「武蔵小杉」とは?

関連ニュース

【鉄道】住民急増で混雑深刻化、武蔵小杉駅ホーム新設へ - 07月21日(土)05:53  bizplus

川崎市とJR東日本横浜支社は17日、JR武蔵小杉駅の混雑緩和対策として、横須賀線の下りホームを新設し、新たな改札口も設置すると発表した。供用開始は、下りホームが2023年度を予定し、新改札口は新ホームの供用開始後を目指している。同駅周辺は相次ぐ高層マンション建設で人口が増加し、通勤時間帯の駅構内や周辺の混雑が深刻化している。  発表によると、横須賀線のホームを2面2線化し、現在のホームは上り専用として、下りホームを新たに設ける。事業費はJR東日本が負担する。  新改札口は、JR横須賀線とJR...
»続きを読む
カテゴリー:

武蔵小杉駅、横須賀線ホームと改札口を増設 5年後に混雑解消へ - 07月17日(火)23:23  news

 川崎市とJR東日本は17日、JR武蔵小杉駅と駅周辺の混雑緩和のため、同駅横須賀線ホームを増設するとともに新しい改札口を設置すると発表した。 2023年度の供用開始を目指す。同駅周辺では大規模タワーマンションの建設が相次ぎ人口が急増。朝の通勤時間帯の駅と列車内の混雑が大きな問題に なっていることから協力して対策に取り組む。  武蔵小杉駅には東京急行電鉄東横線とJR南武線が乗り入れるほか、2010年にJR横須賀線のホームが開業し、東京駅や品川駅と直接結ばれた。 現在、横須賀線は一つのホームの両側に上り線...
»続きを読む
カテゴリー:

武蔵小杉駅、横須賀線ホーム2面2線化へ 新改札口設置も 混雑緩和対策 - 07月17日(火)16:45 

JR東日本横浜支社と川崎市は7月17日、横須賀線武蔵小杉駅等の更なる混雑緩和対策を進めていくための基本的な事項について確認し、覚書を締結した。 武蔵小杉駅は近年の利用者増加に伴う混雑緩和対策として、新南改札への入場専用臨時改札とエスカレーターの設置、南武線下りホームの一部拡幅工事を4月に完了。川崎市、JR東日本によると、一定の混雑緩和効果が現れている。 今後、更なる混雑緩和を図るため、今般締結した覚書に基づいた取り組みを推進する。主な内容として、横須賀線ホームの混雑緩和を図るため、現在上り下り共用の1面2線として使用しているホームを上り専用化。下りホームを新たに設置し、2面2線とする。新設にかかる事業費はJR東日本が負担することを基本とし、2023年度の供用開始を目指す。 また、駅構内及び駅周辺の歩行者の分散化による混雑緩和と、南武線北側からのアクセス性の向上を図るため、新規改札口を設置する。設置にかかる事業費は川崎市が負担することを基本とする。供用開始は横須賀線下りホーム新設後を予定している。 今後、設計等を通じて工期の短縮に向けた施工方法の精査を進め、早期の供用開始を目指すとしている。
カテゴリー:

【JR東】武蔵小杉駅横須賀線ホームを2面化 混雑緩和と利便性向上 - 07月17日(火)16:01  newsplus

JR東日本と川崎市は17日、武蔵小杉駅や駅周辺の混雑緩和に向けた取り組みを進めるため、両者で覚書を締結したと発表した。覚書には、横須賀線下りホームの新設、新規改札口の設置が盛り込まれた。 横須賀線ホームについては、現在の横須賀線ホームの東側に、新たに下りホームを新設。現ホームは上り専用とし、横須賀線ホームを2面2線化する。ホーム新設にかかる事業費は、JR東日本が負担する。 新規改札口は、横須賀線側施設の東京寄りに設置。駅構内と同駅周辺の歩行者を分散することによる混雑緩和や、南武線北側からのアクセス...
»続きを読む
カテゴリー:

関西の住みやすい街1位は尼崎 武蔵小杉のようになる? - 07月11日(水)09:37 

 関西で住むのに一番魅力のある街は「尼崎」――。住宅ローン専業大手のARUHIが10日発表した「本当に住みやすい街大賞2018in関西」で、兵庫県尼崎市のJR尼崎駅周辺が1位になった。工業の街とのイメ…
カテゴリー:

JR東日本、JR武蔵小杉駅の混雑緩和に下り専用ホームと改札口を増設 - 07月18日(水)13:12 

 JR東日本(東日本旅客鉄道)と川崎市は7月17日、JR武蔵小杉駅と駅周辺の混雑緩和を図るための抜本的な対策として、横須賀線下りホームと新規改札口を新設することを発表した。
カテゴリー:

JR武蔵小杉駅の横須賀線下りホーム新設、2023年度の供用開始めざす - 07月17日(火)19:01 

川崎市とJR東日本横浜支社は17日、横須賀線武蔵小杉駅のさらなる混雑緩和対策を進めるための基本的な事項について確認し、同日に両者で覚書を締結したと発表した。横須賀線下りホームを新設(2面2線化)し、2023年度の供用開始をめざす。
カテゴリー:

武蔵小杉駅、横須賀線ホーム2面2線化へ 新改札口設置も 混雑緩和対策 - 07月17日(火)16:45 

JR東日本横浜支社と川崎市は7月17日、横須賀線武蔵小杉駅等の更なる混雑緩和対策を進めていくための基本的な事項について確認し、覚書を締結した。 武蔵小杉駅は近年の利用者増加に伴う混雑緩和対策として、新南改札への入場専用臨時改札とエスカレーターの設置、南武線下りホームの一部拡幅工事を4月に完了。川崎市、JR東日本によると、一定の混雑緩和効果が現れている。 今後、更なる混雑緩和を図るため、今般締結した覚書に基づいた取り組みを推進する。主な内容として、横須賀線ホームの混雑緩和を図るため、現在上り下り共用の1面2線として使用しているホームを上り専用化。下りホームを新たに設置し、2面2線とする。新設にかかる事業費はJR東日本が負担することを基本とし、2023年度の供用開始を目指す。 また、駅構内及び駅周辺の歩行者の分散化による混雑緩和と、南武線北側からのアクセス性の向上を図るため、新規改札口を設置する。設置にかかる事業費は川崎市が負担することを基本とする。供用開始は横須賀線下りホーム新設後を予定している。 今後、設計等を通じて工期の短縮に向けた施工方法の精査を進め、早期の供用開始を目指すとしている。 投稿 武蔵小杉駅、横須賀線ホーム2面2線化へ 新改札口設置も 混雑緩和対策 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

【夏休み2018】100個の「はじめてあそび」全国ボーネルンド7/13-9/2 - 07月13日(金)16:15 

 ボーネルンドは2018年7月13日から9月2日の期間、全国に展開する親子の室内あそび場「キドキド」およびボーネルンドショップにおいて「ボーネルンドの夏休み2018」を実施する。100個の「はじめてあそび」が体験できるほか、限定イベントも多数開催される。 ボーネルンドでは、「はじめて」の積み重ねで子どもは成長するとの想いから、7月13日から9月2日まで全国21か所のキドキド各店において「この夏 100のはじめてあそび」を実施する。「知らない子と手をつないで走る」「ボールの海で泳ぐ」など、キドキドに常駐するプレイリーダーとともに「はじめてのあそび」が体験できる。体験できる内容は7月25日にボーネルンドWebサイトに公開される予定。 またキドキドでは、通常の粘土とは異なる感触の冷い「かんてんネンド」が体験できる「冷やしネンドはじめました」や、当たっても痛くない素材ではじめての“投げる”にぴったりな「ソフトソーサーであそぼう」、デンマークのアイロンビーズ「ハマビーズ」で夏の思い出を親子で振り返る「アイロンビーズで夏の思い出フォトスタンドづくり」といった夏にぴったりのイベントを、実施日を限定して開催する。  そのほか、全国のボーネルンドショップにおいても「アクアプレイで水遊び」や「粉からつくる、かんてんネンド」など体験イベントを実施。実施日は各店舗により異なるため各店ブログにて知らせる。ボ...more
カテゴリー:

多摩川流域エリアの社会実験区プロジェクト「TAMA X(タマクロス)」を7月から始動します! - 07月10日(火)15:34 

[東急電鉄]  多摩川流域エリアは、二子玉川や武蔵小杉など、都心の利便性と多摩川の自然空間を兼ね備えた人気エリアとして人口が増加しています。また、日本を代表するメーカーや大学などの学術・研究開発拠点などの産業が...
カテゴリー:

もっと見る

「武蔵小杉」の画像

もっと見る

「武蔵小杉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる