「未亡人」とは?

関連ニュース

オスカー女優ヘレン・ミレン「ウィンチェスターハウス」で気が重かったこととは? - 06月18日(月)17:00 

 現存する幽霊屋敷の実話を映画化した「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」で、初の本格ホラー出演を果たしたアカデミー賞女優、ヘレン・ミレンのインタビュー映像が公開された。 ・「ウィンチェスターハウス」ヘレン・ミレン インタビュー映像はこちら!  ミレンが演じるのは、娘、夫を突然の病気で失った未亡人サラ・ウィンチェスター。残された家族を亡霊たちから守るために、38年間もの間、1年365日・1日24時間休むことなく屋敷を増改築し続けたという史実を基に、サラの精神鑑定を請け負った医師エリック(ジェイソン・クラーク)とともに、恐るべき厄災に立ち向かうさまが描かれる。  インタビュー映像でミレンは、「サラ・ウィンチェスターには多くのうわさがある。彼女は生存中から伝説の存在だったのよ。彼女が建てている屋敷のせいでね」と、サラの人物像を解説。「サラのうわさは当時からすでにささやかれていて、屋敷が複雑に大きくなるにつれ、うわさも広がっていった」と続け、その伝説が「今も語り継がれているのよ」と語っている。  また、当時の状況をリアルに再現して注目を集めている衣装と屋敷のセットについても言及。「調査資料を基に当時の衣服を再現したの。サラの写真などを参考にしたわ」と明かし、「屋敷をできる限り忠実に再現した。ジグザグに造られた不思議な階段や他にもいろんなものをね」と、オーストラリア...more
カテゴリー:

家系ホラー『ウィンチェスターハウス』が家系ラーメン店と衝撃コラボ 恐ろしい仕掛けのあるホラーメンとは?[ホラー通信] - 06月15日(金)21:00 

いつか誰かがやってくれると信じてた。“家系ホラー映画”と“家系ラーメン”が待望のコラボです。 死者の呪いを恐れて増改築され続けた実在の屋敷“ウィンチェスター・ミステリー・ハウス”を題材とする映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』が人気家系ラーメンチェーン『壱角家』『魂心家』とコラボ決定。2店それぞれで別メニューを開発し、そのお味を対決するというバトル形式でございます。 ヘレン・ミレン「中途半端なもの出したら許さないわよ」 ※言ってません さっそくメニューのご紹介に行きましょう。 まずは『壱角家』。その名も『ウィンチェスターラーメン ビルド』です。仮面ライダーじゃないよ。赤と黒の麺、スープに浮かぶ赤と黒のオイルが衝撃的。チャーシューに赤いオイルが滴る図、完全に“血”ですね。 ビルド(build)=建設の名の通り、ウィンチェスター・ミステリー・ハウスの“増改築が続けられた”という要素に着目したこのラーメン、器の真ん中に鎮座する真っ黒な球体のキムチを解体すると、ラーメンに新たな味が“増築”されていくんだそうです。すごい、味の増築ってなに。ラーメンの可能性って無限大ですね。 続いて『魂心家』。家系ラーメン店ですがメニューにつけ麺も用意している『魂心家』、今回は『ウィンチェスターつけ麺 ブラッディ』で勝負です。 “呪いによって血に染まる”ウィンチェスター・ミステリー...more
カテゴリー:

【衝撃】金麦CM女性は「旦那の死を受け入れられない未亡人」説が話題に / 二度と帰らぬ夫の帰りを待つ - 06月15日(金)16:48  news

第三のビールとして絶大な支持を得ている「金麦」といえば、サントリーが誇る人気のお酒だが、その金麦のテレビコマーシャルがインターネット上で大きな話題となっている。 ・旦那の死を受け入れられない未亡人 このテレビコマーシャルに登場する女性を女優の檀れいさん(46歳)が演じているが、この女性の設定が、実は「旦那の死を受け入れられない未亡人」なのではないかと話題になっているのである。 ・旦那をお酒とご飯を用意して待つ 実際にテレビコマーシャルを観てみると、そこには檀れいさんが演じる既婚女性が登場。まだ...
»続きを読む
カテゴリー:

朝活・夜活に! バクスタめぐりでエクササイズ! - 06月09日(土)11:00 

■ 明治維新150周年ならではのダイエット? ビル街のまん真ん中にたたずむ日本の鉄道の父、井上勝。長州ファイブの一人で、勝手に戦隊カラーを妄想するなら、研究者タイプのグリーンかな? 「最近、運動不足に悩んでいる」「効率よくダイエットしたい」。そんなあなたに新提案。仕事帰りや出勤前のちょっとした時間を使って、バクスタめぐりはいかが? 幕末の偉人の像、像すなわちスタチュー、幕末のスタチューだから略してバクスタ! 一定のエリアのバクスタにウォーキングを主体に会いに行くことで、偉人のエピソードを知ったり像の写真をコレクトするという知的好奇心を満たしつつ、ウォーキングで汗を流してスッキリできるという一石二鳥、三鳥のエクササイズ。NHK大河ドラマ『西郷どん』の登場人物や、ゆかりの深い幕末の偉人を知るチャンスにも。 ということで実践してきました! 今回は東京都内を舞台に、 ●アフター5の夜活や朝活に現実的な「2時間」縛り ●エリア内のバクスタはウォーキングでめぐる ●次のエリアには電車かバスで移動 以上のルールで、いざバクスタめぐりに出発! ■ スタートはやっぱり旬の“あの人”<残り時間:120分> 今回のモデルコースでスタート地点に選んだのは、JR上野駅。上野のバクスタといえばもちろん西郷隆盛。駅の公園口を出て、東京文化会館と日本芸術院会館の間を歩くのが最短ルートだ。京成線の利用者は商業施設...more
カテゴリー:

【衝撃】金麦CM女性は「旦那の死を受け入れられない未亡人」説が話題に - 06月17日(日)14:06  news

第三のビールとして絶大な支持を得ている「金麦」といえば、サントリーが誇る人気のお酒だが、その金麦のテレビコマーシャルがインターネット上で大きな話題となっている。 ・旦那の死を受け入れられない未亡人 このテレビコマーシャルに登場する女性を女優の檀れいさん(46歳)が演じているが、この女性の設定が、実は「旦那の死を受け入れられない未亡人」なのではないかと話題になっているのである。 ・旦那をお酒とご飯を用意して待つ 実際にテレビコマーシャルを観てみると、そこには檀れいさんが演じる既婚女性が登場。まだ...
»続きを読む
カテゴリー:

実際にあった話ほど怖い!「ウィンチェスターハウス」監督兄弟が語る恐怖の本質 - 06月15日(金)18:00 

 現在も米カリフォルニア州サンノゼに存在する幽霊屋敷の実話を映画化したホラー「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」を手掛けたマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟監督が、ヘレン・ミレン出演の経緯とこだわった「恐怖」について明かした。  「西部を征服した銃」とまで呼ばれたウィンチェスター銃を開発し、莫大な富を築いた一族の未亡人サラ・ウィンチェスター。最愛の夫と娘を突然の病で失ったサラは、それがウィンチェスター銃で命を落とした者たちの呪いだと信じ、亡霊たちから身を守るために、38年間もの間、1年365日・1日24時間休むことなく屋敷を増改築し続けた。「これは、世にも恐ろしいお化け屋敷を舞台にした幽霊話さ。何が変わっているかと言えば、実在の人物をベースにしていること。屋敷も現存するし、状況も作り話ではない。内容的にも歴史的にも現代と通じるものがある」(ピーター)。  そのサラを演じたのが、「クィーン」のオスカー女優、ヘレン・ミレン。マイケルは「ホラー映画にこれまで出演したことはなかったからね。僕は最初に思ったよ、“ヘレン・ミレンがこの映画に出てくれたらすごいんだけどな”」と当初の想定を振り返るが、ミレンは出演を快諾。ミレンはスピエリッグ兄弟が手掛けたイーサン・ホーク主演作「プリデスティネーション」を鑑賞しており、兄弟たちの作品への出演を希望していたという。「出演を承諾し...more
カテゴリー:

呪われた屋敷『ウィンチェスターハウス』大島てる、清水崇ら目撃コメント到着 - 06月13日(水)18:10 

 女優のヘレン・ミレンが主演を務める映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』から、本編を一足早く“目撃”したホラー、映画、ミステリー界の著名人たち13人のコメントが到着した。【写真】『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』場面写真&オピニオンコメント アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに今も存在し、幽霊の目撃情報が相次ぐ世界的に有名な幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」。ウィンチェスター銃を開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター一族の未亡人であるサラ・ウィンチェスターによって建てられたその屋敷は、38年間、365日、24時間、絶え間なく増改築が続けらた。本作は、その忌まわしい実話に隠された恐怖を描く。 今回、コメントを寄せた人物の数でもある“13”は、生前のサラが執拗にこだわった数字だ。この“13”という数字にあやかり、本日6月13日に13人のコメントが到着。 事故物件を集めたサイトとして有名な「大島てる」管理人の大島てるは本作について「他人の死から利益を得ていると、遺族に恨まれる。殺した張本人ではないにもかかわらず。この家は、そうしたいわれなき恨みとの永年の闘いの記録である」とコメント。『富江』シリーズで知られる漫画家の伊藤潤二は「喪服の未亡人が創造した、血塗られたウィンチェスターハウス。そこに悲劇の精神科医が赴けば、嫌が上にも恐...more
カテゴリー:

【週刊文春】紹介者が初告白「紀州のドン・ファンと妻を引き合わせたのは私です」 - 06月06日(水)16:22  mnewsplus

◆紹介者が初告白「紀州のドン・ファンと妻を引き合わせたのは私です」 「紀州のドン・ファン」と呼ばれていた野崎幸助氏(77)が急死し、体内から覚せい剤が検出された事件。 今年2月に野崎氏と結婚し、100日余りで未亡人となってしまった妻(22)との出会いを、二人の間の紹介者が初めて「週刊文春」に告白した。 二人の出会いを巡っては、「羽田空港でナンパ」「高級デートクラブで出会った」など諸説入り乱れていた。 この紹介者は昨年11月、野崎氏から女性探しを頼まれたという。 「社長の条件は、とにかく美人、身長170セン...
»続きを読む
カテゴリー:

「未亡人」の画像

もっと見る

「未亡人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる