「染色体」とは?

関連ニュース

【考古学】約5000年前~約7000年前に世界中の男性が大量死していた理由が遺伝子の研究で明らかにされる[06/14] - 06月21日(木)22:13  scienceplus

約5000年前~約7000年前の間にアジア、ヨーロッパ、アフリカに住む男性の大半が死亡している時代があり、17人の女性に対し、 1人の男性しかいなかったことがわかっています。 「なぜ、このような状況に陥ってしまったのか?」という疑問に多くの研究者を悩ませることになりましたが、 スタンフォード大学で遺伝学の教授を務めるマルクス・フェルドマン氏らの研究で理由が明らかにされました。 Cultural hitchhiking and competition between patrilineal kin groups explain the post-Neolithic Y-chromosome bottleneck | Nature C...
»続きを読む
カテゴリー:

男のほうがストレスに弱い!?又吉直樹が「つらく」なる仕組みに迫る! - 06月13日(水)05:00 

芸人で作家の又吉直樹が、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜む不思議を見つけ出しひも解く教養バラエティ『又吉直樹のヘウレーカ!』(NHK Eテレ、毎週水曜22:00~)。6月13日は、「“男はつらい”ってホント?」を放送する。誰にでも「つらい」と感じる時はあるが、生物学で見ると、同じストレス環境にある場合は男のほうが「つらく」なるという仕組みがあるという。今回、又吉が訪れたのは、札幌・円山動物園。実はライオン、マンドリルは、オスのほうが体が大きく見栄えもするが、そのひとつの理由はメスに選ばれるため。ところが生物学者の黒岩麻里氏によると、極端にオスが大きいなどの特徴が強くなると、種の存続にとってリスクになるという。さらに、ほ乳類をオスにするY染色体がなくなるかもしれないという衝撃の研究をも紹介。又吉は、Wならぬ“Yの悲劇”を知り衝撃を受ける。 関連リンク 吉高由里子、キャパ超えで思わず涙…『正義のセ』撮了で「現場に恋した3か月」 弁護士・女医・お坊さん…通帳を覗き見すると様々な人生が! 異端児が手がける新発想の「終の住み家」とは?『カンブリア宮殿』 ...more
カテゴリー:

【すまないが♂以外は‥】「超雄」の子、全雄トラフグ稚魚 養殖いけすへ - 06月05日(火)19:52  newsplus

全雄トラフグ稚魚 養殖いけすへ *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180605/5030000845.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 養殖トラフグの生産量が日本一の長崎県で、白子を持つことからメスより高値で取り引きされる オスだけを生産する技術が開発され、実用化に向けて養殖用のいけすに稚魚が移されました。 トラフグは白子を持つオスが、メスより2割ほど高い値段で取り引きされることから、 長崎県総合水産試験場は東京海洋大学などと協力して、 オス...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】バストの大きさ、月経痛の重さと関連がある遺伝子領域、東大など発見 - 06月01日(金)22:35  newsplus

 東京大学などの研究グループは6月1日、バストの大きさや月経痛の重さなど、女性特有の体質と関連が強い遺伝子が存在している領域を発見したと発表した。より解明が進めば、個人の体質に合ったアドバイスや、病気の予防法を提案できる可能性があるという。  研究グループは、エムティーアイが運営する生理日管理アプリ「ルナルナ」を利用している女性ユーザー1万1348人から得た、遺伝情報と22の体質に関するWebアンケート結果を分析した。  例えば、バストサイズが大きい人と小さい人では、6番染色体と8番染色体に異なる遺伝子の...
»続きを読む
カテゴリー:

2050年までに年間1千万人超!? 専門家が警笛を鳴らすガンよりも怖い「薬剤耐性菌」 - 06月17日(日)11:00 

近代医学は、人間を苦しめる様々な感染症の原因が「細菌」と「ウイルス」だという事実を突き止め、対抗手段として強力な殺菌薬や抗ウイルス薬を開発してきた。当初、それらの新薬はめざましい治癒力を発揮し、抗菌薬の代表格「ペニシリン」などは“魔法の弾丸”とも賞賛された。 ところが、病原性微生物たちも負けてはおらず、薬の効果を打ち消す「薬剤耐性」を獲得して生き延びるようになった。そして、1970年代に現れた「エイズ=ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」、どこにでもいる細菌が強毒性に変異した「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」や「O157(腸管出血性大腸菌)」など、数多くの新型感染症が世界中へ広がり続けている。 こうした情勢下にあって近年、病原菌とウイルスの耐性に打ち勝つ新薬開発が難しくなり、人類は感染症で多くの人が亡くなる危険性も出てきた。この深刻な事態を招いた原因は何か? 有効な打開策はあるのか? その点に警鐘を鳴らす『ガンより怖い薬剤耐性』(集英社新書)の共著者であるふたりの専門家、三瀬勝利氏、山内一也氏を取材した。 ●感染症に効く治療薬は頭打ち状態 ─今のところ、日本人の死亡原因1位は「ガン」、2位は「心臓疾患」、3位は「肺炎」ですが、近い将来、薬剤耐性菌による感染症死亡数がガン死者数を上回る恐...more
カテゴリー:

男のほうがストレスに弱い!?又吉直樹が「つらく」なる仕組みに迫る! - 06月12日(火)20:36 

芸人で作家の又吉直樹が、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜む不思議を見つけ出しひも解く教養バラエティ『又吉直樹のヘウレーカ!』(NHK Eテレ、毎週水曜22:00~)。6月13日は、「“男はつらい”ってホント?」を放送する。誰にでも「つらい」と感じる時はあるが、生物学で見ると、同じストレス環境にある場合は男のほうが「つらく」なるという仕組みがあるという。今回、又吉が訪れたのは、札幌・円山動物園。実はライオン、マンドリルは、オスのほうが体が大きく見栄えもするが、そのひとつの理由はメスに選ばれるため。ところが生物学者の黒岩麻里氏によると、極端にオスが大きいなどの特徴が強くなると、種の存続にとってリスクになるという。さらに、ほ乳類をオスにするY染色体がなくなるかもしれないという衝撃の研究をも紹介。又吉は、Wならぬ“Yの悲劇”を知り衝撃を受ける。 関連リンク 吉高由里子、キャパ超えで思わず涙…『正義のセ』撮了で「現場に恋した3か月」 弁護士・女医・お坊さん…通帳を覗き見すると様々な人生が! 異端児が手がける新発想の「終の住み家」とは?『カンブリア宮殿』 ...more
カテゴリー:

【おっぱい】バストの大きさ、月経痛の重さと関連がある遺伝子を発見=東大 - 06月01日(金)22:55  scienceplus

東京大学などの研究グループは6月1日、バストの大きさや月経痛の重さなど、女性特有の体質と関連が強い遺伝子が存在している領域を発見したと発表した。より解明が進めば、個人の体質に合ったアドバイスや、病気の予防法を提案できる可能性があるという。 研究グループは、エムティーアイが運営する生理日管理アプリ「ルナルナ」を利用している女性ユーザー1万1348人から得た、遺伝情報と22の体質に関するWebアンケート結果を分析した。 例えば、バストサイズが大きい人と小さい人では、6番染色体と8番染色体に異なる遺伝子の組み合...
»続きを読む
カテゴリー:

「染色体」の画像

もっと見る

「染色体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる