「本研究成果」とは?

関連ニュース

加齢黄斑変性症の病的血管新生のメカニズムを解明 - 09月20日(木)22:00 

[学校法人 順天堂] 【本研究成果のポイント】 病的血管新生をもたらすM2マクロファージの網膜への浸潤はロイコトリエンB4に依存する BLT1拮抗薬やロイコトリエンB4産生酵素阻害薬は病的血管新生を抑制する 加齢黄斑変性症の新規治...
カテゴリー:

水の持つ特別な性質について、東京大学が従来の通説を覆す発見[09/16] - 09月16日(日)21:52  scienceplus

 東京大学生産技術研究所の田中肇教授らの研究グループは、これまで特異なガラス転移現象として説明されてきた水の動的異常性が、実はガラス転移と無関係であり、液体の正四面体構造形成に起因していることを初めて突き止めた。  水が、4℃で最大密度を示す、結晶化の際に体積が膨張するなど、他の液体にない極めて特異な性質を持つことは広く知られている。また、通常の液体は、フラジャイルな液体(ガラスにならない液体)とストロングな液体(ガラスになる液体)に分類されるが、水は高温ではフラジャイル、低温ではストロングの...
»続きを読む
カテゴリー:

【数学】世界に1つだけの三角形の組 -抽象現代数学を駆使して素朴な定理の証明に成功 慶応大学[09/12] - 09月15日(土)13:40  scienceplus

 慶應義塾大学大学院理工学研究科 KiPAS 数論幾何グループの平川義之輔(博士課程 3 年)と松村英樹(博士課程 2 年)は、『辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除いて)たった 1 組しかない』という、これまで知られていなかった定理の証明に成功しました。  線の長さや図形の面積は、私たちの身の回りにあるものを測量する際に欠かせない基本的な「幾何学」的対象です。例えば、辺の長さが 3、4、5 の直角三角形は教科書でもおなじみの図形ですが、辺の長さが...
»続きを読む
カテゴリー:

脳梗塞モデルラットの神経再生と運動機能回復に成功 - 09月11日(火)18:00 

[学校法人 順天堂] 【本研究成果のポイント】 脳梗塞2週間後(亜急性期)のperi-infarct area(脳梗塞巣から300μm以内の梗塞周辺領域)にはセマフォリン3Aの発現が顕著に増加していた。 セマフォリン3Aを阻害することにより神...
カテゴリー:

世界50カ国の急性呼吸窮迫症候群患者に対する気管切開を疫学調査 - 09月10日(月)13:00 

[学校法人 順天堂] 【本研究成果のポイント】 気管切開は急性呼吸窮迫症候群患者の13%に行われており、その7割の患者は集中治療室に入院してから、1週間以降(中央値は2週間前後)に実施されている。 気管切開を受けた患者...
カテゴリー:

水の異常な挙動について定説を覆す新発見!東京大学研究グループ - 09月16日(日)22:31  news

東京大学生産技術研究所の田中肇教授らの研究グループは、これまで特異なガラス転移現象として説明されてきた水の動的異常性が、 実はガラス転移と無関係であり、液体の正四面体構造形成に起因していることを初めて突き止めた。  水が、4℃で最大密度を示す、結晶化の際に体積が膨張するなど、他の液体にない極めて特異な性質を持つことは広く知られている。 また、通常の液体は、フラジャイルな液体(ガラスにならない液体)とストロングな液体(ガラスになる液体)に分類されるが、 水は高温ではフラジャイル、低温ではストロ...
»続きを読む
カテゴリー:

【新定理】辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除き)1組だけ - 09月15日(土)13:59  poverty

 慶應義塾大学大学院理工学研究科 KiPAS 数論幾何グループの平川義之輔(博士課程 3 年)と松村英樹(博士課程 2 年)は、 『辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除いて)たった 1 組しかない』という、これまで知られていなかった定理の証明に成功しました。  線の長さや図形の面積は、私たちの身の回りにあるものを測量する際に欠かせない基本的な「幾何学」的対象です。例えば、辺の長さが 3、4、5 の直角三角形は教科書でもおなじみの図形ですが、 辺の...
»続きを読む
カテゴリー:

「3辺の長さの合計と面積がどちらも等しくなる直角三角形と二等辺三角形の組は、1組しかない」 - 09月12日(水)19:49  news

https://research-er.jp/articles/view/73675 世界に1つだけの三角形の組 -抽象現代数学を駆使して素朴な定理の証明に成功- 慶應義塾大学大学院理工学研究科 KiPAS 数論幾何グループの平川義之輔(博士課程 3 年)と松村英樹(博士課程 2 年)は、 『辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除いて)たった 1 組しかない』という、 これまで知られていなかった定理の証明に成功しました。  線の長さや図形の面積は、私たちの身の回りにあるものを測量する...
»続きを読む
カテゴリー:

スポーツ選手における筋損傷のリスクに関連する遺伝要因を解明 - 09月10日(月)13:00 

[学校法人 順天堂] 【本研究成果のポイント】 エストロゲン受容体遺伝子の個人差は筋損傷の受傷歴に関連していた。 筋損傷のリスクが低い遺伝子多型をもつアスリートは筋のスティフネスが低かった。 遺伝情報を考慮した新たなスポ...
カテゴリー:

「本研究成果」の画像

もっと見る

「本研究成果」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる