「期金利」とは?

関連ニュース

日銀決定会合:現行緩和を維持 景気判断も据え置き - 09月19日(水)13:02 

 日銀は19日、金融政策決定会合を開き、短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債利回り)を0%程度に誘導する現行の超低金利政策を維持することを賛成多数で決めた。
カテゴリー:

日銀、金融政策の現状維持を決定 - 09月19日(水)12:29 

日銀は19日、2日目の金融政策決定会合を開き、現行の金融政策を維持することを決定した。短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和を継続する。長期国債は、年間約80兆円のめどを維持しつつ弾力的に買い入れる。
カテゴリー:

日銀、金融緩和の現状維持を決定 景気「緩やかに拡大」 - 09月19日(水)12:08 

 日本銀行は19日の金融政策決定会合で、現在の大規模な金融緩和政策の「現状維持」を決めた。長期金利の誘導目標は「ゼロ%程度」、金融機関が日銀に預ける資金の一部につけるマイナス金利は年0・1%で据え置く…
カテゴリー:

日銀決定会合:緩和議論に影響か 首相の「出口」言及で - 09月15日(土)22:01 

 日銀は18、19日に金融政策決定会合を開く。前回7月会合では、金融機関や年金の運用難など大規模緩和の長期化による副作用も考慮し、わずかながら長期金利の上昇を容認する政策修正を行った。今回はその効果を見極めるため、現行の金融政策を維持する見通しだ。大規模緩和を巡っては、安倍晋三首相が14日の自民党総
カテゴリー:

緩和副作用に危機感、日銀と温度差 全銀協会長が会見 - 09月13日(木)22:39 

日銀が金融緩和政策を7月末に修正し、長期金利の上昇を一定程度容認したことについて、金融業界は収益の改善にはつながっていないとして、さらなる見直しの必要性をにじま…
カテゴリー:

日銀決定会合:現行緩和を維持 - 09月19日(水)12:48 

 日銀は19日、金融政策決定会合を開き、短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年物国債利回り)を0%程度に誘導する現行の超低金利政策を維持することを賛成多数で決めた。
カテゴリー:

【日銀】大規模金融緩和策維持を決定 景気判断も据え置き 政策決定会合 - 09月19日(水)12:25  newsplus

日銀は19日まで開いた金融政策決定会合で、2%の物価目標の実現に向けて、大規模な金融緩和策を維持することを決めました。前回、7月の会合で行った政策の一部修正の影響を、当面見極める方針です。 日銀は19日までの2日間、金融政策決定会合を開いて国内外の景気や物価の動向を議論し、大規模な金融緩和策を維持することを賛成多数で決めました。 具体的には、長期金利は10年ものの国債の利回りが0%程度で推移するよう国債を買い入れ、状況によって一定の変動を容認します。 また、短期金利はマイナス金利政策を継続し、日銀...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀、大規模緩和維持へ 首相の「出口」言及 議論に影響か - 09月19日(水)10:58 

日銀は19日、2日目の金融政策決定会合を開いた。2%の物価上昇目標の実現に向け、短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に抑える現行の大規模金融緩和の枠組…
カテゴリー:

NY円:2カ月ぶりの円安水準 一時112円17銭 - 09月15日(土)08:29 

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=112円17銭をつけた。7月20日以来、約2カ月ぶりの円安水準。米追加利上げ観測を背景に米長期金利の指標となる10年債利回りが一時、約1カ月半ぶりに3%台をつけ、日米の金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢となった。
カテゴリー:

長期金利0・105% - 09月13日(木)10:06 

13日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(351回債、表面利率0・1%)の利回りが前日終値と同じ0・105%で始まった。相場を動かす要因が乏しく…
カテゴリー:

もっと見る

「期金利」の画像

もっと見る

「期金利」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる