「柳葉敏郎」とは?

関連ニュース

男の絆に萌える!最高のバディものドラマランキング - 05月25日(金)07:30 

今までに放送されてきた数々のテレビドラマの中には、視聴者の心を掴んだ名バディが登場する作品も少なくありません。では、特に多くの人が男同士の絆にグッときたのはどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、男の絆に萌える最高のバディものドラマについて探ってみました。 1位 あぶない刑事 2位 相棒 3位 踊る大捜査線 4位 海猿 UMIZARU EVOLUTION 5位 古畑任三郎 ⇒6位以降のランキング結果はこちら! 1位は『あぶない刑事』! 今もなお多くのファンを持つ伝説の刑事ドラマ『あぶない刑事』。ハラハラどきどきする熱いアクションシーンもありつつも、今までの男くさい刑事ドラマとは一線を画したおしゃれな新感覚刑事ドラマとして放送当時は大きな話題になりました。 舘ひろし演じたタカと、柴田恭兵演じたユージのコンビがおりなす軽妙な会話やスタイリッシュな雰囲気はまるでトレンディードラマのようでした。そんなタカ&ユージのイケメンコンビに魅了される人が多数。 2016年に公開された映画『さらば あぶない刑事』では、歳を重ねてさらに大人の魅力が高まった2人の姿も大きな話題になりました。 2位は『相棒』! 今や知らない人はいないと言っても過言ではないほどの人気ドラマとなった相棒シリーズ。水谷豊演じる主人公・杉下右京とその相棒が、数々の事件を解き明かすこの作品は毎回高い視聴率を誇り、なんと現...more
カテゴリー:

高畑勲監督お別れ会、盟友・宮崎駿監督が涙で思い出を語る - 05月15日(火)15:00 

 15日、三鷹の森ジブリ美術館にて、4月5日に肺がんのため82歳で逝去された高畑勲さんのお別れ会が行なわれ、盟友の宮崎駿監督、作曲家の久石譲、鈴木敏夫プロデューサーら高畑さんゆかりの人々たち約1200名が故人を偲んだ。【写真】高畑勲監督お別れ会の様子&思い出の作品紹介 開会の辞を述べた宮崎監督は「僕はパクさんと呼んでいました」と高畑監督の愛称をつぶやくと「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいました」と早すぎる死を惜しむとともに「こうしてなくなってしまうと、自分にも時間がないのかなと感じてしまいます」としみじみ語る。 その後は「いまから55年前の1963年、パクさんが27歳、僕が22歳のとき、バス亭にいる僕に近づいてきて言葉を交わしたのが最初の出会いでした」と当時を振り返ると、ともに戦いの日々だったという東映動画での長編アニメーション映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』での話に…。 宮崎監督は「あのときの僕は新米アニメーターに過ぎなかったのですが、(アニメーターの)大塚康生さんやパクさんはどれだけ長編アニメーションを作ることは戦いであることがわかっていた」としみじみ語ると「この作品で僕は仕事を覚えました。初号の試写をみたとき、感動ではなく驚愕して動けなかった。なんという強い絵、そして圧倒的な絵、そして優しさなんだろうと思った。パクさんはそれを成し遂げたんです」と涙を流す。 何度も溢...more
カテゴリー:

高畑勲監督お別れの会、3200人が献花 宮崎駿監督、久石譲氏も涙 - 05月15日(火)20:42 

 4月5日に肺がんのため亡くなったアニメーション映画監督・高畑勲さん(享年82)のお別れの会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で執り行われた。地下1階から地上2階まで吹き抜けになっている中央ホールに、約2000本の草花で飾られた祭壇が設けられ、2010年に撮影された高畑監督の遺影が、やさしく微笑む。長年、コンビを組んできた宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーが「スタジオジブリとして盛大なお別れの会で見送りたい」と願ったとおり、関係者1200人、一般のファン2000人が献花に訪れた。 【写真】高畑勲さんとの思い出を涙ながらに語った宮崎駿監督  お別れの会の委員長でもある宮崎監督は開会の辞として、「追悼文という形ではありませんが、書いてきたものを読ませていただきます」と、何度も涙で言葉をつまらせながら読み上げた。「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあんまり時間がないんだなと思う」という言葉がズシリと響いた。  その後は、「1963年、パクさんが27歳、僕が22歳のとき、僕らは初めて出会いました。その時はじめて、言葉を交わしたことを僕は今でも覚えています」「55年前のことなのに、なぜはっきり覚えているのだろう」と、高畑監督と出会った日から、初めて一緒に作品を作った映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』(高畑監督の初監督作品)の話に終始...more
カテゴリー:

宮崎駿監督、高畑勲監督との別れに涙「ありがとう」「忘れない」関係者1200人が見送る - 05月15日(火)14:45 

 4月5日に死去した高畑勲監督(享年82歳)の「お別れの会」が5月15日、 東京・三鷹の森ジブリ美術館で営まれた。午前の部には、宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサーら関係者約1200人が参会し、高畑監督に最後の別れを告げた。 ・【フォトギャラリー】お別れの会の様子、その他の写真はこちら  「お別れの会」は、宮崎監督と鈴木氏の「ジブリとして盛大なお別れの会で見送りたい」という言葉を受け、高畑監督が愛したジブリ美術館で行われることになった。祭壇も、宮崎監督の「高畑勲監督を野に咲く花たちで囲みたい。高畑監督の作品にあるどれかでもなく『祭壇風』でもない。ただ温かみのある草花たちで包み込みたい」という思いを反映。美術館内の階段が無数の花で彩られ、その中央に穏やかな笑みを浮かべる高畑監督の写真が遺影として飾られた。  開会の辞を務めたのは、高畑監督の東映動画(現・東映アニメーション)時代からの盟友である宮崎監督。「パクさんは95歳まで生きると思いこんでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあまり時間がないんだなと思う」と話し、「1963年。パクさんが27歳、僕が22歳の時、僕らは初めて出会いました。初めて言葉を交わした日のことは、僕は今でもよく覚えています。黄昏時のバス停で、僕は練馬行きのバスを待っていた。雨上がりの水たまりの残る通りを、1人の青年が近づいてきた。穏やかで賢そうな...more
カテゴリー:

「柳葉敏郎」の画像

もっと見る

「柳葉敏郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる