「椎名桔平」とは?

関連ニュース

小泉孝太郎、父と弟を語る「違う次元ですよね」 - 07月18日(水)10:30 

7月17日深夜に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系)に、俳優の小泉孝太郎がゲスト出演。父親である小泉純一郎氏、さらに弟の小泉進次郎衆議院議員について言及する場面があった。 【写真を見る】選挙演説のようにアピールする小泉孝太郎/2018年ザテレビジョン撮影 司会の笑福亭鶴瓶から「元気にしてはるの、お父さん?」と聞かれた孝太郎は、「してますよ、ドラマとかこういうバラエティーとか全部見てくれてます」「今でもエネルギッシュ?」「はい…何かしら燃えてるものがあるんじゃないですか」と近況を報告した。 続けて鶴瓶の関心は弟の進次郎議員について。「(進次郎議員は孝太郎を)どない呼んではんの? 兄ちゃん?」「僕のこと『おにい』って呼びます。弟の友達とかも僕のこと、おにいですね。地元だとおにいと呼ばれますね」と意外な回答が。 「彼(進次郎議員)はちゃんとうまいことしゃべりよんねん。あれ、誰教えてんの?」と鶴瓶は孝太郎に質問。 孝太郎は「教わったりとかじゃないと思いますね。やっぱり小さい頃から父を見てるというのもありますし。いろんな人を見てきた」と説明した。 さらに鶴瓶からは「弟とけんかすることある?」との質問も寄せられた。「もうないです。小学校とか…そういう時(が最後)じゃないですか。今はないですね。 ただ、よくあの苦しい世界でやってるなと思いますけどね。僕らの世界より遊びがないじゃないですか。遊...more
カテゴリー:

仲村トオル主演『ラストチャンス』初回6.1% 「ドラマBiz枠」最高 - 07月17日(火)15:29 

 16日にテレビ東京系で放送されたドラマBiz『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜後10:00)の初回番組平均視聴率で6.1%を獲得。4月に新設された「ドラマBiz」枠で最高のスタートを切った(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、世帯・関東地区)。 【写真】10月期の「ドラマBiz」作品の主演は唐沢寿明  同ドラマは、江上剛氏の同名小説(講談社文庫)が原作。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。とある飲食フランチャイズ企業のCFO(最高財務責任者)として、再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描く。  同局の連続ドラマ初主演の仲村トオルをはじめ、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、町田啓太、勝村政信、本田博太郎、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、竜雷太、水野美紀、長谷川京子などが出演。  初回第1話では、銀行員として順調な人生を送ってきた樫村(仲村)だったが、勤務先が吸収合併されて、状況が一変。主要ポストは合併先に奪われ、カード会社に左遷される。やりがいのない日々に嫌気がさして転職を決めるが、転職先が買収されて無職になってしまう。困り切っている中、ファンド社長の山本(大谷)から、飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)として経営を立て直してほしいと言われるが…。  第2話以降も、樫村...more
カテゴリー:

マーニーやメアリの音楽を手がけた村松崇継が、仲村トオル主演ドラマの主題歌を担当! - 07月16日(月)12:00 

波瑠主演のドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)の音楽担当や、米林宏昌監督の映画「メアリと魔女の花」(2017年)、佐藤健&土屋太鳳W主演映画「8年越しの花嫁」(2017年)など50を超える作品を劇伴作家として活動してきた村松崇継。コンポーザー、ピアニストとしての顔も持つ村松が、今年6月シンガーソングライターとしても始動。シンガーソングライターとして初の書き下ろし楽曲となった「Starting over」は、7月16日(月)スタートの連続ドラマ「ドラマBiz『ラストチャンス 再生請負人』」(テレビ東京系ほか)の主題歌として起用されることに。8月22日(水)には、同曲も収録されたニューアルバム「青き海辺のカタルシス」がリリースされる。 【写真を見る】ドラマ「ラストチャンス」放送スタートに伴い、村松崇継のニューアルバム「青き海辺のカタルシス」のジャケットアートワークが公開/Kevin Bao ■ 仲村トオル主演ドラマを彩る主題歌「Starting over」 経済の今を克明に切り取る作家・江川剛の同名小説をドラマ化した「ラストチャンス 再生請負人」には、主人公・樫村徹夫役の仲村トオルをはじめ、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、勝村政信、本田博太郎、町田啓太、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、池田成志、岩松了、竜雷太、水野美紀、長谷川京子など豪華キャストが集結。 崖っぷ...more
カテゴリー:

7月大会決勝はスーマラ、学天即ら実力派が激突!<お笑い王決定戦2018> - 07月16日(月)06:00 

7月22日(日)放送の「にちようチャップリン」(毎週日曜夜10:00-10:48ほか、テレビ東京系ほか)では、「1年ぶっ通し!お笑い王決定戦2018」7月大会決勝を送る。 【写真を見る】「ちがうか~」のフレーズで知られるものいいがネタ見せ!/(C)テレビ東京 同企画は、総勢168組の芸人が毎月ネタバトルを開催。月末にその月の1位を決定し、年末開催予定のグランドチャンピオン大会で、“お笑い王2018”を決めるビッグプロジェクトだ。 今後のお笑い界を担うであろう、中堅若手芸人が大集合! 彼らが披露する傑作ネタを、笑いにシビアな観客と、特別審査員の井戸田潤&田中卓志が判定する。 今回は3週にわたって行われた7月の予選を勝ち抜いた猛者たちが集結し、チャンピオンに選ばれた1組が、グランドチャンピオン大会に進むこととなる。 見事決勝に進出したのは、第1週から土佐兄弟、ザブングル、第2週からスーパーマラドーナ、ものいい、第3週から学天即、たんぽぽの6組。 若手からベテランまで実力派が勢ぞろいし、混戦が予想される中、優勝を果たすのは一体どの芸人となるのか?(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・ジェジュン、ドン引き! “個性派”峯田和伸が「耳かきをしたい」相手は…【視聴熱TOP3】 ・明石家さんま「よくないと思うで」と真顔に…保田圭離婚の危機? ・椎名桔平、規制が厳しくなるTV業界に物申す「リアリテ...more
カテゴリー:

ハセキョー、共演する町田啓太のかっこよさに「ひゃって言っちゃった」 - 07月13日(金)18:20 

 女優の長谷川京子が13日、都内で開催されたドラマBiz『ラストチャンス 再生請負人』試写会&記者会見に、主演する仲村トオルらと出席した。長谷川は共演の町田啓太との初対面を「かっこよくって。ひゃって言っちゃった」と振り返った。会見には、ほかに椎名桔平、和田正人、大谷亮平、勝村政信、水野美紀が出席した。【写真】『ラストチャンス 再生請負人』試写会&記者会見フォトギャラリー 銀行員だった樫村徹夫(仲村)が、財閥系銀行との合併を機に、大手飲食フランチャイズ会社「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身し、同社の再建に挑む姿を描く本作。「今日は13日の金曜日なんですけど…」と言って共演者を笑わせた仲村は、どのキャラクターの下で働きたいか聞かれると「自分で言うのもなんですけど、樫村ですね」と回答した。 続けて「消去法みたいなもので、皆さんそれぞれそこそこ癖があるので、ずっと一緒にいたいかというとそうでもないかな。でも樫村社長は、ずっと一緒に仕事をしていける人格というか、仕事力のある方だと思う」と理由を説明した。 「デリシャス・フード」の財務部員・佐伯隆一役の和田は、「僕自身も樫村社長(仲村)とこれからもお仕事がしたいと思いました」と言い、「トオルさんはお昼ご飯を食べないんですよ。撮影現場で。全然。飲食業界の社長をやっているにもかかわらず。ですので、僕がそばにいて、おいしいお弁当を...more
カテゴリー:

語学堪能なスレンダー美女・中川知香「役になりきると自分の新たな一面が見えてきます」 - 07月18日(水)10:00 

「台本をいただいたとき、そうそうたるキャストの名前を見て驚いちゃいました」と語るのは、「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)で仲村トオル演じる樫村が新たに働くことになった大手飲食フランチャイズ会社の若手社員・久原佳奈を演じる中川知香。 【写真を見る】清楚なワンピースが映える中川知香/撮影=マルコ・ペルボニ 「難しい経済用語も出てくるので勉強になりましたね。ドラマはビジネスが本軸ですが、それ以外の人間関係に注目して見ても面白いですよ。ちなみに私が演じる佳奈は、仕事はできるとは思うのですが、突然のトラブルには対処する力がなく先輩たちの助けを借りながら頑張っている女の子。現場での自分の立場に似ているなと親近感が湧きました(笑)」 ■ ベテランの演技派俳優が集まる現場は刺激がいっぱい!? 仲村トオル、椎名桔平、勝村政信といった演技派が集まった撮影現場。学ぶことがいっぱいのようで。 「皆さん、私にも話を振ってくださり和気あいあい。真面目なシーンも多いのですが笑いが絶えなくて…。ただ、本番になっていざカメラの前に立つと表情がパッと変わるのには驚きました。最初はついていけず、私だけ顔にスタート前の余韻が残っていたり(笑)。いろいろ学べて刺激があるステキな現場ですね」 2015年のミス・ワールド日本代表に選ばれた経歴の持ち主。昔から女優という職業に憧れていた? 「今のお仕事に就いていること...more
カテゴリー:

役者としての振り幅広げる長谷川京子「できない役はない」 『ラストチャンス』では理想の妻に - 07月16日(月)12:30 

 女優の長谷川京子がテレビ東京系ドラマBiz『ラストチャンス 再生請負人』(16日スタート、毎週月曜 後10:00)で、“理想の妻”を演じている。江上剛氏の同名小説(講談社文庫)が原作。「会社の再生(再建)と人の再生」をテーマに、第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直し、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描く。 【場面写真】仲村トオル、椎名桔平、勝村政信、町田啓太、和田正人らが出演  主人公・樫村徹夫役で主演するのは、俳優の仲村トオル。樫村は、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなどさまざまな業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われる事に。  そんな樫村の妻、明子を演じるのが長谷川。樫村とは職場結婚で2人の子どもがいる設定。銀行合併で先行きが見えない中、転職した夫を心強く支え、いざという時に頼りになるしっかり者。「明子は名前の通り明るく、人の気持ちや空気を読める、私が男性だったら妻にしたいと思う最高の女性だと思います」と話す。  2児の母でもある長谷川と明子には、共通点も多そうだが、首を大きく横に振った。「明子は家庭円満であるためにどうす...more
カテゴリー:

今夜スタート『ラストチャンス』、仲村トオルが企業の再生に挑む - 07月16日(月)11:50 

 俳優の仲村トオルが主演を務めるドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系/毎週月曜22時)が今夜からスタート。第1話ではアラフィフ銀行マンが企業再建の道へ歩み出す姿が描かれる。【写真】ドラマBiz『ラストチャンス~再生請負人~』第1話場面写真 作家・江上剛の同名小説を原作にした本作のテーマは“会社の再生(再建)と人の再生”。第一線で活躍していた銀行マンの樫村徹夫(仲村)が、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直し、異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描き出す。 ちとせ銀行で投資銀行部次長を務める樫村徹夫は、格上の菱光銀行による吸収合併を知らされる。多くの行員が淘汰されていく中、樫村の同期・宮内亮(椎名桔平)もちとせ銀行を去ることに。東大出身のエリート行員だった宮内は出世が絶たれたことで退職を決意し、経営コンサルタントの会社を立ち上げるという。 宮内の送迎会の帰り道、ひょんなことから樫村は、占い師(ミッキー・カーチス)に手相を見てもらう。占い師は樫村に「人生、七味とうがらし」と一言。七味とうがらしとは、人生の味付けをするのに必要な“うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ”のことを意味し、占い師は続けて「これからは七味とうがらしをたっぷりきかせた、味に深みのある人生になる」と樫村に予言するのだった。 その後、樫村は出向先の子会社で勤める...more
カテゴリー:

吉川晃司、一言も発さない主人公に「見ている方に想像していただくことが大切」 - 07月14日(土)06:00 

吉川晃司主演の「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」が、7月22日(日)より始まる(毎週日曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム※第1話は無料放送)。 【写真を見る】一言もしゃべらないという難役のオファーに、吉川晃司は「僕は、石橋を壊して泳ぎたい人間なので」と引き受けた理由を話す/カメラ=外山繁/ヘアメーク=MAKOTO(juice)/スタイリスト=黒田領 直木賞作家・浅田次郎の同名小説をドラマ化した本作。江戸城不戦開城を舞台に、一切口をきかず江戸城内へ居座り続ける御書院番士・的矢六兵衛(吉川)と彼を排除するよう命令された名もなき下級藩士・加倉井隼人(上地雄輔)との熱き友情が描かれる。 今回、一言もしゃべらない人物という難しい役どころに挑戦した吉川にインタビュー。役作りの難しさや共演者とのエピソードについて聞いた。 ■ 六兵衛は、一言で言えばクールな男 ――この作品のオファーを受けた時、どんなお気持ちでしたか? 原作を読ませてもらい、面白い本だなというのが最初の感想でした。主人公がひと言も発することなく、それでいて“武士道とはなんたるか”を説いている。この設定を思いつかれた浅田さんが素晴らしいですよね。 ただ、これを映像化するというのは、パンドラの箱を開けることに近いなと懸念していました。「主人公がしゃべらない」って普通に考えたらリスクの高いことですよね。でも僕は、石橋を壊して泳...more
カテゴリー:

仲村トオル「ラストチャンス」はW杯でベルギー戦に臨む日本代表のよう - 07月13日(金)15:34 

7月13日に、テレビ東京系ほかで放送されるドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」の会見が行われ、出演する仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、町田啓太、勝村政信、水野美紀、長谷川京子が登壇した。 【写真を見る】“社長会見”風に登場した仲村トオル 同ドラマは、「会社の再生(再建)と人の再生」をテーマに、第一線で活躍していた銀行マン・樫村(仲村)が、長年勤めた銀行の合併を機に転職し、異業界で会社再建に奮闘する姿を波乱万丈に描く。 人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を次々に浴び、もがき苦しみながらも、会社の再建に力を注ぎ、皆を引っ張っていく主人公の姿が、多くの方に勇気を与えるドラマとなっている。 主演を務める仲村トオルは、作品について「家族や子供にも親の頑張りが伝わるような、あらゆる世代が楽しめるものになっています。頑張っている人のエールになればいいなと思います。 聞いていなかった、知らなかった会社の暗い部分が次々と出てくるんですが、それは弱気になると言うよりは、W杯でベルギー戦に臨む日本代表のような…そんな勇ましい展開が次から次へと繰り広げられます。 初回からファーストピンチ、セカンドピンチ…という所も見どころです」とコメント。 ■ 「ラストチャンス」の現場の雰囲気とは また、現場の雰囲気について、椎名桔平は「ムードメーカーは勝村さん」と明か...more
カテゴリー:

もっと見る

「椎名桔平」の画像

もっと見る

「椎名桔平」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる