「桃園線」とは?

関連ニュース

ピーチ、「桃花火SALE」開催 国内・国際線が1,990円から - 07月20日(金)20:49 

ピーチ(Peach)は、国内・国際線が片道1,990円からとなる「桃花火SALE」を7月21日午前0時から開催する。 設定路線と「シンプルピーチプロモ」の片道運賃は、国内線は大阪/関西~松山・福岡線と仙台~札幌/千歳線は1,990円から、大阪/関西~宮崎・鹿児島線と福岡~沖縄/那覇線は2,290円から、大阪/関西~仙台・長崎線は2,490円から、大阪/関西~新潟線は2,690円から、大阪/関西~東京/成田線は3,290円から、大阪/関西~沖縄/那覇線は3,490円から、大阪/関西〜釧路線は3,790円から、東京/成田~福岡線は4,490円から、大阪/関西〜石垣線は4,990円から。 国際線は大阪/関西~釜山線は1,990円から、大阪/関西・沖縄/那覇~ソウル/仁川線と沖縄/那覇~高雄線は3,490円から、沖縄/那覇~台北/桃園線は3,590円から、大阪/関西~香港線は3,690円から、大阪/関西~台北/桃園線が3,990円から、大阪/関西~高雄線は4,490円から、大阪/関西〜上海/浦東線と東京/羽田~ソウル/仁川線が4,590円から、仙台~台北/桃園線は4,790円から、沖縄/那覇~バンコク/スワンナプーム線とは4,990円から。 いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。搭乗期間は7月31日から12月21日までで、路線により異なる。販売期間は7月24日午後...more
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、冬ダイヤの台湾行きセール 片道4,700円から - 07月18日(水)18:00 

タイガーエア・台湾は、冬スケジュール期間中の航空券の販売開始を記念した「先取りSALE」第2弾を、7月19日午前11時から20日まで開催する。 対象路線と各片道運賃は、岡山~台北/桃園線が4,700円から、名古屋/中部・大阪/関西~台北/桃園線と大阪/関西~高雄線が5,100円から、函館~台北/桃園線が6,300円から、旭川~台北/桃園線が9,000円から。 いずれも空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は10月28日から2019年3月30日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了する。セール期間中はクレジットカード払いのみ受け付ける。 ⇒詳細はこちら 投稿 タイガーエア・台湾、冬ダイヤの台湾行きセール 片道4,700円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

キャセイパシフィック航空、7月17日の大阪/関西〜香港線にエアバスA350-1000型機投入 商業運航として日本初飛来 - 07月14日(土)15:00 

キャセイパシフィック航空は、7月17日、大阪/関西〜香港線の1便にエアバスA350-1000型機を投入する。 キャセイパシフィック航空は、エアバスA350-1000型機を6月にフランス・トゥールーズで受領し、7月1日の香港〜台北/桃園線より商業運航を開始した。商業運航として、エアバスA350-1000型機の日本への飛来は初めてとなる。今冬スケジュールから、マドリード、テルアビブ、アムステルダム、マンチェスター、チューリッヒにも就航する。 客室にはビジネスクラスを「1-2-1」配列で46席、プレミアムエコノミークラスを「2-4-2」配列で32席、エコノミークラスを「3-3-3」配列で256席の計334席、機内Wi-Fiを備える。キャセイパシフィック航空が保有するエアバスA350-900型機より、座席数は54席多い。2021年までに20機が引き渡される予定としている。 ■ダイヤ CX594 香港(08:00)〜大阪/関西(12:55) CX595 大阪/関西(19:10)〜香港(22:10) ⇒詳細はこちら 投稿 キャセイパシフィック航空、7月17日の大阪/関西〜香港線にエアバスA350-1000型機投入 商業運航として日本初飛来 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え - 07月13日(金)16:56 

茨城空港は、7月13日から国際線ロビーの増築工事を行う。 国際線の新規就航・増便を見据え、利用者の待合スペースなどを確保するため。工事に伴い、期間中は路線バスの1番乗り場が変更となり、コンビニエンスストア「ブルースカイ・サンクススカイ」付近に仮設のバス乗り場を設置する。また、通行できなくなる箇所が一部発生する場合がある。工事期間は10月下旬までを予定している。 茨城空港には、タイガーエア・台湾が3月26日から10月25日まで台湾/桃園線のプログラムチャーター便を就航させているほか、イースター航空が7月31日からソウル/仁川線の定期便を就航させる。 投稿 茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、秋冬の台湾行きでセール 片道3,800円から - 07月12日(木)20:16 

タイガーエア・台湾は、冬スケジュール期間中の航空券の販売開始を記念した「先取りSALE」第1弾を、7月16日午前11時から17日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、沖縄/那覇~台北/桃園・高雄線は3,800円から、福岡〜高雄線は4,300円から、福岡〜台北/桃園線は4,700円から、東京/羽田・東京/成田〜台北/桃園線と東京/成田〜高雄線は5,100円から。 いずれも空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は10月28日から2019年3月30日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了する。セール期間中はクレジットカード払いのみ受け付ける。 ⇒詳細はこちら 投稿 タイガーエア・台湾、秋冬の台湾行きでセール 片道3,800円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

スターフライヤー、福岡〜台北/桃園線の就航断念 発着枠獲得できず - 07月20日(金)10:23 

スターフライヤーは、国際線の就航路線を見直し、福岡〜台北/桃園線の就航を断念すると発表した。 混雑空港に指定されている福岡空港の発着枠が獲得できず、計画するダイヤを実現する発着枠の獲得調整が非常に困難な状況となったとしている。 これにより国際線は、名古屋/中部・北九州〜台北/桃園線の2路線に10月28日より就航することになる。スケジュールは調整中。販売開始時期は当局との調整・認可により決定されるため、現時点では未定。決定次第発表する。 2019年夏スケジュールでは、混雑空港の発着枠は改めて調整となるため、ダイヤは、今後見直しとなる場合がある。 ■ダイヤ 台北/桃園(11:30~11:50頃)〜北九州(14:45~15:05頃) 北九州(16:25~16:55頃)〜台北/桃園(18:10~18:40頃) 名古屋/中部(08:10~08:30頃)〜台北/桃園(10:40~11:00頃) 台北/桃園(19:10~19:40頃)〜名古屋/中部(22:50~23:20頃) ⇒詳細はこちら 投稿 スターフライヤー、福岡〜台北/桃園線の就航断念 発着枠獲得できず は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

キャセイパシフィック航空、7月17日の大阪/関西〜香港線にエアバスA350-1000型機投入 商業運航として日本初飛来 - 07月14日(土)15:00 

キャセイパシフィック航空は、7月17日、大阪/関西〜香港線の1便にエアバスA350-1000型機を投入する。 キャセイパシフィック航空は、エアバスA350-1000型機を6月にフランス・トゥールーズで受領し、7月1日の香港〜台北/桃園線より商業運航を開始した。商業運航として、エアバスA350-1000型機の日本への飛来は初めてとなる。今冬スケジュールから、マドリード、テルアビブ、アムステルダム、マンチェスター、チューリッヒにも就航する。 客室にはビジネスクラスを「1-2-1」配列で46席、プレミアムエコノミークラスを「2-4-2」配列で32席、エコノミークラスを「3-3-3」配列で256席の計334席、機内Wi-Fiを備える。キャセイパシフィック航空が保有するエアバスA350-900型機より、座席数は54席多い。2021年までに20機が引き渡される予定としている。 ■ダイヤ CX594 香港(08:00)〜大阪/関西(12:55) CX595 大阪/関西(19:10)〜香港(22:10) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

茨城空港、国際線ロビー増築へ 新規就航・増便見据え - 07月13日(金)16:56 

茨城空港は、7月13日から国際線ロビーの増築工事を行う。 国際線の新規就航・増便を見据え、利用者の待合スペースなどを確保するため。工事に伴い、期間中は路線バスの1番乗り場が変更となり、コンビニエンスストア「ブルースカイ・サンクススカイ」付近に仮設のバス乗り場を設置する。また、通行できなくなる箇所が一部発生する場合がある。工事期間は10月下旬までを予定している。 茨城空港には、タイガーエア・台湾が3月26日から10月25日まで台湾/桃園線のプログラムチャーター便を就航させているほか、イースター航空が7月31日からソウル/仁川線の定期便を就航させる。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、秋冬の台湾行きでセール 片道3,800円から - 07月12日(木)20:16 

タイガーエア・台湾は、冬スケジュール期間中の航空券の販売開始を記念した「先取りSALE」第1弾を、7月16日午前11時から17日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、沖縄/那覇~台北/桃園・高雄線は3,800円から、福岡〜高雄線は4,300円から、福岡〜台北/桃園線は4,700円から、東京/羽田・東京/成田〜台北/桃園線と東京/成田〜高雄線は5,100円から。 いずれも空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は10月28日から2019年3月30日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了する。セール期間中はクレジットカード払いのみ受け付ける。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター、国際線でセール 台北・上海・香港・クラークへ片道4,000円台 - 07月12日(木)18:58 

ジェットスターは、国際線で「Super Star Sale」を7月13日午後6時から17日午後6時まで開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田・大阪/関西〜台北/桃園線と東京/成田〜上海/浦東線は4,490円から、東京/成田・大阪/関西〜香港線と大阪/関西〜クラーク線は4,990円から、大阪/関西〜マニラ・ハノイ・ダナン線は5,990円から、東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線は18,890円から、東京/成田・大阪/関西〜ゴールドコースト線は20,990円から。燃油サーチャージなし、諸税別。 搭乗期間は、アジア路線は8月30日から2019年1月24日まで、オーストラリア路線は8月20日から2019年3月21日までで、路線によって異なっている。アジア路線は12月14日から2019年1月7日、オーストラリア路線は12月20日から2019年1月14日はセール対象外となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「桃園線」の画像

もっと見る

「桃園線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる