「東地宏樹」とは?

関連ニュース

吉田羊が海外ドラマ吹替え初挑戦!声で主人公を追い詰める!? - 07月17日(火)17:00 

10月13日(土)より放送の吉田羊主演の刑事ドラマ「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」と、8月25日(土)スタートの大ヒット海外ドラマ「BULL/ブル2 法廷を操る男」のコラボ企画が実現! 【写真を見る】吉田羊は「私がイメージする“海外ドラマのアフレコ”、そのまんまでやらせていただきました(笑)」と収録の感想を 吉田は「BULL/ブル2 法廷を操る男」第4話「被告はブル」(9月22日放送)に登場するハリウッド女優アマヤ役で、海外ドラマの吹替えに初挑戦。養子に迎えたアレクサンダーという男児を巡る事件をきっかけに主人公のドクター・ブル(マイケル・ウェザリー)を訴えて追い詰めていくという役柄だ。 映画吹替の経験はあるものの、海外ドラマの声優は初挑戦となる吉田はブル役の東地宏樹とマリッサ役の竹内順子と入念にリハーサルを繰り返しながら、二人へアドバイスを求め、吹替収録に臨んだ。 収録を終えた吉田は“声”だけの感情表現について「自分が思うよりも2割増しぐらいで声の感情表現を大きくしないと伝わりにくいのかもしれないと思いました。リアルにしゃべると逆に浮いてしまう」と最初は悪戦苦闘したことを明かした。 続けて「目の前の芝居の呼吸に合わせなきゃいけないっていう制約が少なからずありましたが、感情の起伏があるシーンは、感情が乗って、それが声に現れるから逆にやりやすかったです」と充実の表情を見...more
カテゴリー:

【先行独占動画】『SUPERNATURAL』サム&ディーンが若い! イケメン兄弟の初出しお宝映像が到着 - 07月13日(金)11:05 

2005年のスタート以来、世界中で多くのファンを獲得している長寿シリーズ『SUPERNATURAL』。同作でサム&ディーン・ウィンチェスター兄弟を演じるジャレッド・パダレッキ&ジェンセン・アクレスのお宝映像の一部が海外ドラマNAVI先行独占で到着したのでご紹介しよう。【関連動画】ジャレッド&ジェンセンが若い!先行独占動画はこちら先月シーズン14の製作が発表された本作だが、今回の動画はなんとシーズン1当時の二人のインタビュー。作品の設定やウィンチェスター兄弟について語っているのだが、それぞれの語り口調やその内容がサムとディーンに似ているのは興味深い。10年以上前のジャレッドとジェンセンは20代でどことなくあどけなさが感じられるほど若いのだが、特に22、23歳だったジャレッドは手に棒付きキャンディを持っているところも必見だ。インタビューのロングバージョンは、9月13日(木)リリースの『SUPERNATURAL 最恐ホラー13選』に収録されている。ジャレッドとジェンセンがどのように役作りしたかや作品の魅力、キャスティングの裏話などを語ってくれており、ファン必見の内容だ。13シーズンを記念して製作された日本限定のこの傑作集は、珠玉の13エピソード。ファースト・シーズン、セカンド・シーズンの該当エピソードでウィンチェスター兄弟の日本語吹替を内田夕夜と東地宏樹が担当したバージョンが、DVDとし...more
カテゴリー:

吉田羊、海外ドラマ『BULL』第4話吹き替えゲスト - 07月17日(火)17:00 

 女優の吉田羊が、WOWOWで放送される海外ドラマ『BULL/ブル2 法廷を操る男』第4話(9月22日放送)の吹き替え版にゲスト出演する。同局のドラマ『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』で、捜査一課を引っ張る主人公の女刑事・石川百合を演じることから実現したコラボ企画。「私がイメージする“海外ドラマのアフレコ”、そのまんまでやらせていただきました(笑)。すごく楽しかったです!」と、笑顔でアフレコを振り返っていた。 【写真】アフレコ中の吉田羊  映画監督スティーヴン・スピルバーグや『Dr.HOUSE―ドクター・ハウス―』のポール・アタナシオらが製作総指揮を務め、全米新作テレビシリーズとなったドラマの第2シーズン。人間心理にフォーカスした異色の法廷劇で、心理学者ドクター・ブルを中心とした6人のスペシャリストが人間の心理を分析して裁判を誘導、クライアントを勝訴へと導く。全米で人気のテレビ司会者でもある心理学者フィル・マッグロウ(本作の製作総指揮も担当)が、かつて“訴訟コンサルタント”時代にした体験をモデルにしており、ユーモアあふれる軽快なトークで展開するストーリーが見どころ。  第4話で、吉田が吹き替えを担当するのは、ハリウッド女優アマヤ役で、養子に迎えたアレクサンダーという男児を巡る事件をきっかけに主人公のドクター・ブルを訴えて追い詰めていく。  映画吹替の経験はあっ...more
カテゴリー:

『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン2、8月25日(土)より放送スタート - 07月05日(木)08:00 

大人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ捜査官役でおなじみのマイケル・ウェザリーが主演を務める異色の法廷ドラマ『BULL/ブル 法廷を操る男』シーズン2が8月25日(土)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる(第1話無料放送)。【関連記事】信頼の証...でなく探り!?『BULL/ブル 心を操る天才』東地宏樹、古谷徹、竹内順子インタビュー(前編)全米で人気のTV司会者でもある心理学者フィル・マッグロウ(本作の製作総指揮も担当)が、かつて"訴訟コンサルタント"時代にした体験をモデルにしており、ユーモアあふれる軽快なトークでストーリーが展開する。法廷劇だが、重要なのは法律ではなく人間心理。事件の背景や人間関係にフォーカスを当てたのが斬新と評判で本国では既にシーズン3の製作も決定。シーズン2からは、『ドールハウス』のエリザ・ドゥシュクがシリーズレギュラーとして出演する。3つの博士号を持つジェイソン・ブルが創始した"TAC:トライアル・アナリシス社"は、ドクター・ブルを中心に構成された6人チーム。依頼人を勝たせるべく、裁判の流れをシミュレートしたり、証人や被告にアドバイスしたりして、裁判を有利に導く。新シーズンでは、殺人か正当防衛かを争う裁判や、恋人の自殺幇助で殺人罪に問われた10代の青年の裁判、水質汚染に苦しむ町の住民と企業の裁判など、1話完...more
カテゴリー:

「東地宏樹」の画像

もっと見る

「東地宏樹」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる