「水たまり」とは?

関連ニュース

被災民家に追い打ちの雨=地元業者が修復支援-大阪北部地震 - 06月20日(水)15:42 

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震で、大阪府茨木市では20日、前夜からの大雨により、被災した民家で雨漏りなどの被害が相次いだ。地元業者が瓦の落ちた屋根にブルーシートを掛ける応急措置の支援を行っており、住民らからは「助かった」と感謝の声が上がった。 同市の山田保さん(73)宅は19日から断続的に降る雨で、壁を伝う雨水は一時、滝のような状態になった。床に水たまりができるほどで、夜はほとんど眠れなかったという。 一方、瓦が落ちた屋根は知人のつてでシートを掛けてもらっており、その下の部屋は無事だった。「シートがなければ家じゅう水浸しだった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。 補修作業をしたのは、市内の建設業者「小林組」の専務小林和彦さん(54)。地震後知人に頼まれ、屋根の応急処置をしたところ、周辺の高齢者らから「うちも頼む」と依頼が殺到した。結局、社員総出で作業に追われた。 料金は格安で請け負った。「業者がつかまらず、自分で屋根に上ってけがをする人が出れば危ない」と、雨に間に合うよう朝から夜中まで数十軒にシートを掛け続けたという。 「『眠とうて、眠とうて』と言いながらも熱心にやってくれ、本当に助かった」と山田さん。小林さんは「少しでも力になれたならうれしい。会社のみんなも休ませたいが、まだ困っている人も多いので」と話すと、次の現場へと向かった。 【時事通信社】
カテゴリー:

日常の中に潜む美しい非日常が話題に 小さな水たまりの中の世界は意外なほど魅惑的だった - 06月18日(月)18:30 

ある『Twitter』ユーザーが「魅惑的とか超越してるわ」というツイートと共に投稿した動画が話題です。 https://twitter.com/mattwhitlockPM/status/1006684449373908992 街中のちょっとした水たまりにカメラを近づけていくと……鏡面反射して綺麗な夜景が浮かび上がりました。 800万回以上再生されているこの動画を見た人達からは、「美しい!」、「『マトリックス』かよ」、「ドラッグやるとこうなる」、「心を開いて違う視点で世界を見ようとすればいろんな経験ができるということだね」、「(アリアナ・グランデの)『No Tears Left to Cry』のミュージック・ビデオを思い出した」、「『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の“アップサイドダウン(裏側の世界)”だ」といったコメントが寄せられています。 https://twitter.com/CaulinD/status/1007421608967929856 https://twitter.com/s_dspooner31/status/1007027046344724480 同じように鏡面反射の様子を撮影した動画を投稿するフォロワーもちらほら。 視点や発想を少し変えるだけで、日常の中に埋もれている非日常を発見したり、新しいもの見方ができるようになったりすることはよくあること...more
カテゴリー:

「死に至る病」を媒介する蚊が発生! キャンプ、BBQ、海外旅行で要注意 - 06月16日(土)08:54 

梅雨を迎え、いよいよ本格的に夏に突入していこうとする6月。気温と湿度が高まるこの時期は、細菌やウイルスの増殖、あるいは精神の変調によって、多くの“ヤバイ病気”がはびこるタイミングでもあったのだ。命をおびやかす病の正体を追った! ◆梅雨を経て、病を媒介する蚊が都市部で大量発生 死のリスク★★★★☆ 罹患リスク★★★☆☆ ※数値は各識者の所見、厚生労働省発表の統計データを参考に、編集部で算出したもの  ’14年、国内で70年ぶりの患者を出したデング熱。媒介となるヤブカが生息する代々木公園などが一時封鎖されたのを覚えている人は多いはずだ。害虫防除技術研究所の白井良和氏は、「ヤブカは少量の水たまりからでも発生し、衛生状態の良い日本の都市部にも数多く生息。特にこれから梅雨で夏場にかけて蚊が増えるため、デング熱のリスクも高まります。重症化し、体の内外で出血を伴う“デング出血熱”になった場合、治療が遅れると致死率は20%に」と指摘する。  デング熱は全世界で年間1億人が感染しているともいわれており、その7割がアジアに集中しているとか。しかも、6月中に出張や旅行で海外へ渡航予定がある人には、さらなるリスクが重なる。 「マラリアです。媒介となるハマダラカは雨季に増えるのですが、東南アジアや東アジアなどは6月が雨季。感染リスクが高い時期に当たります。致死率は1%程度ですが、全世界で年...more
カテゴリー:

紫陽花に美容効果なんてあるの?お部屋の湿気取りで髪もまとまる? - 06月15日(金)10:00 

ジメジメ梅雨には紫陽花で美容対策!湿気吸収で肌も髪もまとまりやすく! シトシトと降り続ける雨のなか、傘を片手に出勤することも多い梅雨の時期。水たまりを避けて歩く歩道の脇に色鮮やかな紫陽花の花が可愛らしく咲いていた。 そんな梅雨の一コマが日常的になるこの頃ですが、紫陽花はお花屋さんにも売られている初夏の風物詩。 紫陽花が梅雨に咲くのには理由があります。紫陽花は、水や湿気を好む花で、湿気を吸い取る働きがあるのだとか。たとえば紫陽花をお部屋に飾っておけば、自然と部屋の湿度調整に役立つのだそう。 ジメジメした日は、お部屋のなかであっても湿気が充満してしまい、メイクや髪型がうまくまとまらないと言ったこともあるでしょう。 紫陽花の湿気を吸収する働きによって、過剰な皮脂分泌が抑えられて化粧ノリが良くなったり、髪の広がりやうねりが緩和されて、髪型もまとめやすくなることにつながると言われています。 さらに紫陽花には、ほかにも意外な美容効果が隠されているのです。 関連画像をもっと見る 飲む紫陽花「甘茶」の美容効果がすごい! 紫陽花の種類にヤマアジサイの変種「アマチャ」と呼ばれるものがあります。このアマチャの葉を生薬としてつくられた「甘茶」は古くからお茶として親しまれてきました。 甘茶には薬理作用はもちろん、高い抗酸化作用もあるので、アンチエイジングの効果が期待できます。また甘茶に...more
カテゴリー:

車に水をかけられ服が泥まみれ…クリーニング代の請求は可能? - 06月14日(木)15:05 

雨の多い季節になりました。雨が降ると通勤や通学はもちろんのこと、ちょっと外に出るのも億劫になってしまいますよね。 筆者が以前住んでいた街は谷のような地形をしており、駅が一番低い位置にあったため、街に降った雨はすべて駅の方向に流れていきました。川のように水が流れている道路を車が走っていくのですが、そのときに雨水がはねることもたびたび。 かばんや服がびしょびしょにされてしまったときは、なんとかしてその運転手に仕返ししたいと思ったものです。 運転手に仕返しをする方法はないのでしょうか?調べてみました。 歩行者に水をかけることは法律的に違反なのか? 道路交通法第71条1号には、『ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器をつけ、または徐行するなどして、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。』と書かれています。 さらに、第120条9号には、『第71条1号に違反した場合には、5万円以下の罰金に処する。』と書かれています。 【参照元:道路交通法 – 電子政府の総合窓口 e-Gov】 つまり、車の走行中に泥水や汚水をとばして、他人に迷惑をかけた場合には5万円以下の罰金に処せられるのです。 となったら残る疑問は一つ。『運転手をどうやって捕まえるのか』ですよね。 Q.車で走り去っていく運転手を捕まえるにはどうしたらいいのか? 道路交通法によると、『車の運転中に雨水を飛...more
カテゴリー:

この人、デキる!男の株が上がる「雨の日デート」の気遣い9パターン - 06月20日(水)07:00 

デート中は、ただでさえ女の子に気を使うのに、悪天候ならなおさらです。しかしその状況を逆手に取って、気遣い上手なところを見せれば、たちまち「デキる男」という印象を与えられるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「この人、デキる!男の株が上がる『雨の日デート』の気遣い」をご紹介します。 【1】「たまには雨も悪くないね」と、待ち合わせから明るいムードを作る 「この人となら、どんなときでも楽しく過ごせそうだと思いました」(20代女性)というように、雨の日でもとことんデートを楽しむ姿勢をみせると、相手も前向きな姿勢になれるようです。実際はそんなことを思っていなくても、あえて言葉に出せば気分が変わるかもしれません。 【2】「よし、作戦変更だ!」と、天候に合わせてプランを練り直す 「融通が利く人って、仕事もできそうだし頼りになる」(20代女性)というように、空模様を見てデートプランを変更できる柔軟性も、高く評価されそうです。どんなに入念に下準備したのだとしても、最初のプランにこだわりすぎるのはまずいでしょう。 【3】なるべく濡れずに済むよう、地下道やアーケードを上手に使う 「下調べがないと、できないことですよね」(20代女性)というように、雨で足元が気になる女の子にとっては、「濡れないルート選び」も喜ばれるようです。あらかじめ数パターンを調べてシ...more
カテゴリー:

雨の日のデートで、女性に喜ばれる気遣い9パターン - 06月17日(日)10:00 

雨の日のデートはいろいろと大変なことが増えて、いつものように楽しめないもの。そんなとき、男性にどのような気遣いをしてもらえると女性は嬉しく感じるのでしょうか。オトメスゴレン女性読者へのアンケートをもとに、「雨の日のデートで、女性に喜ばれる気遣い」をご紹介します。 【1】男性が車道側を歩いて、車に水をかけられないように注意する。 「さりげなく車の水はねから守ってくれている感じがイイ」(20代女性)と、自分が盾になり彼女を守ろうとする姿勢は、女性にとても喜ばれるようです。スピードを出して近づいてくる車を発見したら、特に注意して男性が車道側を歩くようにしましょう。 【2】水たまりや足場の悪い場所を女性に歩かせないようにする。 「靴や服が汚れないように気にしてくれているのが嬉しい」(30代女性)と、ファッションを考慮して足場に注意しながら歩かせてあげることも、大切な気遣いの一つのようです。足元をよく確認し、水たまりをうっかり見逃さないよう注意しておきましょう。 【3】「大丈夫? 寒くない?」など、体調を気にして声をかけてあげる。 「『傘させば大丈夫』と、ずっと屋外にいるのはキツい。カフェで休もうとか提案してほしい」(20代女性)と、雨で寒くなることを考慮して、女性に無理をさせないよう気遣う姿勢も大切のようです。彼女が寒がっていたら、なるべく暖かい室内で休憩するようにしましょう。 【4】...more
カテゴリー:

「死に至る病」を媒介する蚊が発生! キャンプ、BBQ、海外旅行で要注意 - 06月16日(土)08:54 

’14年、国内で70年ぶりの患者を出したデング熱。媒介となるヤブカが生息する代々木公園などが一時封鎖されたのを覚えている人は多いはずだ。害虫防除技術研究所の白井良和氏は、「ヤブカは少量の水たまりからでも発生し、衛生状態の良い日本の都市部にも数多く生息。特にこれから梅雨で夏場にかけて蚊が増えるため、デング熱のリスクも高まります。重症化し、体の内外で出血を伴う“デング出血熱”になった場合、治療が遅れると致死率は20%に」と指摘する。
カテゴリー:

仲里依紗、家族で市民プール利用を明かす ベストスイマー表彰式に水着で登場 - 06月14日(木)16:28 

 女優の仲里依紗が16日、都内で行なわれた第19回ベストスイマー2018表彰式に出席した。社会的に影響力があり、水に親しんでいたり、水泳をこよなく愛する人を表彰する同賞。俳優の金子貴俊、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が選ばれた。  幼少期にスイミングに通っていたという仲は4月に発売されたスタイルブック『Palette』のQ&Aコーナーで五輪に出場するとしたら「水泳」と答えるなどしていた。夫の中尾明慶は『ウォーターボーイズ2』で副部長役で出演していた。仲は「こんなすばらしい賞をいただけるなんて思ってなかった。うれしいです」と笑顔。「今まで続けられたスポーツは水泳だけ。水泳を好きになるきっかけを作ってくれた親に感謝ですね」と話した。今年着たい水着の色は「レインボー。全部色が好きなので」とはにかんだ。  囲み取材では仲の衣装が話題に。透け感のあるジャケットの下にギンガムチェック柄が見えた。仲は「これ、水着です」とあっけらかんと説明。報道陣が驚くと、普段から街中でも水着を着用していることを明かし「汗をかいても水着だとすぐに乾く。普段から取り入れてます」とポイントを語った。  また、家族で市民プールを利用しているという。「市民プール行ってます。1回、300円とかで。家の近くの。プールの中はわからない。馴じみますよ」と意外に普通の生活を送っているという。夫婦仲がいいことで知られるが「私...more
カテゴリー:

みんなモネが大好きだった!日本初公開から後世の作品までモネづくし横浜美術館「モネ それからの100年」 - 06月13日(水)17:00 

19世紀後半の芸術運動「印象派」を代表する画家、クロード・モネ。代表作のひとつである《睡蓮》大装飾画の制作を始めてから約100年が経ち、これまで数多くの作家がモネの絵画に影響を受けてきた。そんな後世代の作家たちとモネの作品を一堂に集めた展覧会「モネ それからの100年」が、横浜美術館で開催される。モネの日本初公開作品もあり、後世代の作品からも今なお輝き続けるモネの新しい魅力を発見できそう。【モネ作品の特性をキーワードに後世代の作品とあわせて展示】2018年7月14日(土)から9月24日(月・休)まで開催される、横浜美術館の展覧会「モネ それからの100年」。今回は、モネの初期から最晩年までの絵画25点と後世代の26作家による65点が一堂に集結。会場は、モネの芸術の特性によって4つの章立てとして、それぞれに特徴的なモネの絵画とその影響が見られる後世代の作品を並べて見せる。例えばモネの《霧の中の太陽》はロンドン名物の霧に包まれたテムズ河の光景で、水分を多く含んだ大気にきらめく光が、淡い色彩の重なりで表現されている。ドイツ現代絵画の第一人者であるゲルハルト・リヒターの《アブストラクト・ペインティング(CR845-8)》では、奥行きを感じさせる層の重なりや光のイリュージョンが、モネの絵画にも通じるところ。また、「大気や光、水など形のないものの一瞬をキャンバスに写しとどめたい」というモネのテ...more
カテゴリー:

もっと見る

「水たまり」の画像

もっと見る

「水たまり」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる