「本研究成果」とは?

関連ニュース

【物理学】新粒子「ダイオメガ」-スパコン「京」と数理で予言するクォーク6個の新世界- 理化学研究所[05/24] - 05月24日(木)17:50  scienceplus

理化学研究所(理研)仁科加速器科学研究センター量子ハドロン物理学研究室の権業慎也基礎科学特別研究員、 土井琢身専任研究員、数理創造プログラムの初田哲男プログラムディレクター、 京都大学基礎物理学研究所の佐々木健志特任助教、青木慎也教授、 大阪大学核物理研究センターの石井理修准教授らの共同研究グループ※「HAL QCD Collaboration[1]」は、 スーパーコンピュータ「京」[2]を用いることで、新粒子「ダイオメガ(ΩΩ)」の存在を理論的に予言しました。 本研究成果は、素粒子のクォーク[3]がどのように組み合わさって...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】学習成立には、早とちりより熟慮の失敗が重要/東京大学の池谷教授らが検証 - 05月04日(金)08:06  newsplus

◆学習成立には、早とちりより熟慮の失敗が重要 東京大学の池谷教授らが検証 東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、二択課題をラットに行わせ、じっくり考えた後の失敗が多かったラットの学習成立が早いことを見出した。 刻々と変化する自然環境で動物が生き抜くためには、柔軟な意思決定を行うことが重要である。 そのためには、決定の迅速さ(素早さ)と決定の適切さ(正確さ)の二つの要素が必須であるが、実社会では、素早く下した結論が間違っているなど、2つの要素は必ずしも両立するとは限らない。...
»続きを読む
カテゴリー:

生活習慣病の発症機序に迫る新たな代謝制御メカニズムを解明 - 05月17日(木)18:00 

[学校法人 順天堂] 本研究成果のポイント 本研究成果のポイントlパールカンを欠損させた骨格筋は、有酸素運動に特徴的な赤筋化がみられる パールカンの欠損により、内臓脂肪の蓄積、脂肪肝、脂質異常症が抑制される パールカンは...
カテゴリー:

「本研究成果」の画像

もっと見る

「本研究成果」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる