「村上虹郎」とは?

関連ニュース

【熱愛/フライデー】池田エライザ×二世俳優・村上虹郎 高級マンションで“合鍵”通い愛 - 07月20日(金)11:13  mnewsplus

FRIDAY カリスマモデル・池田エライザ×二世俳優・村上虹郎 高級マンションで通い愛 “愛の巣“に帰ってきたエライザ(右)と虹郎。合鍵を持っているのか、バラバラで帰ってくる日もあった。  7月7日に公開された最新主演映画『ルームロンダリング』のPRのため、池田エライザ(22)は多忙な日々を送っていた。    雑誌のインタビューを受け、トークショーに登壇し、7月5日は、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にも生出演。  スタッフたちに見送られて、局を出るとエライザは一人でタクシーに乗り、都内のある豪華なタワー...
»続きを読む
カテゴリー:

「この世界の片隅に」で、松本穂香がレコーディングに初挑戦! - 07月18日(水)04:00 

TBS系で7月15日から始まった日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54)。このドラマの音楽を担当するのが久石譲。久石の音楽は放送前から注目を集めていたが、このたびドラマのオリジナル・サウンドトラックを8月29日(水)に発売することが決定した。 【写真を見る】劇中歌をレコーディング中の松本穂香/(C)TBS さらに、第1話ですずが歌ったわらべうたがこのサントラに収録されることも決定。この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。「山の向こうへ」と名付けられたこの劇中歌を歌うのは、ヒロインすずを演じる松本穂香。松本は初めてのレコーディングに緊張気味だったが、透明感のある声で聞く人をドラマの世界に引き込む歌になった。 ■ 松本穂香コメント レコーディングは初体験なので、すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)。 久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。 何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。 久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れ...more
カテゴリー:

吉田羊、海外ドラマ『BULL』第4話吹き替えゲスト - 07月17日(火)17:00 

 女優の吉田羊が、WOWOWで放送される海外ドラマ『BULL/ブル2 法廷を操る男』第4話(9月22日放送)の吹き替え版にゲスト出演する。同局のドラマ『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』で、捜査一課を引っ張る主人公の女刑事・石川百合を演じることから実現したコラボ企画。「私がイメージする“海外ドラマのアフレコ”、そのまんまでやらせていただきました(笑)。すごく楽しかったです!」と、笑顔でアフレコを振り返っていた。 【写真】アフレコ中の吉田羊  映画監督スティーヴン・スピルバーグや『Dr.HOUSE―ドクター・ハウス―』のポール・アタナシオらが製作総指揮を務め、全米新作テレビシリーズとなったドラマの第2シーズン。人間心理にフォーカスした異色の法廷劇で、心理学者ドクター・ブルを中心とした6人のスペシャリストが人間の心理を分析して裁判を誘導、クライアントを勝訴へと導く。全米で人気のテレビ司会者でもある心理学者フィル・マッグロウ(本作の製作総指揮も担当)が、かつて“訴訟コンサルタント”時代にした体験をモデルにしており、ユーモアあふれる軽快なトークで展開するストーリーが見どころ。  第4話で、吉田が吹き替えを担当するのは、ハリウッド女優アマヤ役で、養子に迎えたアレクサンダーという男児を巡る事件をきっかけに主人公のドクター・ブルを訴えて追い詰めていく。  映画吹替の経験はあっ...more
カテゴリー:

松本穂香×松坂桃李の結婚初夜に視聴者悶絶『この世界の片隅に』第1話 - 07月16日(月)11:56 

 ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が15日に放送され、主人公の浦野すずを演じた松本穂香と、結婚相手である北條周作を演じた松坂桃李のキスシーンに、SNSには「キスシーンにドキドキしたの久々」「きゅんきゅんがあった」といった視聴者の“悶絶”ツイートがあふれた。【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー 昭和9年のある日、広島市江波に住む少女・すず(新井美羽)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。すずは自宅に無事帰りつく。 時は経ち昭和18年秋。祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすずのもとに“すずを嫁に欲しい”という人が来ていると連絡が。事情がわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出くわす。哲が縁談の相手の人だと思っていたすずは、さらに頭が混乱する。 その頃、浦野家ではすずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)が、周作とその父・北條円太郎(田口トモロヲ)と共にすずの帰宅を待っていた。周作は以前、すずを見初めたというが、家の様子をこっそり覗いていたすずには、周作の姿はまったく見覚えがなかった。 クライマックスに差し掛かると、すずと周作が結婚初夜...more
カテゴリー:

今夜スタート『この世界の片隅に』、松本穂香の元に松坂桃李との縁談が… - 07月15日(日)11:45 

 女優の松本穂香が主演を務めるドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜からスタート。第1話では、ヒロインの元に縁談が持ちかけられ、伴侶と運命的な出会いを果たす様子が描かれる。【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー 本作は、累計130万部を突破したこうの史代による同名コミックを実写化したヒューマンドラマ。昭和19年ごろの広島・呉を舞台に、ヒロインの北條すず(松本)が、夫の周作(松坂桃李)らと送る日常を描いていく。 昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。すずは自宅に無事帰りつく。 時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)と共に祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすずのもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅に“すずを嫁に欲しい”という人が来ていると連絡があったのだ。事情がわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出くわす。哲が縁談の相手の人だと思っていたすずは、さらに頭が混乱する。 その頃、浦野家では北條周作とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(...more
カテゴリー:

人間の理性崩壊!村上虹郎主演「銃」モノクロの映像美際立つ特報完成 - 07月20日(金)10:00 

芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作を、村上虹郎の主演で実写映画化する「銃」の特報が、このほど公開された。美しくも危ういモノクロームの映像によって、人の欲望、本能、闇に迫る物語の一端が映し出されて...
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! ★2 - 07月18日(水)02:31  mnewsplus

この世界の片隅に:初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がすずさんに! 7/17(火) 10:04配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180717dog00m200010000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent TBS系日曜劇場「この世界の片隅に」でヒロインを務める松本穂香さん(左)と夫役の松坂桃李さん こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! - 07月17日(火)10:07  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。  コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を、数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」で実写連ドラ化。昨年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ...
»続きを読む
カテゴリー:

『この世界の片隅に』松本穂香らのオフショットがレトロでかわいい - 07月15日(日)17:30 

 本日スタートのドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)の公式インスタグラムが、出演者たちの撮影中&番宣中のオフショットを投稿し、「胸熱です」と話題になっている。【写真】『この世界の片隅に』オフショット集 本作は、累計130万部を突破したこうの史代による同名コミックを実写化したヒューマンドラマ。昭和19年ごろの広島・呉を舞台に、ヒロインの北條すず(松本)が、夫の周作(松坂桃李)らと送る日常を描いていく。 公式インスタグラムには、松本、仙道敦子、ドロンズ石本、久保田紗友、大内田悠平ら主人公の浦野家集合ショットや、幼少のすずとすみを演じる子役の新井美羽と野澤しおりのショット、周作の幼少期を演じる浅川大治と新井とのショットなどがレトロな色合いで投稿されているほか、松本、松坂、村上虹郎、二階堂ふみの『関口宏の東京フレンドパーク2018 7月ドラマ大集合SP』(TBS系)出演時の舞台裏4ショットなども。 これに対し、「いや、かわいいわ~」「ピースサインをした2人…すっごくかわいい笑顔してるなぁ~」「2人とも本当に素敵だな~」といった反響が。 また、このドラマで復帰する仙道に対し「本当に楽しみです、また仙道さんの演技に感動出来るひが来るのかと思うと」といった声も寄せられている。引用:https://www.instagram.com/konoseka_tbs/ ■関連記事【写...more
カテゴリー:

「松本穂香はすずそのもの」平成最後の夏、『この世界の片隅に』は我々になにを伝えようとしているのか - 07月14日(土)10:00 

こうの史代の大人気コミックを日曜劇場で実写ドラマ化した『この世界の片隅に』(TBS系、毎週日曜21:00~)が7月15日よりスタートする。太平洋戦争の最中、広島県の江波から呉へと嫁いだヒロイン・すずの数奇な運命を描いた本作。いったいどんなテイストに仕上がっているのだろうか。平成最後の年の夏、歴史ある日曜劇場の枠で放送されるのは、1人の平凡な女性の日常を綴りながら、戦時中の厳しい閉塞感を描いた『この世界の片隅に』だ。この題材について佐野亜裕美プロデューサーは「近年は王道のエンターテインメント作品が多かったですが、『天皇の料理番』や『とんび』など、じっくり人間を描くラインも日曜劇場にはあります」と説明すると「不条理に奪われていく日常をシビアに描くことで、逆説的に日常の大切さを実感できる。その意味で、逃げずに正面から向き合っていきたい」と意気込みを語る。こうのの『この世界の片隅に』と言えば、2016年にアニメ映画化され、数々の映画賞を受賞するなど大いなるヒットを遂げた作品だが、今回は実写化、しかも連続ドラマとして尺も長い。ドラマオリジナルの部分として、まず挙げられるのが現代パートだ。第1話の冒頭は、2018年から始まる。つまり、約70年前の時代を描きつつも、“現代劇”として表現しているのだ。この点について佐野プロデューサーは「現代からの視点を入れることで、より戦時中が浮き彫りになり、現代...more
カテゴリー:

もっと見る

「村上虹郎」の画像

もっと見る

「村上虹郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる