「水前寺清子」とは?

関連ニュース

【公演延期のお知らせ】石井ふく子&水前寺清子 .. - 02月28日(金)18:00 

【公演延期のお知らせ】石井ふく子&水前寺清子 ありがとうトーク&ライブ 新型コロナウイルス感染拡大等の社会情勢を鑑み、本公演を中止もしくは延期とさせていただくこととなりました。詳しくはこちらをご覧ください。 #三越劇場
カテゴリー:

くりいむしちゅー「アイコンでした」 熊本パルコ29日閉店 高良健吾さん、水前寺清子さん… 著名人がメッセージ - 02月14日(金)10:25 

 熊本市中央区の商業ビル「熊本パルコ」が29日で閉店するのに合わせ、写真展「さよならPARCO」が同館1階で開かれている。熊本ゆかりの著名人が写真展のためだけに撮影した44枚と、熊本パルコへ寄せたメッセージを展示。多くの買い物客が足を止め、一枚一枚に見入っている。29日まで。無料。
カテゴリー:

55周年の水前寺清子、代表曲に「終わったと思った」 - 02月14日(金)07:00 

エッセイスト・阿川佐和子がMCをつとめるトーク番組『サワコの朝』(MBS)。2月15日の放送では、歌手の水前寺清子が登場する。 水前寺がデビューしたのは、前回の東京五輪が行われた1964年。人々が勢いと活気であふれたその […]
カテゴリー:

烏野高校VS伊達工業高校!影山の様子が少し違い…『ハイキュー!! TO THE TOP』第6話 - 02月13日(木)18:47 

スーパーアニメイズム枠にて、『ハイキュー!! TO THE TOP』(MBS/TBS系、毎週金曜25:25~)の第6話が、2月14日に放送される。同アニメは、古舘春一の「ハイキュー!!」(「週刊少年ジャンプ」で連載中)が原作となっており、監督を佐藤雅子、副監督を石川真理子、シリーズ構成を岸本卓、キャラクターデザインを岸田隆宏が務めている。春の高校バレー宮城県予選では、激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。全国大会を控えた彼らのもとに、全日本ユース強化合宿や宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかるメンバーがいる中で、日向翔陽(声・村瀬歩)は同じ1年生との差に焦り……。全国大会本番に向け、日向、影山飛雄(声・石川界人)、そして烏野高校排球部のさらなる挑戦が始まる――!!<第6話「昂揚」あらすじ>日向(声・村瀬)・影山(声・石川)・月島(声・内山昂輝)も合宿から戻り、烏野高校排球部は県内屈指のブロック力を誇る伊達工業高校との練習試合に臨むことになった。そんな中ユース強化合宿を経た影山の様子が普段とは少し違っていて……。 関連リンク 宮城県1年生選抜強化合宿&全日本ユース強化合宿ともに最終日を迎え…『ハイキュー!! TO THE TOP』第5話 『ハイキュー!! ...more
カテゴリー:

“ドッペルゲンガー”が見える患者が天海祐希演じる深山に復讐!?『トップナイフ』第6話 - 02月13日(木)18:18 

天海祐希主演『トップナイフ -天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第6話が、2月15日に放送される。同ドラマは、“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか、神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』などを手掛けた脚本・林宏司と、『女王の教室』の演出・大塚恭司という最強のヒットメーカーが集結する。天海が演じる脳外科医・深山瑤子(みやま・ようこ)は、東都病院・脳神経外科に務める脳動脈瘤のスペシャリストで、部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割の女医。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えているが、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている役どころだ。<第6話あらすじ>自分の幻、“ドッペルゲンガー”が見えると診察にきた大澤(山本浩司)は、実は10年前に深山(天海)から脳外科をクビにされた医者だった。“幻の自分”からの悪魔のような囁きにけしかけられ、深山への復讐を企てていた――。一方、事故で左手を切断し入院してきた患者・原田保(笠松将)は、切断したはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。その痛みは、彼がずっと抱えてきたあ...more
カテゴリー:

松岡修造「自信がなかった」メンタルの弱さに苦悩した過去明かす『サワコの朝』 - 02月21日(金)11:25 

元プロテニスプレーヤーの松岡修造が、2月22日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。現役時代は、闘志あふれる選手として日本のプロテニス界を牽引。1995年のウィンブルドンでは、当時、日本人男子選手として62年ぶりとなるベスト8入りを達成するなど、偉大な功績を残してきた松岡。引退後は、スポーツキャスターとして様々な競技大会で選手に熱いエールを送り、その“熱血キャラ”は瞬く間に浸透。新入社員による理想の上司ランキングでは「やる気を引き出してくれそう」という理由から、3年連続で1位を獲得した。自身を鼓舞した“修造語録”を綴った日めくりカレンダーは、累計発行部数100万部を突破するなど“日本の応援団長”として活躍している。そんな松岡だが、みんなを明るくする表の顔とは裏腹に、自分自身は“ネガティブ”だという。「“できない”や“無理だよ”は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と切り出すと「ボレーでミスしたら、自分にナイスショット! と言っていた」と、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。「テニスは、決断しなきゃいけないスポーツ」と説明し、強くなるために取り組んだ“決断力を培う為のトレーニング”やメンタルの鍛え方をサワコに伝授する。一方で、ジュニアの育成にも尽力する松岡は、18歳以下の全国トップレベルの男子選手を対象...more
カテゴリー:

千鳥ノブ&本田翼が番組史上初Wピタリ賞!奇跡のゴチは「綾野剛さんのおかげ」『ぐるナイ』 - 02月14日(金)10:05 

千鳥・ノブと本田翼が、2月13日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系、毎週木曜19:56~)の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!21」で、番組史上初Wピタリ賞に輝いた。今回の舞台は、東京ミッドタウン日比谷にあるフレンチスタイルの名店「DRAWING HOUSE OF HIBIYA(ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ)」。日本の食材の再発見にチャレンジし、全国都道府県ごとのメニューを取り揃えているスタイルだ。ゲストに綾野剛を迎え、ノブは個人通算3度目の達成、本田は新メンバー最速タイの第3戦でのピタリ賞を獲得した。ノブは、「自分の結婚記念日2月14日っていう、3回とも全部奥さんがらみなんです。パワーもってるというか、生き霊なんです。確かに朝出てくるとき奥さんといつもよりちょっと濃厚なキスしたんですよ、これですね。実は、剛さんが、『いちごのやつだいぶ高いと聞いたことがあります』と言ったから“ロックチョコ”を注文するの止めたんです。だから(ピタリ賞は)剛さんのおかげなんです。ただ、100万円はあげられないんで、(綾野さんの)全作品見ます。積極的に告知します!」と、明かした。続いて、本田は「嬉しいです! 初戦で負けて自腹で24万8200円払ったんです。それが返ってくるのが嬉しい。ゴチレースはリセットされるんですよね? ピタリ賞の100万円の使い道、何にするか考え...more
カテゴリー:

吉岡秀隆、実在のTV番組ディレクター役で出演『天国からのラブソング』 - 02月13日(木)18:50 

濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、吉岡秀隆の出演が決定した。本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 吉岡が演じるのは、『発見らくちゃく!』のディレクターであり、このドラマの監督でもある藤谷拓稔。主人公の天星と亡き祖父・浩を、音楽を通じて共演させるために奮闘する姿を演じる。吉岡からのコメントを以下に紹介する。<吉岡秀隆 コメント>今回のドラマでは、『発見らくちゃく!』で放送された天星くんのエピソードだけでなく、天星くんと出会って、一緒に番組を作り出していったテレビ局のスタッフも描いているので、番組の裏側というか、また違った面白さを感じていただけるのではないかと思います。天星くんの思いが天国のおじいちゃんに届くようにと願って撮影に臨みました。 ...more
カテゴリー:

横浜流星演じる直輝、Mr.ノーコンプライアンスからミスパンダの殺処分を命じられ…『シロクロ』第6話 - 02月13日(木)18:18 

清野菜名&横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、2月16日に放送される。本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士で正義の存在・ミスパンダの川田レンを、横浜は、東京誠立大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。<第6話あらすじ>ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員も警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員になりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員を突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺して...more
カテゴリー:

黒幕の正体が明らかに!山田裕貴演じるゆとり男子、現実世界に戻れるのか?『SEDAI WARS』最終話 - 02月13日(木)17:53 

山田裕貴が主演を務めるドラマイズム『SEDAI WARS』(MBS、毎週日曜24:50~/TBS、毎週火曜25:28~)の最終話(第7話)が、2月16日にMBS、2月18日にTBSで放送される。舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって様々な問題が深刻化し、社会は崩壊の一途を辿っていた。そんな中、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという「SEDAI WARS」の開催が発表された。それは“SEDAI(セダイ)”と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモない内容で……。団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、そしてミレニアル。果たして、勝つのはどの世代か!? そしてSEDAIに選ばれてしまったゆとり世代の主人公・柏木悟の運命は――?そして、監督は、米国の『パワーレンジャー』シリーズ監督・総合プロデューサーを歴任し、さらに日本3大ヒーロー全てでメイン監督をつとめた唯一の存在でヒーローアクションの第一人者・坂本浩一が担当。山田のほか、岡田浩暉、真飛聖、浅川梨奈、池田優斗、横山めぐみ、出合正幸、奥山かずさ、鈴木正幸、西岡徳馬、大友康平らが出演する。また「SEDAI WARS」のナビゲーター・GENの声を高山みなみが演じている。<最終話あらすじ>「SEDAI WARS」計画の背後で、糸を引いていた黒幕の正体が明らかになった。黒幕は、悟(山田)をはじめとす...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「水前寺清子」の画像

もっと見る

「水前寺清子」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる