「桂文珍」とは?

関連ニュース

上方落語の大御所、桂文珍 関東で存在感 2月以降相次ぎ独演会 - 01月06日(月)18:03 

 上方落語の大御所、桂(かつら)文珍(ぶんちん)(71)が関東でも存在感を増している。上方落語では、かつて人間国宝の桂米朝(べいちょう)や桂枝雀(しじゃく)(ともに故人)らが全国区の人気を誇ったが、今や文珍が代表格のひとり。2月以降、関東での独演会が続く。
カテゴリー:

五輪イヤーに「おしゃべりアスリート」宣言 国立劇場で20日間の独演会に挑む桂文珍さん - 01月02日(木)10:00 

 オリンピックイヤーの2020年、「スポーツ選手だけがアスリートではない!」とばかりに立ち上がった上方落語の大看板がいる。桂文珍、71歳。芸歴50年を超えた大ベテランが「おしゃべりのアスリート」を宣言して挑むのは、東京・国立劇場での前人未到の「20日間独演会」(2月28日~3月8日、3月15~24日
カテゴリー:

「桂文珍」の画像

もっと見る

「桂文珍」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる