「本年度」とは?

関連ニュース

東北の創立70周年公立高 43校が定員割れ 入学者減で生き残り模索 - 07月18日(水)06:05 

創立70周年を本年度迎えた東北の公立高の多くが入学者減少で苦境に陥っている。いずれも1948年の学制改革を機に設立されたが、近年は過疎化や少子化の直撃を受ける。地域の若者が通う「町の高校」は生き残りへ
カテゴリー:

町の魅力見つけた 西馬音内小児童が地元商店取材 - 07月17日(火)10:44 

 秋田県羽後町内の商店を小学生が取材する「こどもまち探検隊」が14日、同町西馬音内の本町通りで行われた。西馬音内小学校の児童13人が、4チームに分かれて町の魅力の掘り起こしに挑戦した。 町が本年度から…
カテゴリー:

北方領土元島民ら墓参第1陣出発 歯舞群島・多楽島へ - 07月17日(火)10:06 

北方領土の元島民らによる「北方領土墓参」の本年度第1陣(芦崎秀樹団長)が17日、歯舞群島・多楽島に向けて船で北海道...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

年度重磅天象:7月27日火星迎十五年一遇“大冲” - 07月15日(日)16:38 

  原标题:本年度重磅天象:7月27日火星迎来十五年一遇“大冲”   新华社天津7月15日电(记者周润健)作为2018年天宇重磅天象,火星将于本月27日上演“冲日”表演,这次“冲日”特别之处在于这是十五年一遇的“大冲”。届时,地球上的人们会看到一颗火红火红的亮星几乎彻夜闪....
カテゴリー:

「出口塾」が学生起業支援 APU学長発案で立ち上げ 大分 - 07月14日(土)17:31 

 大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)は、学生の起業を支援する課外プログラム「APU起業部」(通称・出口塾)を立ち上げる。生命保険業界に変革をもたらしたライフネット生命保険の創業に関わった出口治明学長(70)が発案し、自ら塾長を務める。本年度は、将来の世界展開を志向するベンチャー5社の誕生を目指す。
カテゴリー:

女性が活躍できる職場テーマ、知事と県民が意見交換会 横手 - 07月17日(火)19:22 

 本年度1回目の佐竹敬久・秋田県知事と県民の意見交換会が17日、横手市の協同組合横手卸センターで開かれた。テーマは「女性が活躍できる職場環境づくり」。同市の会社経営者ら7人が取り組みを紹介し、課題など…
カテゴリー:

健診受けると商品券が当たるかも 嘉手納町 - 07月17日(火)10:35 

 【嘉手納】嘉手納町民の健康診断の受診率を向上させようと、沖縄県嘉手納町は「野國總管商品券」(500円分)を受診者に抽選でプレゼントする取り組みを実施している。嘉手納町の受診率は県平均に比べて低く、本年度の受診者数は532人と、昨年度の同時期に比べて減少しているが、町の担当者は「早期発見で治療で...
カテゴリー:

児童が語り部に挑戦 鹿角・草木小、伝説や民話を住民に披露 - 07月16日(月)11:20 

 本年度で閉校する秋田県鹿角市の草木小学校で11日、「鹿角のむがしっこの集い~さようなら、草木小学校」が開かれた。子どもたちと「鹿角民話の会どっとはらぇ」のメンバーが、住民ら約60人を前に、草木地区に…
カテゴリー:

新市発展へなりわい考案 富谷・市民会議始まる - 07月15日(日)09:24 

宮城県富谷市は14日、本年度1回目の「わくわく市民会議」を、市まちづくり産業交流プラザ(とみぷら)で開いた。富谷の地域性を踏まえた起業・創業をテーマに、公募に応じた30〜50代の市民ら10人がアイデア
カテゴリー:

雑紙アート、お題は七夕 仙台市民「ワケあり雑がみ部」2年目の活動本格化 - 07月14日(土)13:42 

紙袋や紙箱などリサイクル可能な雑紙でアート作品を作る仙台市民を中心としたプロジェクトチーム「ワケあり雑がみ部」が、2年目の活動を本格化させている。本年度は「紙」で縁のある仙台七夕まつり(8月6〜8日)
カテゴリー:

もっと見る

「本年度」の画像

もっと見る

「本年度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる