「栗原類」とは?

関連ニュース

“映画愛”溢れるドラマ『ルパンの娘』、音楽にも隠.. - 09月19日(木)08:11 

“映画愛”溢れるドラマ『ルパンの娘』、音楽にも隠されている大胆パロディ #フジ #ドラマ #ルパンの娘 #深田恭子 #瀬戸康史 #渡部篤郎 #小沢真珠 #栗原類 #どんぐり @koji_seto0518 @lupin_no_musume
カテゴリー:

イジリー岡田、高速ベロは封印!?深田恭子主演『ルパンの娘』で人生初アクション - 09月05日(木)16:26 

イジリー岡田が、9月12日に放送される深田恭子主演の木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~※この日は15分拡大SP)の第9話にゲスト出演する。本作は、横関大の同名小説を原作に、泥棒一家の娘である三雲華(深田)と、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。華は図書館司書として働いているが、実は泥棒一家“Lの一族”の娘。家業を継ぐことを拒んでいるが、警察として窮地に陥ってしまう和馬を救うため葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。その際に華は“泥棒スーツ”を着用するが、体にぴったりフィットするデザインが「セクシーすぎる」と話題を集めている。岡田が演じるのは、飲食店で働く女性につきまとった結果、出禁になり、その腹いせに悪事をたくらむ男・戸口秋彦。秋彦は、格闘術“ジークンドー”を得意とし、同じように女性とのトラブルがある多田野冬彦、三枝夏彦と結託して、それぞれの標的の女性を連れ去り事件を起こす。捜査一課へ異動した和馬は、その犯人を追っていたが、その事件に華も巻き込まれてしまう……。華は、3人組の魔の手から逃れられるのか? そして、華と和馬の恋の行方は一体どうなってしまうのか!?岡田のフジテレビドラマ出演は、『地デジカ家族 完全版』(2010年)以来、およそ9年半ぶり。深田とは、深田主演のドラマ『ダメな私に恋してくださ...more
カテゴリー:

柄本時生、“恋敵”瀬戸康史に「笑っちゃいました(笑)」麿赤兒の高校時代演じる『ルパンの娘』第10話 - 09月12日(木)17:33 

柄本時生が、深田恭子主演の木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第10話(9月19日放送)のゲストとして出演することがわかった。本作は、横関大の同名小説を原作に、泥棒一家の娘である三雲華(深田)と、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。華は図書館司書として働いているが、実は泥棒一家“Lの一族”の娘。家業を継ぐことを拒んでいるが、警察として窮地に陥ってしまう和馬を救うため葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。その際に華は“泥棒スーツ”を着用するが、体にぴったりフィットするデザインが「セクシーすぎる」と話題を集めている。柄本が演じるのは、華の祖父・三雲巌(麿赤兒)の若かりし頃。また、その時代の華の祖母・三雲マツ(どんぐり)を深田、和馬の祖父・桜庭和一(藤岡弘、)を瀬戸が演じる。高校三年生・18歳の巌は、マツに淡い恋心を抱いていた。だが、マツは巌の親友・和一と交際しており、彼女が和一を深く愛していることを知っていた。自分の出る幕はないと感じていた巌だったが、“Lの一族”の一人娘であるマツは、和一が警察一家の息子であることを知り、決して許されない恋愛であることに日々葛藤していた。そんな時、とある悲惨な事件をきっかけに三人の関係に変化が訪れる。そして時代を経て、華と和馬の運命が、その60年前の事件によって再び...more
カテゴリー:

「栗原類」の画像

もっと見る

「栗原類」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる