「森田正光」とは?

関連ニュース

【鬼滅の刃】無限列車編の死闘は大正5年11月19日で「今日の夜中?」 気象予報士の森田氏が特定した日付にネット民震える #はと - 11月18日(水)16:20  mnewsplus

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/201118/lif20111812350009-n1.html 2020.11.18 気象解説者、気象予報士でウェザーマップ会長でもある森田正光氏がYahoo!ニュースに寄稿し、18日に掲載された「『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19日の未明か 『月齢23』からの考察」と題する記事が話題を呼び、「月齢23」「森田正光」など関連ワードがツイッタートレンド上位に複数ランクインしている。 記事では、「劇場版『鬼滅の刃」無限列車編」を鑑賞した森田氏が、「上弦」「下弦」と月の形が物語に登場する...
»続きを読む
カテゴリー:

気象庁が動植物観測を大幅減。動物観測は廃止へ。気象業務法の精神に違反するのではないかと批判も - 11月13日(金)17:03 

気象庁は10日、全国の気象台や測候所の58地点で行ってきた植物の開花や動物の初鳴き等を観測を減らしていく方針を発表した(気象庁[PDF]、NHK)。 現在は植物が34種目、動物では23種目が観測対象となっているが、これを2021年の1月から6種目9現象に減らすとしている。動物観測に関しては完全に廃止ということになる。減少の理由としては、気象台・測候所周辺の生物の生態環境が変化しているため。従来の調査対象物を見つけることが困難になっているためだとしている。 1月から観測される6種目9現象に関しては以下の通り。 あじさいの開花いちょうの黄葉・落葉うめの開花かえでの紅葉・落葉さくらの開花・満開すすきの開花 気象予報士でウェザーマップ会長の森田正光氏は、長期的な気候の変動を把握するのにも必要な生物季節観測を減少、動物観測に関しては廃止という気象庁の方針に対して、観測困難なものもあるのは理解しつつも、予報よりも観測を重要視する気象業務法の精神に違反するのではないかと強く批判している(Yahoo!ニュース(森田正光) - 個人 -)。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | サイエンス | 関連ストーリー: 気象庁が28日から異常潮位の予測情報を提供。表層水温・海流実況図のデータも詳...more
カテゴリー:

鬼滅の死闘場面は「今日の夜中?」 気象予報士の森田氏が特定した日付にネット民震える - 11月18日(水)12:35 

気象解説者、気象予報士でウェザーマップ会長でもある森田正光氏がYahoo!ニュースに寄稿し、18日に掲載された「『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19…
カテゴリー:

【季節】ウグイス初鳴きも、タンポポ開花も…気象庁の観測「大リストラ」に「乱暴だ」と批判の声。防災にシフトする気象庁、人員不足も - 11月13日(金)14:45  newsplus

https://www.tokyo-np.co.jp/article/68173 地球温暖化など長期的な気候変動の貴重な指標となり、季節の便りとしても親しまれてきた「生物季節観測」を、 気象庁が今年いっぱいで大幅縮小する計画が物議を醸している。セミの初鳴き、カエルの初見しょけんなど 動物の観測を全廃し、タンポポの開花など植物の大部分も廃止。 残すのは桜の開花、カエデの紅葉など植物の一部だけという大リストラ方針に、気象予報士からは 「乱暴ではないか」と批判が出ている。 ◆気象予報士・森田さんも「やりすぎでしょう」   気象庁は観測削減...
»続きを読む
カテゴリー:

「森田正光」の画像

もっと見る

「森田正光」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる