「木野花」とは?

関連ニュース

安田顕主演「愛しのアイリーン」に木野花&伊勢谷友介&新星ナッツ・シトイ参戦! - 06月16日(土)07:00 

 安田顕が主演し、新井英樹氏による漫画を映画化する「愛しのアイリーン」に、木野花、伊勢谷友介、そしてフィリピン人女優ナッツ・シトイが出演していることが発表された。あわせてポスタービジュアルが披露され、ピンクと紫に彩られたラブホテルのバスルームで、10万個のパチンコ玉に浸かる白タキシード姿の宍戸岩男(安田)と、後ろから抱きすくめるウェディングドレス姿のアイリーン(シトイ)を写し出している。  熱狂的なファンを持つ「ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化もされた「宮本から君へ」などで知られる新井氏の原作を、「ヒメアノ~ル」「犬猿」の吉田恵輔監督が映画化。42歳・独身の岩男が、フィリピン人女性アイリーンと国際結婚する姿を通じ、農村や日本が内包する社会問題を真っ向から描き出す。  そのなかで「恋人たち」などの木野は、1人息子である岩男を溺愛し、それゆえにアイリーンを追い詰めていく母・ツル役に。喪服姿でライフルを構えるなど、強烈な愛憎をさく裂させる母親を、恐るべき迫力で体現。そして伊勢谷は深遠なるヤクザ・塩崎に扮し、謎めいた存在感で物語にサスペンスフルな重圧を与える。さらにフィリピンオーディションで吉田監督に見出された新星シトイが、ヒロインであるアイリーンを演じている。  また主題歌は、奇妙礼太郎が今作のために書き下ろした「水面の輪舞曲(ロンド)」に決定した。「愛しのアイリーン」は、9月...more
カテゴリー:

パチンコ玉風呂に浸かるヤスケン『愛しのアイリーン』ビジュアル完成 - 06月15日(金)18:00 

 俳優の安田顕が主演を務め、新井英樹の同名コミックを実写化した映画『愛しのアイリーン』から、インパクト抜群のポスタービジュアルが到着。さらに新たな出演者も発表された。【写真】女装して登場した安田顕 本作は、熱狂的なファンを持つ『ザ・ワールド・イズ・マイン』や、池松壮亮主演でドラマ化された『宮本から君へ』などの作品で知られる漫画家・新井英樹が、1995年から96年にかけて「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載した同名コミックを実写化したバイオレンス・ラブストーリー。寒村出身の岩男と、彼がフィリピンで買ってきた妻のアイリーンの“戦慄の来訪記”を『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督によるメガホンで描く。 この度、発表された新キャストには、岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑・ツルを演じる木野花のほか、強烈な存在感を放つヤクザの男・塩崎役に伊勢谷友介、さらにフィリピンオーディションでヒロインのアイリーン役に抜てきされた新星ナッツ・シトイが顔をそろえる。また、本作のために書き下ろされた主題歌『水面の輪舞曲』を奇妙礼太郎が歌唱することが決定した。 併せて解禁されたポスタービジュアルは、ピンクと紫に彩られたラブホテルの浴槽に、10万発のパチンコが敷き詰められ、そこに白いタキシード姿の安田と、純白のウェディングドレスを着たシトイが身を沈めているというインパクト抜群の仕上がり。二人...more
カテゴリー:

『愛しのアイリーン』ビジュアル解禁 安田顕が10万個のパチンコ玉風呂に浸かる - 06月15日(金)18:00 

 俳優の安田顕が主演する映画『愛しのアイリーン』の公開日が9月14日に決定し、ポスタービジュアルが15日、解禁された。10万個のパチンコ玉を使用した印象的なデザインになっている。 【写真】『愛しのアイリーン』撮影中の安田顕  作品の舞台は、寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた。42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。ざわつく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける。  原作は、テレビ東京系連続ドラマ『宮本から君へ』などで知られる新井英樹氏の漫画。『麦子さんと』『ヒメアノ~ル』などを手がけた吉田恵輔監督がメガホンをとり、主人公・宍戸岩男を安田が渾身の力で怪演する。  新たに、岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑ツル役で木野花、ヤクザの塩崎役で伊勢谷友介の出演を発表。ヒロインであるアイリーン役には、フィリピンオーディションで吉田監督により見出された新星ナッツ・シトイが抜てきされた。主題歌は奇妙礼太郎の「水面の輪舞曲(ロンド)」に決定した。 【関連記事】 【写真】TEAM NACSのメンバーと楽しそうに話す安田顕 【写真】安田顕&ディーン・フジオカ、ベッド...more
カテゴリー:

二階堂ふみ、日曜劇場『この世界の片隅に』で遊女役!村上虹郎、宮本信子らも出演 - 06月04日(月)12:10 

松本穂香と松坂桃李が夫婦を演じることで話題の新ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系、7月スタート、毎週日曜21:00~)に、二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子、仙道敦子、ドロンズ石本、木野花、塩見三省、新井美羽、稲垣来泉といった豪華キャストの出演が決定した。本作は、こうの史代の累計120万部を突破した同名コミックが原作で、太平洋戦争中の軍港都市・呉を舞台に、北條周作(松坂)と結婚したすず(松本)の、かけがえのない日常を丁寧に描いていく。松本、松坂のほか、尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤蘭、伊藤沙莉、土村芳、久保田紗友が出演する。二階堂が演じるのは、呉にある朝日遊郭の遊女で、すずの良き友人となる白木リン。買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずと偶然知り合い、奇妙な友情を育むことになる、原作でも人気の高いキャラクターで物語のキーパーソンだ。二階堂は「生と死を身体で感じる日々の中に生きていた人々の暮らし。食べる寝る、誰かを愛し、今日を紡いで明日がある。当たり前が当たり前でなかった、悲しく寂しい時代に、私達と同じ人間が、懸命に生きていたことを感じる作品にできたら」とコメント。また、時代劇初挑戦となる村上が演じるのは、すずの幼馴染で、初恋の相手である水原哲。すずとは互いに淡い恋心を抱きながらも、亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊した。その後、周作と結婚したすずのもとへ、哲が再び現れる。村上は「都...more
カテゴリー:

「この世界の片隅に」で二階堂ふみが遊女に! 村上虹郎、宮本信子らも参戦 - 06月04日(月)05:00 

松本穂香と松坂桃李がヒロイン・すずと、その夫・周作を演じる7月期の日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)。このたび、追加キャストが発表された。 【写真を見る】ヒロインすずとすずの夫・周作を演じる松本穂香と松坂桃李/(C)TBS 原作でも人気が高いキャラクターの1人で、ひょんなことからすずと出会い、よき友人となる白木リン役には、二階堂ふみ。リンは広島・呉にある朝日遊郭の遊女で、買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずと偶然知り合い、奇妙な友情を育むことになる、この物語のキーパーソンだ。 そして、すずの幼なじみで、初恋の相手である水原哲役には、村上虹郎。すずとは互いに淡い恋心を抱きながらも、亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊。その後、周作と結婚したすずのもとへ、再び現れる。哲は、リン同様、原作の人気キャラクターである。 さらに、幼い頃から孫のすずを温かく見守り、不器用なすずの優しさを誰よりも理解している祖母・森田イトには宮本信子。ほか、すずの母・浦野キセノ役に仙道敦子、すずの父・浦野十郎役にドロンズ石本、すずが嫁いだ北條家の隣人家族の母で、主婦仲間のリーダー的存在である刈谷タキ役に木野花、隣人家族の祖父・堂本安次郎役に塩見三省と経験豊かな俳優陣が脇を固める。 そして、フレッシュな子役も決定! 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)や連続テレビ小...more
カテゴリー:

安田顕主演「愛しのアイリーン」に木野花&伊勢谷友介&新星ナッツ・シトイ参戦! - 06月16日(土)07:00 

安田顕が主演し、新井英樹氏による漫画を映画化する「愛しのアイリーン」に、木野花、伊勢谷友介、そしてフィリピン人女優ナッツ・シトイが出演していることが発表された。あわせてポスタービジュアルが披露さ...
カテゴリー:

「愛しのアイリーン」に木野花・伊勢谷友介、アイリーン役は新星ナッツ・シトイ - 06月15日(金)18:00 

新井英樹原作による実写映画「愛しのアイリーン」の追加キャストが公開された。
カテゴリー:

二階堂ふみ、日曜劇場『この世界の片隅に』で遊女役!村上虹郎、宮本信子らも出演 - 06月04日(月)12:18 

松本穂香と松坂桃李が夫婦を演じることで話題の新ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系、7月スタート、毎週日曜21:00~)に、二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子、仙道敦子、ドロンズ石本、木野花、塩見三省、新井美羽、稲垣来泉といった豪華キャストの出演が決定した。本作は、こうの史代の累計120万部を突破した同名コミックが原作で、太平洋戦争中の軍港都市・呉を舞台に、北條周作(松坂)と結婚したすず(松本)の、かけがえのない日常を丁寧に描いていく。松本、松坂のほか、尾野真千子、田口トモロヲ、伊藤蘭、伊藤沙莉、土村芳、久保田紗友が出演する。二階堂が演じるのは、呉にある朝日遊郭の遊女で、すずの良き友人となる白木リン。買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずと偶然知り合い、奇妙な友情を育むことになる、原作でも人気の高いキャラクターで物語のキーパーソンだ。二階堂は「生と死を身体で感じる日々の中に生きていた人々の暮らし。食べる寝る、誰かを愛し、今日を紡いで明日がある。当たり前が当たり前でなかった、悲しく寂しい時代に、私達と同じ人間が、懸命に生きていたことを感じる作品にできたら」とコメント。また、時代劇初挑戦となる村上が演じるのは、すずの幼馴染で、初恋の相手である水原哲。すずとは互いに淡い恋心を抱きながらも、亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊した。その後、周作と結婚したすずのもとへ、哲が再び現れる。村上は「都...more
カテゴリー:

二階堂ふみ、日曜劇場『この世界の片隅に』で遊女役!村上虹郎、宮本信子らも出演 - 06月04日(月)12:10 

松本穂香と松坂桃李が夫婦を演じることで話題の新ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系、7月スタート、毎週日曜21:00~)に、二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子、仙道敦子、ドロンズ石本、木野花、塩見三省、…
カテゴリー:

『この世界の片隅に』二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子ら追加キャスト決定 - 06月04日(月)05:00 

 女優の松本穂香が主演するドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)から、二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子ら追加キャストが発表された。【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー こうの史代による同名漫画を基にする本作は、昭和19年ごろの広島・呉を舞台に、ヒロインの北條すず(松本)が、夫の周作(松坂桃李)らと送る日常を描く人間ドラマ。 すずのよき友人となる遊郭の遊女・白木リンを演じる二階堂は、「当たり前が当たり前でなかった、悲しく寂しい時代に、私達と同じ人間が、懸命に生きていたことを感じる作品にできたらと思います」とコメント。 すずの幼馴染で、淡い初恋の相手である水原哲に扮する村上は、「こんな素晴らしい作品を実写ドラマ化と共によりたくさんの人に届けられること、そして水原哲という役を演じられることがとても嬉しいです」と喜びを明かす。 そして、不器用なすずの優しさを誰よりも理解し、陰ながら見守り続ける祖母・森田イトを演じる宮本は「私が演じるイトは明治生まれで、その時代を生きた人。ごくごく普通の人がその人なりに一生懸命生きてきた、その“なり”を芝居に活かしていきたいです」とメッセージを寄せている。 3人のほかに、すずの母・浦野キセノに仙道敦子、すずの父・浦野十郎をお笑いタレント兼俳優のドロンズ石本、隣人家族の母・刈谷タキを木野花、同じく隣人家族の祖父・堂...more
カテゴリー:

もっと見る

「木野花」の画像

もっと見る

「木野花」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる