「東アジア」とは?

関連ニュース

韓中日物流相会合 ソウルで18日開催 - 07月17日(火)13:57 

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は17日、第7回韓中日物流相会合を18日にソウルで開催すると発表した。  韓国からは姜俊錫(カン・ジュンソク)海洋水産部次官が首席代表として出席する。急変する北東アジアの物流環境を踏まえた協力策や、物流分野の第4次産業革命を共にリードするための方策などを話し合う予定だ。  3カ国間の農水産品の貿易増加に伴う生鮮物流ネットワークの活性化、中国の広域経済圏構想「一帯一路」、韓国の「新北方・新南方政策」などが新たな実践課題として採択される。  姜氏は「朝鮮半島情勢の安定
カテゴリー:

スターラックス航空、エアバスA350型機を17機発注 2022年開設の長距離路線投入 - 07月16日(月)19:12 

台湾のエバー航空前会長の張國煒氏が立ち上げたスターラックス航空(星宇航空)は、エアバスA350型機計17機を発注した。イギリスで開催中のファンボロー・エアショーで発表した。 発注したのは、エアバスA350-1000型機12機とエアバスA350-900型機5機の計17機。スターラックス航空では10機のエアバスA321neoをリースで年末から導入する計画で、台北/桃園を拠点に、東アジアや東南アジアを結ぶ路線を2020年にも開設する。 スターラックス航空では、2022年から運航を開始する予定の長距離線に投入するワイドボディ機をボーイング777X、ボーイング787型機、エアバスA350型機などから選定を進めていた。 張國煒氏は、エバー航空を傘下に持つ長栄集団の創業者であり、2016年1月に死去した張栄発氏の四男。同年3月にエバー航空の会長から解任された。操縦士の資格も保有し、エバー航空では機長も務めていた。
カテゴリー:

「韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた」 - 07月16日(月)12:15  news

「韓国の国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた。このような認識の変化は長く続くだろう」。 高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備をめぐる韓中葛藤の最大の害悪は中国に対する韓国人の認識悪化という指摘が出てきた。北京で清華大学が14日に主催した 第7回世界平和フォーラム(WRF)のセッション「韓中関係と北東アジア安保協力」でだ。 韓中両国の学界の専門家はこの日、6・12シンガポール米朝首脳会談以降の北朝鮮の非核化解決法、韓半島(朝鮮半島)平和体制の構築、韓中関係に関して幅広く建設的な意見...
»続きを読む
カテゴリー:

ウナギ値上げ相次ぐ外食店 不漁が波及、家計直撃 - 07月16日(月)05:00 

絶滅危惧種に指定されているニホンウナギの稚魚の不漁を背景に、20日の土用の丑の日を控えてウナギの値段を上げる外食店が相次いでいる。東アジア全域で稚魚の漁獲が低調…
カテゴリー:

輸出元は中国・広州? 殺人アリ「ヒアリ」が今年も日本へ上陸している! - 07月15日(日)06:10 

ヒアリと同じ南米原産の外来種「アルゼンチンアリ」を根絶させたことでも知られる国立環境研の五箇氏。ヒアリをはじめ自作のイラストがずらり。ヒアリ・バスターズの隊長だ昨年、日本中を震撼させたヒアリが今年も日本に次々と上陸中だ! この厄介者との闘いはいったいいつまで続くのか? もし定着してしまったら有効な手立てはあるのか? 経済のグローバル化が生んだ「生物のグローバル化」に果たして終わりはあるのか......?* * *昨年、国内で初めて確認され、全国の港湾施設に次々と姿を現した特定外来生物のヒアリ。南米原産で、強い毒針を持つことから「恐怖の殺人アリがついに上陸!」などと話題をさらったが、今年もこの厄介者は"日本侵攻"を開始している。6月には大阪港で陸揚げされたコンテナの中から2000匹以上、7月には名古屋港で約20匹が見つかるなど、各地でヒアリとの闘いが始まっているのだ。「世界の侵略的外来種ワースト100」にも選定され、すでにアメリカ、中国、オーストラリアなどに広まっているヒアリの定着を、日本は防ぐことができるのか......?2年目を迎えたヒアリ対策の現状を、この問題の第一人者で国立環境研究所・侵入生物研究チームの五箇(ごか)公一氏に徹底解説してもらった!!* * *―今年も大阪や名古屋の港でヒアリが確認されていますが、それ以前に、昨年、日本に上陸したヒアリはすべて根絶されたのでしょう...more
カテゴリー:

韓中日が緊密な協力を 3カ国大学生に呼びかけ=韓国外相 - 07月17日(火)11:22 

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は17日、韓国と中国、日本の大学生が相互理解を深め、3カ国の協力拡大などについて話し合う「韓中日大学生外交キャンプ」の開会式であいさつし、「北東アジアは歴史的な変化の転機を迎えている」として、「北東アジアの平和と繁栄は今後、3カ国の緊密な協力がなければ不可能」と強調した。
カテゴリー:

スターラックス航空、エアバスA350型機を17機発注 2022年開設の長距離路線投入 - 07月16日(月)19:12 

台湾のエバー航空前会長の張國煒氏が立ち上げたスターラックス航空(星宇航空)は、エアバスA350型機計17機を発注した。イギリスで開催中のファンボロー・エアショーで発表した。 発注したのは、エアバスA350-1000型機12機とエアバスA350-900型機5機の計17機。スターラックス航空では10機のエアバスA321neoをリースで年末から導入する計画で、台北/桃園を拠点に、東アジアや東南アジアを結ぶ路線を2020年にも開設する。 スターラックス航空では、2022年から運航を開始する予定の長距離線に投入するワイドボディ機をボーイング777X、ボーイング787型機、エアバスA350型機などから選定を進めていた。 張國煒氏は、エバー航空を傘下に持つ長栄集団の創業者であり、2016年1月に死去した張栄発氏の四男。同年3月にエバー航空の会長から解任された。操縦士の資格も保有し、エバー航空では機長も務めていた。 投稿 スターラックス航空、エアバスA350型機を17機発注 2022年開設の長距離路線投入 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

ニホンウナギ、稚魚高騰 資源管理強化が拍車 - 07月16日(月)05:00 

 ニホンウナギは稚魚の価格が高騰しており、一部の取引価格は前年の3倍近くにまで跳ね上がったもようだ。日本や中国、台湾など東アジア全域で稚魚の漁獲が低調だったためだ。絶滅が危惧されているウナギに対して国際的に資源管理を強化する動きがあることも、価格の上昇傾向に拍車を掛けている。
カテゴリー:

「人々の営み 知って」 長浜さん、北朝鮮写真展開催 沖縄・浦添 - 07月15日(日)10:12 

 【浦添】東アジアの軍事的緊張を高めてきた北朝鮮にも、普通の人々の暮らしがあることを知ってもらおうと、同国を訪問した元琉球新報記者の長浜良起さん(31)が14日から浦添市屋富祖の飲食店「おきなわばんざい」で、「北朝鮮確認写真展~同じ東アジアの人々~」を開催している。入場無料。22日まで。  長浜さ...
カテゴリー:

琉球新報「韓国の抗日はアジア諸国への加害責任に向き合わない安倍が悪い。信頼取り戻すまで反省しる」 - 07月14日(土)08:43  news

米朝首脳会談が実現し、1カ月が経過した。 非核化の道筋は不透明なままだが、武力衝突ではなく外交による、東西の緩衝地帯である朝鮮半島の平和構築に期待が高まっている ▼「北朝鮮と戦争になったらどうする」。韓国で知り合った、徴兵から戻ったばかりの学生に聞いた。 「同胞だが、国のために戦う」。悲壮感があふれていた。 休戦はしているものの、朝鮮戦争はいまだ終結していない ▼韓国で政権支持率が下がったときに浮上するのが領土問題や従軍慰安婦への補償など対日問題だ。 「抗日」が国民の支持を取り付けるため利用...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東アジア」の画像

もっと見る

「東アジア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる