「横綱白鵬」とは?

関連ニュース

白鵬、琵琶湖で息子と水遊び楽しむ「長男坊も大喜びで、私も大喜びでした」 - 06月18日(月)13:54 

横綱の白鵬関が17日、自身のアメブロを更新。滋賀県・長浜市での合宿を終え、長男と琵琶湖で水遊びを楽しんだことを報告した。 長浜市で行われた、自身が所属する宮城野部屋の合宿に参加していた白鵬。「本日は合宿最終日で、1600人近くのお客様が観戦に来ていただけました」とつづり、「ありがとうございます。いい汗が流せました」と感謝を述べた。 昼からは長男と琵琶湖で水遊びを楽しんだといい、2人でボートから湖に飛び込む動画を公開。「長男坊も大喜びで、私も大喜びでした」と、いいリフレッシュになった様子。長男は前日から稽古にも参加したという。 移動後は名古屋に入るといい、「暑い、熱い名古屋場所に向けてまた頑張ってまいります」と、7月8日に初日を迎える名古屋場所に向けて意気込みを語った白鵬。「合宿中は長浜の皆様。お世話なりありがとうございました」(原文ママ)と感謝の言葉で締めくくった。 この投稿に「長浜合宿お疲れ様でした。1600人もお客様がいらっしゃったなんて凄いです」「素敵な父息子の動画、ありがとうございます」「親子で同じく相撲が出来るのは、とても羨ましい」「名古屋場所では、心が震えるような素晴らしい相撲を見せてください。応援しています!」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・「合宿。」(白鵬オフィシャルブログ) ・白鵬、モンゴルの英雄に男性器を落書きしたギャグ漫画に「残念で...more
カテゴリー:

【相撲】幕内・旭大星の結婚式で、旭大星が中学2年時に36歳で亡くなった、母真由美さんの手紙が読み上げられる 白鵬もらい泣き - 06月09日(土)21:14  mnewsplus

白鵬もらい泣き、旭大星の結婚式で亡き母から手紙 2018年6月9日17時54分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201806090000705.html 結婚披露宴でウエディングケーキに入刀する旭大星(左)と芳恵夫人(撮影・高田文太) 旭大星(右から2人目)と芳恵夫人(右端)の結婚披露宴であいさつする白鵬(左端)(撮影・高田文太) 結婚披露宴を行った旭大星(左)と芳恵夫人(撮影・高田文太) 大相撲の幕内旭大星(28=友綱)が9日、都内のホテルで芳恵夫人と挙式・披露宴を行った。 披露宴で...
»続きを読む
カテゴリー:

横綱白鵬が滝川を訪問 白鵬米の田植え式 - 06月07日(木)20:02 

大相撲の横綱白鵬関がことしも滝川にやってきました。今日ドキ!で放送2018年06月07日(木) 18時00分 更新
カテゴリー:

【相撲】横綱白鵬が28日、モンゴルへ一時帰国 父しのび、自身の静養も 6月2日に再来日 - 05月28日(月)19:28  mnewsplus

横綱白鵬がモンゴルへ一時帰国 父しのび、自身の静養も 2018/5/28 18:32 c一般社団法人共同通信社 https://this.kiji.is/373751080276509793 モンゴルへ一時帰国する横綱白鵬=28日、成田空港 大相撲の横綱白鵬が28日、成田空港からモンゴルに一時帰国した。2場所連続休場から復帰した夏場所では11勝4敗に終わり、41度目の優勝を逃したが「大きなけがなく終われたのは、来場所につながってくると思う」と前向きに語った。 深刻な負傷ではなかったというものの、場所中に左膝を痛めたことも明かし「ちょっと疲れた。肉体的、...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】八角理事長、全勝の関脇・栃ノ心を絶賛「白鵬のこんな負け方を初めて見た」 師匠・春日野親方も安堵の表情 - 05月24日(木)21:59  mnewsplus

八角理事長「白鵬のこんな負け方を初めて見た」 2018年5月24日19時59分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201805240000762.html 白鵬(左)を寄り切りで下す栃ノ心。右下は鶴竜(撮影・中島郁夫) <大相撲夏場所>◇12日目◇24日◇両国国技館 全勝の関脇栃ノ心(30=春日野)が、1敗で追う横綱白鵬(33=宮城野)を力相撲でねじ伏せ12戦全勝。確実な状況の大関昇進と2場所ぶり2度目の優勝という“2冠”に向かって、まっしぐらだ。 右の相四つ、左上手も十分で胸が合った。これまでの対...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木おさむ、三浦翔平にイチゴをあーんされ「格好いいってズルいよーーーー。」 - 06月12日(火)16:25 

放送作家の鈴木おさむが、11日に更新したアメブロで、ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』(AbemaTV)の打ち上げの様子を紹介している。 この作品は、AbemaTV開局2周年を記念して制作された連続ドラマで、三浦翔平演じる主人公・藤村鉄平が、若さと仲間と熱意を武器にゼロから会社を設立し、成長していく姿を描いたストーリー。 先週の打ち上げでは、「本当に沢山の人に見ていただいてるみたいで。最終回もズバっと決まりました。みんなテンション高くて。」と、楽しい会になったそう。 主演の三浦とは、ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)以来の共作で、「イチゴを持ってこんなおちゃめな仕草です」と、三浦が鈴木にいちごを食べさせている写真をアップし、親しさを感じさせるとともに、「やっぱり、格好いい人ってキュートにもなるし格好良くもなるしな。俺がやってたら、ただのイチゴ持ったおじさんだもん。格好いいってズルいよーーーー。」と三浦のカッコ良さに改めて脱帽した様子。続けて、「映画化の話も出ましたが。是非やってほしいな。」とさらなる展開に期待を寄せた。 またその後の二次会では、なんと近くで飲んでいたという第69代横綱・白鵬が合流し、「いや~、こういう感じよかったなー。打ち上げがこんな感じで盛り上がるっていいいなー。」と、楽しい打ち上げになったようだ。 【関連記事】 ・「はずす??」(鈴木おさむオフィシ...more
カテゴリー:

目指すは欧州から初の横綱ーー最長スロー昇進、大関・栃ノ心を支えた心 - 06月08日(金)11:00 

大相撲夏場所で、関脇の栃ノ心(30歳、春日野部屋)が13勝2敗と好成績を収め、ジョージア出身力士として初の大関昇進を決めた。 2度目の幕内優勝こそ逃したが、欧州出身では琴欧洲、把瑠都(ばると)に続く3人目の新大関。そのルックスから“角界のニコラス・ケイジ”と呼ばれる甘いマスクの新大関は「番付が上がってもやることは変わらない。稽古に精進して次の目標に向かって頑張りたい」と声を弾ませた。 平幕だった今年の初場所を14勝で初優勝。関脇となった春場所は10勝、今場所は13勝と3場所で37勝の成績を収めた。大関昇進の目安は“三役で3場所33勝以上”だが、初場所で優勝し、直近3場所で目安を大きく上回る勝ち星を挙げたことから、文句なしで昇進が決まった。 特に高く評価されたのが、12日目の横綱・白鵬戦だ。2008年九州場所での初顔合わせから25戦全敗の横綱を力相撲で寄り切った。これまでは横綱とは右四つ左上手の合い四つだけに、自身が得意な形になっても力でねじ伏せられていた。それを今場所はがっぷり四つに組んで常に攻め続けて圧倒。八角理事長が「白鵬のこんな負け方は初めて見た」と驚くほどの進化だ。 初対決から10年かけてたどり着いた最強横綱からの初白星は大関昇進を自力でつかんだ一番だった。新入幕から所要...more
カテゴリー:

【相撲】白鵬時代「終わった?」夏場所の取り口で見えた“栄枯盛衰” - 06月06日(水)21:04  mnewsplus

 大横綱白鵬(33)の様子がおかしい。東京・両国国技館で行われていた夏場所は、横綱鶴竜(32)の優勝で幕を閉じたが、気になるのは、白鵬の急激な衰えだ。 4敗を喫したが、その負け方がおかしい。全ていわゆる力負けなのだ。中でも12日目の栃ノ心戦は、それまでこのかたちになれば無敵だった右四つがっぷりからの完敗で、NHK解説者の舞の海秀平さんも、衰えを指摘していた。  対して優勝を飾った鶴竜は、先行する栃ノ心(30)に追いつき、追い越し、通算5度目、先場所に続いて自身初の連覇を果たした。  優勝がかかった千秋楽の白鵬戦も...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】栃ノ心が夏場所後に大関昇進へ 今月30日に臨時理事会 - 05月27日(日)14:10  mnewsplus

大相撲 栃ノ心が夏場所後に大関昇進へ 5月27日 13時22分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180527/k10011454881000.html 日本相撲協会は、夏場所後の今月30日に関脇 栃ノ心の大関昇進に向けた臨時理事会を開催することを決め、栃ノ心の場所後の大関昇進が事実上決まりました。 栃ノ心は、上位陣とは総当たりとなる前頭3枚目だった初場所で14勝1敗の成績で初優勝を果たし、続く春場所では関脇で10勝を挙げました。 大関昇進を目指した今場所は、初日から白星を重ね、12日目には横綱 白鵬を破って12連勝し、26...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】あさましき横綱・白鵬「水のCMに出たい」と下品なおねだり - 05月23日(水)12:13  mnewsplus

5/23(水) 12:05配信 あさましき横綱・白鵬「水のCMに出たい」と下品なおねだり  下品――この横綱を語るに、最もふさわしい言葉ではないか。  歴代最多の優勝40回を誇りながら、周囲が白鵬(33)に向ける感情は尊敬とは程遠い。昨年11月場所中に発覚した日馬富士暴行事件の現場に居合わせながら、優勝時に万歳三唱をした姿に嫌悪感を抱いたファンも少なくないはずだ。  昔から、強すぎる横綱は疎まれたもの。北の湖も現役時代は「憎らしいほど強い」と言われていた。しかし、白鵬の場合は事情が異なる。自らの言動が人品を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「横綱白鵬」の画像

もっと見る

「横綱白鵬」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる