「来年度」とは?

関連ニュース

さあ夏休みだ! 県内22市町村、小中学校で最後の授業 - 07月20日(金)15:13 

 秋田県内22市町村の小中学校で20日、1学期の終業式や夏休み前の最後の授業が行われた。 能代市では来年度、第五小に統合される鶴形小(児童10人)で終業式があり、小玉リツ子校長がだるまのイラストを手に…
カテゴリー:

都vs総務省 法人税収で火花 小池都知事「解決済み」 - 07月20日(金)11:26 

 地方法人課税の見直しをめぐり、国と東京都の対立が深まっている。総務省は来年度の税制改正で、大都市に集中する法人税収の一部をより手厚く地方に配れるようにしたい考えだ。財政難にあえぐ地方の自治体は歓迎す…
カテゴリー:

今年の冬からNHKを視聴するには「A-CASチップ」が必須になります。テレビを買い替えてください。 - 07月19日(木)15:05  news

東芝が4Kチューナ内蔵で先行できた理由は、BS 4K放送のために必要なACAS方式のICを別体で実装する方法としたため。 ACASのためのICは従来のB-CASカードのような別体ではなく、テレビ基板に実装される方式となっている。 ACAS方式のICが各テレビメーカーに出荷されるのは秋から年末のため、本来ならばチューナ内蔵型のテレビは発売できない。 東芝は、今春モデルでチューナ内蔵型のテレビを発売するため、来年度生産のモデルまで限定的に許される外部接続型を採用したわけだ。 このため、購入したユーザーは、ホームページなどでBS...
»続きを読む
カテゴリー:

九州新幹線長崎ルート 「フリーゲージトレイン」正式断念へ 30年経っても結論出せず - 07月19日(木)07:34  poverty

九州新幹線長崎ルート 「フリーゲージトレイン」正式断念へ 九州新幹線長崎ルートについて、与党の検討委員会は19日に開く会合で、新型車両「フリーゲージトレイン」の導入を正式に断念する方針です。 整備方法については結論を先送りし、佐賀県や長崎県などと協議を続けることにしています。 九州新幹線の長崎ルートをめぐっては、国土交通省が全線を新幹線とする「フル規格」での整備が収支効果などが最も高いという試算を出し、長崎県とJR九州がフル規格を要望する一方、佐賀県は追加の財政負担などを理由に反対しています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

研究連携:量子コンピューターを初導入 東工大と東北大 - 07月18日(水)21:09 

 東京工業大と東北大は18日、来年度に量子コンピューターを共同で導入し、これを活用する50人規模の研究連携拠点を設立すると発表した。量子コンピューターはスーパーコンピューターをはるかに上回る計算能力を持つとされ、実機が国内に入るのは初めてという。
カテゴリー:

経営難のJR北海道 国が400億円支援へ 来年度からの2年間 - 07月20日(金)12:28 

経営難に陥っているJR北海道に対し、国が2年間で総額400億円を支援する方向で最終調整していることがわかりました。HBC昼ニュースで放送2018年07月20日(金) 12時00分 更新
カテゴリー:

今冬からNHKを視聴するには「A-CAS」が必須になります。岡崎に感謝しながらテレビを買い替えてください。 - 07月19日(木)18:28  poverty

東芝が4Kチューナ内蔵で先行できた理由は、BS 4K放送のために必要なACAS方式のICを別体で実装する方法としたため。 ACASのためのICは従来のB-CASカードのような別体ではなく、テレビ基板に実装される方式となっている。 ACAS方式のICが各テレビメーカーに出荷されるのは秋から年末のため、本来ならばチューナ内蔵型のテレビは発売できない。 東芝は、今春モデルでチューナ内蔵型のテレビを発売するため、来年度生産のモデルまで限定的に許される外部接続型を採用したわけだ。 このため、購入したユーザーは、ホームページなどでBS...
»続きを読む
カテゴリー:

南海トラフ地震:「曽根避難タワー」完成 津波対策 - 07月19日(木)08:16 

 南海トラフ巨大地震などによる津波被害が想定されている宮崎県日向市の曽根町、財光寺両地区に今月、市が5カ年計画で整備している「避難タワー」が完成した。タワーは全計画の8カ所中6カ所で完成。残り2カ所は来年度完成する。【勝野昭龍】
カテゴリー:

色覚障害の人に配慮「暑さ指数」の色変更へ 環境省 - 07月19日(木)07:26 

熱中症予防のためにウェブサイトで公開している「暑さ指数」について、環境省は、5段階で表示する際の色が色覚障害がある人に識別されにくいとして、来年度から色を変更することになりました。
カテゴリー:

東急「東に渋谷、西に南町田という拠点を作る」 田園都市線の成長戦略 - 07月18日(水)19:22  news

 東京急行電鉄が2012年から進めている東京・渋谷駅周辺の再開発事業。6棟の大型複合ビルを建てる一大プロジェクトで、 多くは東京五輪のある20年までに完成します。渋谷再開発のその先の成長戦略は。今春、就任した高橋和夫社長(61)に聞きました。  ――渋谷の再開発が急ピッチで進んでいます。  「これは100年に一度の開発だ。東京五輪のある20年までに8割ができあがる。五輪で外国人がたくさん訪れているのに 渋谷駅前は工事中というわけにはいかない。スケジュール通りに進めて間に合わせたい」  ――再開...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「来年度」の画像

もっと見る

「来年度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる