「核実験」とは?

関連ニュース

断たれたのは金正恩の逃げ道。米朝会談は「トランプ大勝利」で確定 - 06月19日(火)04:30 

署名された共同声明に何の具体性もなく、「北朝鮮の勝利」との報道も目立つ米朝首脳会談。しかし、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは「トランプ大勝利」と言って憚りません。その論拠はどこにあるのでしょうか。北野さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』に、そう判断するに至った理由を記しています。 なぜ米朝会談は、【トランプ大勝利】なのか??? 米朝首脳会談について、ダイヤモンドオンラインさんに記事を書きました。 ● 米朝首脳会談、「具体性なし」でも評価すべき理由 この記事で私は、「米朝首脳会談大成功」と書いたのです。そしたら、たくさんの読者さんからメールが届きました。多くの内容は、「北野さん、皆『大失敗』だったといってますよ。成功したという北野さんは、『超少数派』です!」というもの。 私はしばらく、「まあ、失敗したか、成功したかなんて、ある面『主観的問題』だしな」と思い、コメントしないでいました。 「主観的」とは、どういうことでしょうか? この件については、「客観的」つまり「事実」があります。トランプと金が、12日にシンガポールであった。共同声明に署名した。そこには、4つの項目が記されていた。これらは、「客観的事実」です。 一方、これらの事実を、「どう解釈するか」は、「主観的問題」です。実際、トランプや金は、「大成功だった」といい、世界の多くのマスコミは、「大失敗だった」とい...more
カテゴリー:

【米朝会談】北朝鮮、米大統領娘婿クシュナー氏に接触図る 首脳会談実現へ - 06月18日(月)18:10  newsplus

https://this.kiji.is/381366937461998689 北朝鮮、米大統領娘婿に接触図る 首脳会談実現へ 2018/6/18 18:00 ©一般社団法人共同通信社  【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は17日、北朝鮮が昨年夏、史上初の米朝首脳会談の可能性を探るため、シンガポール在住の米国人投資家を通じトランプ大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問に接触を図っていたと報じた。今月12日の首脳会談の実現につながる一要素になったという。  トランプ氏の判断に強い影響力を持つとされるクシュナー氏の影の役割が改めて浮き...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】金正恩氏は、米国人を解放。さらに米朝首脳会談を控える中で核実験場を爆破するなど、非核化に取り組む姿勢を示した - 06月17日(日)07:58  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000005-asahi-int  中国・大連で5月上旬に開かれた中朝首脳会談で、中国の習近平(シーチンピン)国家主席が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、米韓合同軍事演習の中止を米国側に求めるよう促していたことが分かった。中国外交筋が明らかにした。今月12日の米朝首脳会談の場で、トランプ米大統領は正恩氏の要求に理解を示したとされ、中国の思惑が反映された形だ。  中国外交筋によると、大連会談の席上、正恩氏は北朝鮮が拘束していた牧師など3人の米...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】米朝会談、すべてが勝者中国の思惑通り-日韓は当惑、何も得られず - 06月15日(金)10:14  newsplus

※たまたまスレです ・中国が提唱してきた「双暫停」モデルに沿った展開 ・金委員長は拉致問題に言及せず-演習停止発言の意図把握中と韓国 得点を挙げたのは、米国と張り合う中国。米国の友人である日本と韓国に恩恵はなかった。 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談で最大の勝者となったのは、金氏自身を除けば紛れもなく習近平国家主席率いる中国だ。トランプ氏がここへきて開始したプロセスを、習主席は以前から提唱してきた。 12日のシンガポールでの首脳会談でトランプ大統領は、期限を設定せずに交渉...
»続きを読む
カテゴリー:

正恩氏、外交成果=非核化譲らず会談実現 - 06月12日(火)21:27 

 【シンガポール時事】史上初の米朝首脳会談では、焦点だった北朝鮮の「完全な非核化」への道筋は示されなかった。金正恩朝鮮労働党委員長は、悲願だった「体制保証」の具体的な確約こそ得られなかったものの、対等な立場で米国とのトップ会談を成し遂げ、大きな外交成果を勝ち取ったと言える。 「共に巨大な事業を始める決心はついている」。正恩氏はトランプ氏との会談でこう強調。しかし、自らの口で「非核化」や「核放棄」の言葉を発することはなく、非核化問題では譲歩しなかった。 それでも、トランプ氏は正恩氏がミサイルエンジンの試験場破壊を表明した点を「大変なことだ」と評価した。だが、正恩氏は過去に核戦力や、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの各種ミサイルの完成を何度も公言し、「ミサイルの試射は必要ない」とも述べている。核実験場爆破と同様、非核化の取り組みとしては不十分と言える。 一方、正恩氏は中国・大連に続いて、空路では2度目となる外遊をシンガポールで果たし、世界の注目を集めた。韓国の専門家が「(米朝会談の)主人公は正恩氏だ」と予想したように、各国メディアは夜のシンガポール観光など、正恩氏の一挙手一投足を報道。「隠者の国」と呼ばれる北朝鮮の存在感を一気に高めた。 今回の会談で超大国の米国との関係が改善したと判断し、北朝鮮への圧力を強めていた国々が態度を軟化させる可能性もある。実際、中国外務省当局者は12日、対...more
カテゴリー:

【左翼脳】安倍ぴょん「人工地震、やれ」 地震「はい…」 - 06月18日(月)19:11  news

栗栖 日那子 @hinahina5685 + また地震です。自然現象としては明らかにおかしい。歪みのエネルギーがこんなに蓄積するわけがない。安倍晋三が総裁選を有利にする為に自衛隊に地震兵器を使用させていると考えるのが一番納得のいく考え方だと思います。 #地震 #安倍3選阻止行動 2018/06/18 09:48:16 http://9ch.net/9T @kanke20108489 今回の地震にp波がない事が分かりますよね。自然現象だとP波がありますが、人工地震(核兵器の地中爆破)などではP波がありません。 今回はP波がない=人工地震 本物黒酒 @honest_kuroki ...
»続きを読む
カテゴリー:

「最後は日朝交渉で日本が責任負うべき」自民・岸田氏 - 06月17日(日)14:34  liveplus

「最後は日朝交渉で日本が責任負うべき」自民・岸田氏 岸田文雄・自民党政調会長(発言録)  北朝鮮問題は去年までの動きと今年の動き、本当にがらっと雰囲気が変わった。金正恩(キムジョンウン)委員長は昨年まで核実験を4回行い、55発の弾道ミサイルを発射したが、今年は急にほほえみ外交、首脳外交を展開している。対話を通じて核、ミサイル、拉致といった問題が具体的に解決することを期待したいが、まだ予断は許さない。始まったばかりだということを肝に銘じなければならない。  米朝首脳会談で非核化が明らかになった...
»続きを読む
カテゴリー:

「最後は日朝交渉で日本が責任負うべき」自民・岸田氏 - 06月16日(土)16:02 

 ■岸田文雄・自民党政調会長(発言録) 北朝鮮問題は去年までの動きと今年の動き、本当にがらっと雰囲気が変わった。金正恩(キムジョンウン)委員長は昨年まで核実験を4回行い、55発の弾道ミサイルを発射した…
カテゴリー:

トランプ氏「脅威もうない」=米朝融和で非核化置き去りも-国際包囲網に緩みか - 06月13日(水)20:20 

 【シンガポール時事】トランプ米大統領は13日、シンガポールで12日行われた史上初の米朝首脳会談について、ツイッターで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との良好な関係を築き「北朝鮮の核の脅威はもはやない」と成果を強調した。だが、融和ムードだけが先行し、最大の焦点だった非核化が置き去りになる懸念もある。 トランプ氏は帰国直後に「オバマ前大統領は、北朝鮮が米国の最大かつ最も危険な問題だと言ったが、もはや違う」ともツイートし、首脳会談の結果を自画自賛した。ベーダー元国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は、トランプ氏の会談成果として、朝鮮半島での戦争危機の低下や、核・ミサイル実験の停止などを挙げ、朝鮮半島の平和維持という点で一定の評価を与える。 だが、共同声明では「朝鮮半島の完全な非核化」を確認したものの「米国の受け入れられる唯一の結果」(ポンペオ国務長官)とされた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」は盛り込まれなかった。検証方法や期限などを詰められるかは、来週以降、北朝鮮側との協議を行うポンペオ氏の外交努力に懸かっている。 トランプ氏は、核・ミサイル実験凍結や核実験場閉鎖を成果と誇示し「進展があった」と主張しているが、既に保有する核兵器の廃棄が議論されないまま融和ムードが広がれば、北朝鮮を核保有国として事実上認めることにつながりかねない。 一方、北朝鮮が求めてきた体制保証...more
カテゴリー:

「不安消えた」「大きな一歩」=被爆者ら喜びと期待-米朝首脳会談 - 06月12日(火)20:34 

 米朝首脳会談で、共同声明に「朝鮮半島の完全な非核化」が盛り込まれたことを受け、広島、長崎の被爆者からは12日、喜びとともに核廃絶に向けた進展を期待する声が上がった。 広島県朝鮮人被爆者協議会の金鎮湖理事長(72)は「昨年末にあった『また朝鮮で戦争が起こるのではないか』という不安が、きれいに清算された。本当に素晴らしいことで、うれしい気持ち」と歓喜した。 金さんは、母親が妊娠中に被爆した「胎内被爆者」。広島と長崎の悲劇を繰り返してはならないと強調し、「朝鮮半島の非核化が実現すれば、全世界の核兵器廃絶に大きなインパクトを与えるのではないか」と期待した。 また、南北統一は全ての朝鮮民族の願いだとし、「きょうの会談で、板門店宣言に盛り込まれた朝鮮半島の平和構築や非核化がものすごいスピードで実現するのではないかとの希望が高まった」と話した。 長崎市の被爆者で、1974年から核実験が実施されるたびに座り込みをして抗議してきた市民団体代表の山川剛さん(81)は「昨年は米朝首脳が握手するような場面は想像できなかった。核兵器のない世界に向けた大きな一歩だ」と評価。「一抹の不安は残るが、非核化に向けて大枠で合意したことは成功だと思う」と語った。 座り込みは、昨年9月の北朝鮮による6回目の核実験で402回に達した。山川さんは「403回目はしたくない。きょうの会談をきっかけに、もう座り込みをしないで済む...more
カテゴリー:

もっと見る

「核実験」の画像

もっと見る

「核実験」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる