「松重豊」とは?

関連ニュース

星野源、松重豊の“エアー食事”絶賛「メチャクチャ美味しそうだった」 - 07月12日(木)21:00 

歌手で俳優の星野源が、10日深夜に放送されたラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週火曜25:00~27:00)で、俳優・松重豊が撮影の合間に見せた“エアー食事”のすごさを熱弁した。
カテゴリー:

大森南朋×EXILE AKIRA「この道」特報完成! 由紀さおり&安田祥子も出演決定 - 07月12日(木)08:00 

 EXILE AKIRAと大森南朋が初共演を果たす映画「この道」の特報映像とティザービジュアル、場面写真が、このほどお披露目された。あわせて、追加キャストも発表され、歌手の由紀さおりと安田祥子が出演していることがわかった。 ・【動画】「この道」特報映像  「日本人による『童謡』を作ろう」という思いのもと、文学者・鈴木三重吉が刊行した児童雑誌「赤い鳥」。大正7年7月に発刊した同誌は、奇抜な詩で当時名を馳せていた詩人・北原白秋と、日本初の交響楽団を結成した音楽家・山田耕筰を創刊メンバーに迎え、日本人の琴線に触れる多くの童謡を発表した。童謡誕生100周年を記念して製作された映画は、白秋(大森)と耕筰(AKIRA)の人生をユーモアを交えて描いている。  特報映像は、“遊び人でダメ男”の白秋と“勤勉でマジメな男”の耕筰という対照的な2人の姿を活写。「あなたの詩に私の音楽をのせたいんです」と申し出る耕筰に対して、白秋が「下品な曲など必要ない!」と一刀両断し殴りかかろうとする衝撃的なシーンは波乱のドラマを予感させ、後半で映し出される2人の感動的な抱擁が心の琴線を震わす仕上がりになっている。  本日7月12日は、1925年に東京放送局(現在はNHK)がラジオの本放送を開始した日。新キャストとして発表された由紀と安田は、ラジオ本放送時に「からたちの花」を歌唱した歌手役で登場することになった。...more
カテゴリー:

柳沢慎吾、土下座に一人アンコール暴走記者会見 共演者からクレーム続々 - 07月10日(火)16:05 

 タレントの柳沢慎吾が10日、東京・六本木のテレビ東京でBSジャパンの連続ドラマJ『極道めし』(14日スタート、毎週土曜 後9:00)の記者会見に出席。主演の福士誠治を差し置いてしゃべりまくり、降壇を促されても一人で壇上に残ってしゃべり続け、ADだった頃から顔見知りの同ドラマのプロデューサーに「どうもありがとうございました」と2度土下座。そのプロデューサーに促され、退出したかと思ったら、一人舞い戻り、「あばよ」「いい夢見ろよ」とひと通りネタを披露して、ようやく会見はお開きになった。  同ドラマは、刑務所という閉ざされた空間で、シャバで食べたうまい食い物の話をする、土山しげる氏の同名漫画を実写化。刑務所のとある雑居房204号でうまい飯語りのバトルを繰り広げる受刑者を、福士、柳沢、今野浩喜、徳井優、小沢仁志が演じる。会見には、5人がおそろいの囚人服姿で登壇した。  実は、ドラマ本編中にも柳沢のネタが「全部入ってますから、出し切りました」。一方で、台本上では柳沢演じる詐欺師・坂井のせりふを、今野や小沢が代わりに言っているシーンが多々あるといい、「年を取ってくると、せりふが覚えられなくて」と、笑ってごまかしていた。そんな柳沢に共演者からのクレームも相次いだ。  小沢「1カット撮るたびに、ヘコむのやめて」。徳井「人生の反省が合間、合間に見られるんだよね」。今野「現場に入るなり、朝いちで...more
カテゴリー:

高橋一生&白石麻衣、初の上半期CM出演1位 サッカー日本代表2選手もランクイン - 07月06日(金)11:00 

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2018上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表した。男性部門は俳優の高橋一生(10社)、女性部門は乃木坂46の白石麻衣(14社)と、両部門ともに初の1位が誕生した。 【一覧表】CM起用社数ランキング男女別TOP10  映画やドラマで大ブレイク中の高橋は、昨年のトップ5以下からの大躍進。NTTドコモやキリンビール、P&Gなど爽やかなイメージにぴったりなCMに出演した。初の年間王者に向けて、好スタートを切っている。  男性部門の2位(9社)は、昨年の年間1位だった俳優の遠藤憲一、昨年の上半期1位だった嵐の相葉雅紀、さらに同じく嵐の櫻井翔、二宮和也、そしてお笑い芸人の出川哲朗の5人がランクイン。3位(8社)はお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次、俳優の神木隆之介、西島秀俊、松重豊、相葉と並んで昨年上半期1位だった男子プロテニスの錦織圭選手など、多彩な顔ぶれがそろった。  また、ロシアW杯でベスト16に進出したサッカー日本代表から、長友佑都選手と槙野智章選手が、ともに4位(7社)に登場。日本中に感動を与えた活躍から、下半期にさらなるCM出演増加も期待される。  女性部門で初めて首位になった白石も、昨年7位以下から大きく上昇。ソロでは資生堂、CROOZ、ニベア花王など同世代の女性をターゲットにしたCM、グループではセブン-イレ...more
カテゴリー:

趣里×菅田将暉「生きてるだけで、愛。」11月9日公開! 特報&ビジュアル完成 - 07月05日(木)07:00 

 小説家、劇作家、演出家とマルチに活躍する本谷有希子氏の傑作小説を実写化する「生きてるだけで、愛。」が、11月9日に公開されることが決定。あわせて、主演を務める趣里、共演の菅田将暉をとらえたティザービジュアルと特報映像もお披露目された。 ・【動画】「生きてるだけで、愛。」特報  第135回芥川賞・第18回三島由紀夫賞の候補となった本谷氏の同名小説を、「AKB48」や「Mr.Children」のミュージックビデオを手がけた映像ディレクター・関根光才のメガホンで実写映画化。どうしようもない寂しさを抱える女、他人と本音で向き合おうとしない男を中心に、過激で滑稽、そして切実な愛を描く。  ティザービジュアルには、過眠症で引きこもり気味なヒロイン・寧子(趣里)、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる恋人・津奈木(菅田)の姿を活写。自分をコントロールできず、日々理不尽な感情を爆発させてしまう寧子、仕事にやりがいを感じることができず、人間関係にも期待しなくなってしまった津奈木。そんな2人の密かな願いを表すような「ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。」というキャッチコピーが添えられている。  「多分、私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という寧子の切ないナレーションで始める特報映像は、不器用な寧子と津奈木の“愛の不安”と“期待”をかき立てる仕上がり。鮮やかで独特な色づかい、生身...more
カテゴリー:

大森南朋×EXILE AKIRA『この道』特報解禁 北原白秋と山田耕筰演じる - 07月12日(木)08:00 

 俳優の大森南朋、EXILE AKIRAが共演する映画『この道』(2019年1月公開)の特報映像が12日、解禁された。童謡の誕生から100年である今年、数々の童謡を世に送り出した詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描き出す。 【動画】映画『この道』特報映像  北原を大森、共に数多く名曲を世に送った山田をEXILE AKIRAが演じるほか、鈴木三重吉役で柳沢慎吾、白秋を見守る与謝野鉄幹・晶子夫妻役で松重豊・羽田美智子、波乱の多い白秋の人生の中でも、そばで支える妻役で貫地谷しほり、松本若菜が共演。『半落ち』(04年)の佐々部清監督がメガホンをとり、脚本は『かぐや姫の物語』(13年)、NHK連続テレビ小説『マッサン』(14年)の坂口理子氏。2月にクランクアップを迎え、日本映画では初の試みとなる箱根の老舗・富士屋ホテルでの撮影が実現した。  特報映像は、「あなたの詩に私の音楽を載せたいんです」と申し出る耕筰に、「下品な曲など必要ない」と一刀両断する白秋が殴り掛からんとするシーンも。映像の後半でこの2人が抱擁するシーンでは深い絆を感じさせる。  新キャストとして、由紀さおり・安田祥子姉妹の出演も明らかになった。ラジオ本放送時に「からたちの花」を歌唱した歌手を演じている。 【関連記事】 【写真】『ハイロー』さながら…AKIRA、岩田剛典が絶叫 AKI...more
カテゴリー:

有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」主題歌はYUKIが新曲「トロイメライ」書き下ろし - 07月11日(水)15:30 

 本屋大賞2017にノミネートされた川口俊和氏の小説を有村架純主演で映画化する「コーヒーが冷めないうちに」の主題歌を、人気歌手のYUKIが手がけていることがわかった。今作からの熱烈オファーを受け、新曲「トロイメライ」を書き下ろし。同曲を収録した予告編(https://youtu.be/ekipOg9jkTI)も披露されており、“4回泣ける”感動の物語の一端を見ることが出来る。  舞台は、過去に戻れるとうわさの喫茶店「フニクリフニクラ」。店内のある席に座ると、望んだとおりの過去に行けるが、「過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、冷めてしまう間だけ。冷めないうちに飲み干さなければならない」など、ちょっと面倒くさいルールがあった。どんなことをしても「現実は決して変わらない」にもかかわらず、店には「過去に行き、ある人に再会したい」という人々が次々と訪れる。  「原作を読み、映画を見て、『トロイメライ』は完成しました」というYUKI。楽曲への思いを「何があってもおかしくない毎日のなかで、私たちは、哀しいことも嬉しいことも引き受けて暮らしています。『後悔しない生き方』に憧れ、頑張りながら、それでも人は時々、間違えてしまいます。でもそれは、もしかしたら、赦(ゆる)しあうためなのかもしれません。登場人物一人一人に思いを寄せていたら、そう、たどり着きました。間違えてしまうからこそ、お互...more
カテゴリー:

菅田将暉が絶叫する趣里を抱き締める!「生きてるだけで、愛。」特報解禁 - 07月06日(金)17:59 

二宮和也主演のドラマ「ブラックペアン」(TBS系)で、二宮演じる主人公の“相棒”的存在である謎めいた看護師“ねこちゃん”を演じ、一躍話題となった女優の趣里。彼女が主演を務める映画「生きてるだけで、愛。」が、11月9日(金)に公開されることが分かった。併せて本作の特報とティザービジュアルも解禁となった。 【写真を見る】クールで仕事ができる“猫ちゃん”役もハマった趣里が主演を務める 本作の原作は、第135回芥川賞・第18回三島由紀夫賞の候補となった本谷有希子の同名小説。 趣里演じる過眠症で引きこもり状態のヒロイン・寧子と、菅田将暉が演じる出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同居を続ける津奈木が、不器用ながらも懸命に生きる姿を描いたラブストーリーだ。 解禁された特報では「多分、私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という寧子の切ないナレーションから始まり、涙を流しながら津奈木に寄り掛かる寧子の姿や、絶叫して暴れる寧子を黙って背後から抱き締める津奈木が映し出され、不器用で時にエキセントリックな二人の日常が映し出されている。 ■ はかなくも熱い愛の美しさを見事に表現 メガホンを取るのは、有名企業のCMや、安室奈美恵、Mr.Childrenなどのミュージックビデオを手掛けた映像ディレクターの関根光才氏。 関根氏は本作が初の長編監督デビュー作となるが、生身の人間に宿る心の...more
カテゴリー:

「ブラックペアン」猫田役で話題の2世女優・趣里が菅田将暉の恋人役に。圧巻の泣きわめき映像が公開! - 07月05日(木)07:00 

先日終了した日曜劇場「ブラックペアン」で、二宮和也演じる主人公の右腕的存在の看護師を演じ、印象的な演技からインパクトを残した趣里。水谷豊と伊藤蘭の娘であり、個性派として唯一無二の存在感を放つ彼女が主演を務める映画『生きてるだけで、愛。』(11月9日公開)から、特報映像とティザービジュアルが公開となった。 【写真を見る】菅田将暉を巡って恋人役の趣里と元彼女役の仲里依紗が三角関係に?/[c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会 本作は三島由紀夫賞候補にもなった本谷有希子の同名小説を映画化したラブストーリー。問題を抱えながらも不器用に生きる男女の姿を描く。趣里が演じるのは、菅田将暉扮する津奈木と同棲しているヒロインの寧子。うつ病が招く過眠症のせいで、引きこもり気味になっており、自分の感情を上手くコントロールできないという役どころだ。 「多分、私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という寧子のかすれ気味の声がせつないナレーションで始まる特報映像では、津奈木の腕に抱かれスーッと静かに涙を流したり、わめきながら暴れ散らしたりと、両極端に感情を爆発させた、ふり幅のある演技で不安定な人物像を体現。 また、寧子がビルの屋上で布を纏いながら、夕暮れの街並みを見つめるシーンでは、どこか憂いを感じさせる横顔を披露。ミュージックビデオやCM出身の関根光才監督が16ミリフィルムで撮影し...more
カテゴリー:

【乃木坂46】白石麻衣、2018年上半期CM女王に 昨年トップの広瀬すずを抑える - 07月04日(水)17:19  mnewsplus

アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが2018年上半期のCM女王に輝いた。 4日に発表された「2018年 上半期 TV-CM 会社数ランキング」(エム・データ )によると、LINE、ニベア花王など15社に起用され、女性タレント部門で1位となった。 2017年上半期の同部門でトップを獲得した広瀬すずさんは13社で2位だった。 男性タレント部門1位となった高橋一生さんは10社で、男女総合でも首位を獲得している。 女性タレント部門3位には12社のCMに出演した有村架純さんが入った。 男性タレント部門では、出川哲朗さん、遠藤憲一さん、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「松重豊」の画像

もっと見る

「松重豊」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる