~ん! お疲れ様」と手を振ってネタを始める。 MCの後藤輝基が「二人は仲良くされているんですか?」とネタに乗っかると、ニセ草彅は「結子ちゃん、相変わらずグリンピース嫌いですか」「相変わらず牡蠣は好きですか?」とプライベート寄りな質問トークを連発した。 「よく知っていますね?」と言いつつ笑顔で「牡蠣大好き!」などと答えていた竹内だが、「相変わらず家電は苦手?」「相変わらずどこでも寝られますか?」とプライベート情報を暴露し続けるよっしーに顔色が急変。竹内は「何? 何が始まっているの?」と恐怖におののいていた。 次回の「ウチのガヤがすみません!」は5月22日(火)夜11:59より放送予定。ゲストのKing & Princeをガヤ芸人がおもてなしする。(ザテレビジョン)...more
カテゴリー:

大倉忠義、緊迫シーン直後のバースデーサプライズに笑顔『モンテ・クリスト伯』 - 05月16日(水)19:50 

関ジャニ∞の大倉忠義が16日、出演中のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の撮影現場で誕生日を迎え、スタッフ・共演者からサプライズで祝福を受けた。本作は「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇。小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン・フジオカ)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海となって、自分を陥れた地元の仲間・幸男(大倉)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間公平(高橋克典)に復讐を果たしていく。この日は、薄暗い地下のバーで飲んでいた幸男(大倉)が、4人の強面の男たちに囲まれて……という第6話(5月24日放送)のシーンを撮影。指揮する永山耕三監督も「こんな男たちに囲まれたらイヤだよ」とこぼすほど、緊迫した雰囲気の中で行われていた。そんな緊張感に包まれたシーンのドライが終わると、助監督が「今日は、大倉さんのお誕生日です!」とアナウンスし、雰囲気は一変。スタッフ、強面の役者たちも大拍手で大倉の誕生日を祝った。スタッフから、お祝いのフルーツブーケとプレゼントを渡され、抱負を聞かれた大倉は、「ありがとうございます。誕生日を迎えさせてもらいました。(幸男が)どう終わるかは分からないんですけど、最後まで楽しんで演じたいと思います」とコメント。真海が次々に復讐を果たしていく中...more
カテゴリー:

もっと見る

「水川あさみ」の画像

もっと見る

「水川あさみ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる