「未就学児」とは?

関連ニュース

今では考えられない!大らかすぎる「昭和の子育て」とは? - 06月17日(日)19:00 

環境の変化に敏感な子育ては、時代によって‟当たり前”が変わっていきます。 布オムツから紙オムツへの変化も、アレルギーの問題も、専業主婦が多数を占めていた時代から働くママが多くなったのも、今の時代だからこその‟当たり前”。もちろん、昔は「イクメン」なんて言葉もありませんでした。 そんな‟今”の時代で当たり前に子育てしていると、ふと自分の子ども時代を振り返り「昔は……」なんて思い出したりしませんか? ママスタBBSに寄せられた「今じゃ考えられらい昔の子育てあるある」というトピックス。懐かしさを感じる反面、今の時代とのギャップがおもしろいですよ。 ①なんでもアリ?まだまだゆるかった交通ルール 『軽トラの後ろに乗せられたり、車のトランクに入ったりしてた』 『じいちゃん運転の原付きに従兄弟と3人乗りして公園に連れて行ってもらってたよ! 今じゃありえないね』 『赤ちゃんおんぶして原付』 『私、自転車の前かごに乗せられてた。もちろんタダのかご』 今では、自動車にはチャイルドシートやジュニアシートの取付が義務となり、自転車に設置された子供用の座席は昔と比べると立派に、ヘルメットの装着も当たり前になりました。今と昔では、ずいぶん変わりましたね。 まだ交通ルールがゆるかった時代があったからこそ、安全のルール作りがなされたのではないでしょうか。昔での経験が‟今”に生きているのですね。(もちろん今...more
カテゴリー:

ソニーと学芸大「きかんしゃトーマス」の教育効果を研究 - 06月16日(土)10:15 

 ソニー・クリエイティブプロダクツと東京学芸大こども未来研究所は2018年6月15日、「きかんしゃトーマス」をはじめとしたキャラクターがもたらす教育的効果を調査・研究する共同研究プロジェクトを発足した。 共同研究プロジェクトでは、ソニー・クリエイティブプロダクツがマスターライセンスを保有する「きかんしゃトーマス」をはじめとしたキャラクターがもたらす教育効果について、学術的な視点に基づき、3つの仮説を通じて検証していく。2019年4月に調査結果を報告予定。 キャラクターの教育的効果を学術的に解き明かすにあたり、3つの仮説「ストーリーの追体験が子どもの非認知能力を育む」「『共通の遊び体験』を通して、キャラクターが子どもを『学び』へと導くファシリテーターとなる」「キャラクターの介在が子どもの豊かな心の成長を促す」を立て、質的調査と量的調査の双方から検証していく。 質的調査では、未就学児を対象に「きかんしゃトーマス」などのアニメ鑑賞による活動の変化や、きかんしゃトーマスのテーマパーク「トーマスランド」でのようすを専門家が観察する。 また、量的調査では、大人を対象に好きなキャラクターがあるか、またその趣向性と人格特性の相関に有意差が見られるか、キャラクターの趣向に関する調査を行う。 ソニー・クリエイティブプロダクツは、「原作出版から70年以上の歴史を持つクラシックキャラクターである『きかんし...more
カテゴリー:

「アナホリフクロウ」のヒナの名前を募集中 - 06月15日(金)14:59  news

富士花鳥園でアナホリフクロウのひなの名前募集中 6月から公開中 富士花鳥園(静岡県富士宮市)で現在、アナホリフクロウのひなの名前を募集している。 6月12日時点のアナホリフクロウのヒナ 生後2週間の時のひな メンフクロウ、アナホリフクロウ、アフリカワシミミズク、メガネフクロウなど、世界のフクロウが約30種100羽を飼育する同園。 ひなは4月27日に誕生し、6月2日から公開している。 誕生時は体重約50グラムで、成鳥は180グラム程度になるという。 同園で産まれたフクロウの展示は、スピックスコノハズクのポ...
»続きを読む
カテゴリー:

昭文社初、遊んで学ぶ地図絵本「シティーズとうきょう」6/14発売 - 06月11日(月)20:15 

 まっぷるやことりっぷを発行する昭文社は、IC4DESIGN(アイシーフォーデザイン)との共同企画として、遊びながら学べる地図絵本「シティーズとうきょう」を2018年6月14日に発売する。地図絵本ジャンルの刊行は、昭文社として初の試み。価格は1,500円(税別)。 「シティーズとうきょう」は、いろいろな星を旅しながら調査をしている「シティ星」から来たタビィが、助手のマッピーとともに日本の首都「東京」を探索するというストーリー仕立ての地図絵本。実際の東京の各エリアの地図や実在する施設をモチーフに、細やかで色彩豊かなイラスト地図に仕上げた。主人公とともに図中の建物や人などを探す「ミッション」に挑戦しながら、街を構成するビルや施設、観光名所、交通機関などを覚えられる構成で、地理的感覚や知識を身に付けることができる。 誌面には子どもの興味を引くイラストが細かくちりばめられており、多種多様な遊びと学びを実現できる。たとえば、未就学児などは「さがし絵本」として、おもしろいと思った人やアイテムを自由にたくさん見つけ、おもしろかったものを見せ合う遊びが適しているという。小学校中学年以上では「地図絵本」として、東京らしい建物や施設、景色などを見つけて書き出す遊び、自分の住んでいる街との違いを見つけて家族で話し合う遊びなど、年齢や興味の幅に合わせて自由に遊びと学びを広げていくことができる。 デザインと...more
カテゴリー:

のんさん本人が来場! 大阪・梅田ロフトで「のんひとり展 -女の子は牙をむく-」 - 06月09日(土)18:47 

梅田ロフトで6月7日(木)、のんさんの展覧会「“のん”ひとり展 -女の子は牙をむく-」が始まり、同9日(土)には本人が来場した。 【画像】目玉作品「ハムスター☆」をブラッシングするのんさん 同展は、女優、モデル、ミュージシャン、絵描きと多くの顔を持つ「創作あーちすと」のんさん初の個展で、今年春に渋谷で開かれたのに続いて開催。絵・写真・立体など大阪会場用に用意した40点含む200点弱(大阪会場用に用意した40点含む)の作品を展示し、原画やグッズなどの販売も行う。 のんさんは「いろんな人に見てもらいたかったので大阪開催はうれしい。(大阪会場用に)描き下ろした絵は今まで使ったことのない画材を使って挑戦した。牙をむいててパワフルで楽しいので皆さんお越しください」と呼び掛けた。 ※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。 ■ “のん”ひとり展 -女の子は牙をむく- 会 期:2018年6月7日(木)~6月26日(火) 10:30~21:00 ※最終日は18:00閉場 / 入場は閉場の30分前まで 会 場:ロフトフォーラム(梅田ロフト 5F) 大阪市北区茶屋町16-7 入場料:500円(おみくじ付) 未就学児無料 H P:http://www.loft.co.jp/shoplist/umeda お問い合わせ:06-6...more
カテゴリー:

【秋田】モフモフにメロメロ 秋田犬ふれあい処オープン - 06月17日(日)14:02  newsplus

6/17(日) 11:45配信 毎日新聞  16日、秋田市でオープンした「秋田犬ふれあい処(どころ) in 千秋公園」。オープンと同時に大勢の秋田犬ファンが詰めかけ、4匹の秋田犬目当てに写真撮影する姿がみられた。  記念セレモニーが行われ、同市の穂積志市長は「待望のオープンです。これを機に市と県全体を盛り上げていきたい」とあいさつ。関係者とテープカットして祝った。  秋田観光コンベンション協会が大館市の「秋田犬保存会」の協力を得た。同公園内に設けられた約20平方メートルのプレハブ小屋で、1匹が交代で常駐...
»続きを読む
カテゴリー:

【夏休み2018】ドローンなど最新技術に触れる「サマーラボ2018」全12コース - 06月15日(金)15:15 

 IT×ものづくり教室LITALICOワンダーは、未就学児(年中)から高校生まで参加できる夏の特別講習「サマーラボ2018」を2018年7月14日から9月2日の期間に開催する。ドローンを使ってプログラミング体験ができるワークショップなど12コースある。 サマーラボ2018は「楽しいだけじゃ、ものたりない!」をテーマに、自由研究・工作が1日で完成できるコースから、少しハイレベルにチャレンジできる2日間コースまで、12コースを開催。3Dペンや3Dプリンタ、ドローン、micro:bit(マイクロビット)、レゴWeDo2.0、レゴマインドストームEV3、あらゆるものをコントローラーに変えてしまう「Makey Makey」など、いつもと違ったテクノロジーツールを使ったものづくり体験ができる。 自由研究・工作が1日で完成できるコースでは、3Dペンで透明カプセルの中に障害物やコースを設計する「3Dペンで立体ビー玉迷路をつくろう!」や、ポケットサイズのコンピュータ「BBC micro:bit(マイクロビット)」を使ってガンシューティングのゲーム機を製作する「ミニコンピュータでガンシューティングづくり!」がある。 未就学児も参加できるコースでは、iPadでプログラミングできる「Viscuit(ビスケット)」を使ってゲームを作る「iPadではじめてのプログラミング オリジナルゲームをつくろう」や、体感...more
カテゴリー:

子どもの医療費、中学卒業まで無料に 那覇市が検討 - 06月13日(水)10:04 

 沖縄県那覇市の城間幹子市長は12日までに、子ども医療費の無料化について現時点で予定がある未就学児(0~6歳児)から、中学卒業まで拡大を目指す方針を示した。7日の市議会代表質問で「中学生までぜひ実現したい。前向きに取り組みたい」と述べた。多和田栄子市議(ニライ)への答弁。  那覇市ではこれまで、...
カテゴリー:

世界中のアクティビティを親子で体験!アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月12日オープン - 06月11日(月)10:00 

公園で思い切り遊ぶことができない雨の日、外に出ることさえめんどうになる暑い日。元気がありあまる親子の強〜い味方といえば、屋内の遊び場ですよね。テンションの上がった我が子を見守りながら、ママはのんびり……だったかもしれませんが、この夏、親子いっしょに身体を動かすことのできる注目の施設がオープンします! 親子いっしょに楽しめる、アスレチック施設。テーマは”対決”! 2018年7月12日(木)に東京大田区の商業施設「BIGFUN平和島」にオープンするのが、「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ”ヘイワジマ”)」。「体汗エンターテインメントセンター」のコンセプトどおり、身体を存分に使って汗をかいて楽しめる施設なのです。 「TONDEMI」はトランポリンエリア、クライミングウォールエリア、ロープウォークエリアなど、世界中から集めたアクティビティを気軽に体験できる次世代型アスレチック施設です。2017年に幕張新都心(千葉県美浜区)にオープンして以来、たくさんの親子が訪れる人気スポットとなっています。 この夏オープンする「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ “ヘイワジマ”)」は、その「TONDEMI」初の東京都内店。しかも面積はこれまでの施設の約3倍! 新規遊具も...more
カテゴリー:

アニメーションスタジオ「GONZO」の25周年を記念した作品展示会がスタート - 06月08日(金)14:45 

「GONZO 25th展」 2018年6月8日(金)から7月8日(日)まで、有楽町マルイ 8Fのイベントスペースにて「GONZO 25th展」が開催される。アニメーションスタジオ「GONZO」の25周年を記念した展示会。「SAMURAI 7」「巌窟王」「ロミオ×ジュリエット」「ラストエグザイル-銀翼のファム-」の4作品にフォーカスしている。 本展では、「GONZO」が手掛けた各作品の初出となる原画などを展示。キャラクターの設定資料や版権など、貴重な資料を交えて各作品の魅力に迫っている。会場では「巌窟王」でモンテ・クリスト伯爵を演じた中田譲治氏によるオリジナルナレーションを聞くことも可能だ。 さらに、この展示会に合わせて描き下ろされたイラストのフォトスポットなども登場。各作品のポストカード1枚(全4種からランダム)がプレゼントされる入場特典も用意されており、一部展示内容が入れ替わる前期(6月8日〜6月21日)と後期(6月22日〜7月8日)で入場特典の種類も変わる。 時間は11:00〜21:00(日祝は10:30〜20:30 / 入場は閉店30分前まで)で、入場料は一般800円(エポスカードの利用で500円)/ クリアファイル2枚付1500円(エポスカードの利用で1200円)/ 高校生以下500円 / 未就学児無料(入場特典はなし)。(c)GONZO K.K. All Rights R...more
カテゴリー:

もっと見る

「未就学児」の画像

もっと見る

「未就学児」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる