「業界団体」とは?

関連ニュース

【人手不足】中小企業の外国人採用、経産省が支援…人手不足に悩む中小企業の人材確保へ - 08月20日(月)09:14  newsplus

中小企業の外国人採用、経産省が支援…人材確保 2018年08月20日 07時26分 2019年4月にも始まる外国人労働者の受け入れ拡大に向け、 経済産業省は中小の製造業者による外国人の採用を支援する方針を固めた。 雇用しやすい環境を整えることで、人手不足に悩む中小企業の人材確保につなげる。 具体的には、外国人雇用のノウハウに乏しい中小企業に対し、 業界団体などによる中小企業向けの講習会や巡回指導を通じ、 外国人の雇用に必要な手続きや課題を教えることを後押しする。 また、中小企業に採用された外国人に対する日...
»続きを読む
カテゴリー:

【食】「養殖ニジマスは『サケ』である」中国業界団体、偽装疑惑を受けて“新たな基準”を打ち出す 専門家は一蹴★2 - 08月18日(土)18:11  newsplus

※たまたまスレ 【AFP=時事】ニジマスもサーモンである──。中国で今年、国産「サーモン」の刺し身の多くが実はニジマスであることが国営テレビで暴露され、消費者の信頼を損ねていた国内の養殖業者団体がこのほど、ニジマスをサケの一種と見なす新たな基準を打ち出した。信頼を取り戻すための苦肉の策だが、専門家からはニジマスとサケは別の魚だと一蹴されている。  国営の中国中央テレビ(CCTV)は先ごろ放送した番組で、チベット高原で養殖されている「淡水サーモン」を紹介。その中で、スーパーに並んだサーモンの切り身の映...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省、中古スマートフォンのSIMロック解除を義務化へ - 08月17日(金)13:32 

総務省が2019年7月より中古スマートフォンに対するSIMロック解除を各通信事業者に義務付けると日経新聞が報じている。 SIMロック解除を義務付けることで、いわゆる格安SIM利用者は安価な中古端末を入手しやすくなり、競争がより活発になるという。これまで通信事業者は不正利用防止などを理由に中古端末のSIMロック解除を受け付けていなかった。 すべて読む | モバイルセクション | 日本 | ビジネス | 携帯電話 | 関連ストーリー: 中古スマートフォンを扱う企業らの業界団体、総務省と共に検討会を立ち上げて品質ガイドラインを作成へ 2018年07月12日 カナダ、携帯端末のSIMロックを12月1日以降禁止へ 2017年06月19日 「格安スマホ」などに関するトラブルが増加しているとして国民生活センターが注意喚起 2017年04月17日 大手キャリアのスマホがSIMロックフリーでないのは「転売」が原因? 2016年11月16日
カテゴリー:

【USA】トランプ氏演説に登場の謎のCEO、ホワイトハウスは名前明かさず - 08月16日(木)23:35  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-16/PDJIJ76TTDS301 トランプ氏演説に登場の謎のCEO、ホワイトハウスは名前明かさず Toluse Olorunnipa 2018年8月16日 17:00 JST →トランプ大統領は政策を後押しする匿名の支持者に頼る傾向 →エピソードの多くは立証されていないか検証できない-大学教授 トランプ米大統領によると、自身の貿易政策の最大の支持者の1人は謎の企業の匿名の最高経営責任者(CEO)だ。   7月31日にフロリダ州タンパで開かれた集会でトランプ氏は、物議を醸している関税措置に言及。...
»続きを読む
カテゴリー:

【賛成?反対?】サマータイム阻止、ダメ押しは進次郎・三木谷・あのメディア王 - 08月14日(火)16:29  newsplus

総踊り http://agora-web.jp/archives/2034241.html 東京オリンピックでのサマータイム導入を巡り、リアルとネットの「世論格差」が目立つ。NHKが8月上旬に行った世論調査で賛成派が51%を占め、朝日新聞も同時期の行った調査で53%が賛成に回った。 一方、ネットメディアではアゴラの池田信夫は言うに及ばず、現代ビジネスでは安倍政権支持派の高橋洋一氏や長谷川幸洋氏からですら異論が噴出。ほかにも多くの専門家から、準備期間に乏しい中での対応コストを憂慮する声があがっている。 この問題は当初、産経新聞が火付け役で、6...
»続きを読む
カテゴリー:

養殖ニジマスは「サケ」、中国業界団体が宣言 偽装疑惑受け - 08月19日(日)04:02 

【AFP=時事】ニジマスもサーモンである──。中国で今年、国産「サーモン」の刺し身の多くが実はニジマスであることが国営テレビで暴露され、消費者の信頼を損ねていた国内の養殖業者団体がこのほど、ニジマスをサケの一種と見なす新...
カテゴリー:

ニジマスをサーモン 中国で批判 - 08月18日(土)14:06 

【上海=吉永亜希子】中国で水産物の養殖業者や流通業者でつくる業界団体が、淡水魚のニジマスを「サーモン」と表示して販売できる新たな規定を設けたことに、批判が高まっ...
カテゴリー:

【食】「養殖ニジマスは『サケ』である」中国業界団体、偽装疑惑を受けて“新たな基準”を打ち出す 専門家は一蹴 - 08月17日(金)12:08  newsplus

養殖ニジマスは「サケ」、中国業界団体が宣言 偽装疑惑受け 【AFP=時事】ニジマスもサーモンである──。中国で今年、国産「サーモン」の刺し身の多くが実はニジマスであることが国営テレビで暴露され、消費者の信頼を損ねていた国内の養殖業者団体がこのほど、ニジマスをサケの一種と見なす新たな基準を打ち出した。  信頼を取り戻すための苦肉の策だが、専門家からはニジマスとサケは別の魚だと一蹴されている。 (以下略、続きはソースでご確認下さい) AFPBB News 2018年8月16日 14時9分 http://news.livedoor.com/article/...
»続きを読む
カテゴリー:

【消費者庁】報酬型ネット広告「アフィリエイト」 違反、把握しやすく 消費者庁が対策 - 08月16日(木)15:58  newsplus

消費者庁は、悪質なインターネット広告対策として、成果報酬型のネット広告「アフィリエイト」に着目した新たな取り組みを始めた。 商品の表示に虚偽があるなど、違法広告が判明した企業に対し、これまでは企業のサイトに違反内容を掲示させていた。 これに加え、商品を紹介したアフィリエイトサイトを経由した場合でも違反を消費者が把握できる仕組みにするよう指導している。  アフィリエイトは、主に一般の人々がブログなどで商品の情報を紹介し、閲覧した人がその商品を購入すると、企業から報酬が支払われる仕組み。 近年、利...
»続きを読む
カテゴリー:

【eスポーツ】「遊びレベルのゲームとeスポーツを同列に論じてほしくない」根強い偏見 アジア大会で払拭を★5 - 08月14日(火)12:08  mnewsplus

ジャカルタ・アジア大会に向け、eスポーツ連合(JeSU)の浜村弘一副会長は言葉に力を込める。  「eスポーツに対する偏見を取り除く、いいチャンス。注目度を高めたい」  日本選手の活躍が、関心の低い国内の状況を打開できると期待している。  主に欧米で普及したeスポーツは、ここ数年で急速に世界に広まった。 昨年の春、2022年中国・杭州アジア大会での正式競技に採用が決まると、 7月には国際オリンピック委員会(IOC)などがフォーラムを開いて、eスポーツにスポットを当てた。 24年パリ五輪での採用...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「業界団体」の画像

もっと見る

「業界団体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる