「森永悠希」とは?

関連ニュース

真野恵里菜「幸せに感じられる作品」主演映画がドイツの映画祭へ出展決定 - 05月16日(水)14:08 

真野恵里菜が主演を務める映画「青の帰り道」(洋題:We are)が、5月29日(火)から6月3日(日)までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される日本映画祭「第18回ニッポン・コネクション」に出展することが決定した。出演者を代表し、横浜流星が藤井道人監督と共にワールドプレミアで舞台あいさつを行う。 【写真を見る】撮影中断を乗り越え、公開を迎える映画「青の帰り道」への思いをInstagramにつづった真野恵里菜 「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目となる今回は「ニッポン・シネマ」「ニッポン・ヴィジョンズ」「ニッポン・アニメーション」「ニッポン・レトロ」「ニッポン・キッズ」「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画の上映を予定。 「ニッポン・シネマ」部門へは、本作品の他、「孤狼の血」「空飛ぶタイヤ」「三度目の殺人」などの作品の出展が決定している。 前回の「ニッポン・コネクション」では、西川美和監督作品「永い言い訳」(2016年)がニッポン・シネマ賞 Nippon Cinema Award 2017を受賞した。 同映画祭は、上記の映画部門の他、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの一つと言われる。 「ニ...more
カテゴリー:

あの事件で撮影中止の「青の帰り道」 監督&プロデューサーが語る、完成までの道のり - 05月15日(火)06:00 

 真野恵里菜が主演した青春映画「青の帰り道」が、紆余曲折を経て完成した。2016年8月、世間の話題をさらうこととなった高畑裕太の引き起こした“事件”により、撮影中止を余儀なくされた作品だ。あれから約2年。スタッフ・キャストが交わした「絶対に撮り直す」という約束が結実し、17年夏の再撮影を無事に終え、ついに今冬に公開を迎える。メガホンをとった藤井道人監督と、同監督を大学時代から知る伊藤主税プロデューサーが映画.comの取材に応じ、悲願成就に至る道のりを語った。  物語は群馬・前橋と東京を舞台にした、7人の若者たちの青春群像劇。地元に残った者、夢を追って上京した者、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ進み、それぞれの人生が交錯する夏を描いた。山田孝之プロデュースの映画「デイアンドナイト」の公開を控える新鋭・藤井監督が手がけ、キャストには真野のほか清水くるみ、横浜流星、森永悠希、秋月三佳、冨田佳輔ら、瑞々しい魅力を放つ若手注目株が共演していた。  16年8月に前橋を中心にロケが行われていたが、同23日に事件は起きた。出演者の高畑がホテルの女性従業員に性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑で逮捕。後に示談が成立し不起訴処分となったものの、事件発生後1週間以内に撮影中止が決まった。その時点で、すでに全体の7割ほどを撮り終えたタイミングだった。  藤井監督は「報道があったときから、家から...more
カテゴリー:

白石麻衣をおんぶする山田孝之が「うらやましい」『やれたかも委員会』 - 05月16日(水)06:30 

 乃木坂46の白石麻衣、俳優の佐藤二朗、山田孝之が出演するドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第4話が放送され、白石をおんぶする山田の姿に「羨(うらや)ましい」と反響があった。また、山田の白石のおんぶの仕方について、「まいやんの足持ってない」「紳士的」との声が寄せられた。【写真】山田孝之が持たなかった白石麻衣の足 第4話は都内の不動産屋で働く長谷部(森永悠希)の“やれたかもエピソード”を委員会メンバー(佐藤、白石、山田)が検証。長谷部はある日、ネット掲示板で知り合ったミニスカ姿が可愛いヒロミ(武田玲奈)と飲みに行き、意気投合する。二人は朝までカラオケで過ごし、酔ったヒロミを長谷部がおんぶして歩くことに。すると突然ヒロミが「お米買わなきゃ」とコンビニを指差した…。 委員会ではおんぶと、ヒロミの「お米買わなきゃ」発言の検証へ。白石演じる月綾子を佐藤扮する能島譲とオアシス役の山田がおんぶすることに。これには視聴者から「二朗さん、山田くんおんぶ羨ましい」「まいやんをおんぶするとか羨ましすぎるな まぁこの二人なら許せるからすごい」「前世にどんな徳を積めば白石麻衣さんをおんぶできるのだろうか…」などの声が殺到した。 特に山田のおんぶについて「ちゃんとまいやんの足持ってない」「山田さん、おんぶの持ち方がすんばらしいわ」「山田孝之の紳士的なおん...more
カテゴリー:

真野恵里菜主演「青の帰り道」ついに完成!スタッフ・キャストの思い結実、今冬公開へ - 05月15日(火)06:00 

 真野恵里菜が主演した青春映画「青の帰り道」が完成し、今冬に公開されることがわかった。2016年8月に群馬・前橋でロケが行われていたが、出演者・高畑裕太の逮捕を受け撮影中止になっていた今作。真野は「皆さんに見ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています」と感激の胸中を明かし、メガホンをとった藤井道人監督は「この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで『青の帰り道』は完成しました」と万感の思いを語った。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  物語は、前橋と東京を舞台にした7人の若者たちの青春群像劇。地元に残った者、夢を追って上京した者、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ進んでいく、それぞれの人生が交錯する姿を描いた。山田孝之プロデュースの映画「デイアンドナイト」の公開を控える新鋭・藤井監督が手がけ、キャストには真野のほか清水くるみ、横浜流星、森永悠希、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満らが結集した。  高畑の代役として、若手人気俳優・戸塚純貴が参加。事件が起きた約1年後の17年8月4日に撮影が再開し、同13日にオールアップを迎えていた。悲願の完成にこぎつけた藤井監督は、「時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないか...more
カテゴリー:

「森永悠希」の画像

もっと見る

「森永悠希」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる