「東京株式市場」とは?

関連ニュース

日経平均 世界の主要市場下落を受け反落 6/22 17:13更新 - 06月22日(金)17:13 

22日の東京株式市場で日経平均株価の終値は前日比176円21銭安の2万2516円83銭。米・ニューヨーク市場でダウ平均株価が8営業日連続で値下がりするなど世界の主要市場が軒並み下落。この流れを受け、東京市場も大きく値を下げた。
カテゴリー:

【株式市場】貿易摩擦の影響を受けにくい銘柄が選別買いされ日経平均は大幅に反落 - 06月22日(金)16:09 

◆日経平均の終値は2万2516円83銭(176円21銭安)、TOPIXは1744.83ポイント(5.80ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億9404万株 22日後場の東京株式市場は、引き続きEU(欧州連合)が22日から対米報復関税を発動すると伝えられたことなどが影響し、日経平均は下げ幅200円から150円のゾーンで弱もみ合いを続けた。
カテゴリー:

日経平均、終値176円安 3営業日ぶり値下がり - 06月22日(金)15:23 

 22日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日ぶりに値下がりした。日経平均の終値は前日より176円21銭(0・78%)安い2万2516円83銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証…
カテゴリー:

日経平均176円安 終値2万2516円 6/22 15:20更新 - 06月22日(金)15:20 

22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日比176円21銭安の2万2516円83銭だった。
カテゴリー:

【株式市場】欧州も対米報復関税と伝わるが日経平均は朝方の278円安を下値に復調 - 06月22日(金)12:04 

◆日経平均は2万2500円45銭(192円59銭安)、TOPIXは1739.42ポイント(11.21ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億8655万株 22日(金)前場の東京株式市場は、米中貿易摩擦に加え、EU(欧州連合)も22日から対米報復関税を発動すると伝えられ、NYダウが8日続落したことなどが影響し、日経平均は取引開始後に278円86銭安(2万2414円18銭)まで下押した。
カテゴリー:

上値重い、貿易摩擦を引き続き警戒 関連報道に一喜一憂も=来週の東京株式市場 - 06月22日(金)16:11 

[東京 22日 ロイター] - 来週の東京株式市場は、引き続き上値が重いと予想される。米中の追加関税発動を7月前半に控えて、貿易摩擦のリスクが上値を抑える。もっとも、業績に照らした割安感や需給面からの底堅さも意識されており、市場の警戒感が緩和する場合のアップサイド・リスクもくすぶり、関連報道に一喜一憂する展開が見込まれる。
カテゴリー:

日経平均は日ぶり反落、下げ幅一時270円超 自動車株に売り - 06月22日(金)15:32 

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。前日の米国株安と円高が嫌気されたほか、先物への仕掛け的な売りも出て、下げ幅は一時270円を超えた。対米貿易摩擦の懸念から自動車株が売られた。日中は円高一服を支えに指数は下げ渋る動きをみせたものの、景気敏感株の戻りは鈍く、消去法的に内需系の小型・成長期待株が物色される展開だった。
カテゴリー:

来週の株価見通しは? 山田勉氏が解説 6/22 15:21更新 - 06月22日(金)15:21 

22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日比176円21銭安の2万2516円83銭だった。来週の株価見通しについて、カブドットコム証券の山田勉氏が解説する。(詳しくは動画で)
カテゴリー:

東証午後、200円超下落で推移 - 06月22日(金)14:02 

 22日の東京株式市場は、トランプ米政権の保護主義的な通商政策が日本企業の業績に悪影響を及ぼすとの懸念から売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は一時200円を超え、2万2500円を割り込む場面があった。
カテゴリー:

前場の日経平均は反落、対米貿易摩擦に警戒感 - 06月22日(金)12:02 

[東京 22日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比192円59銭安の2万2500円45銭となり、反落した。米国株安と円高を嫌気した売りが先行。対米貿易摩擦を巡る懸念が強まり自動車株が売られたほか、先物に仕掛け的な売りも出て、下げ幅は一時270円を超えた。売り一巡後は円高一服で下げ幅を縮めたものの、輸出企業の業績に対する先行き不透明感などから押し目を買う動きは限定的だった。
カテゴリー:

もっと見る

「東京株式市場」の画像

もっと見る

「東京株式市場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる