「月期連結決算」とは?

関連ニュース

JTBの19年3月期は151億円の最終赤字、減損や再編損で - 不景気.com - 05月24日(金)20:48 

大手旅行会社の「JTB」は、2019年3月期連結決算を発表し、当期純損益が151...
カテゴリー:

運用好調で各社増益 外貨建て保険で明暗 主要生保決算 - 05月24日(金)19:27 

 国内主要生命保険会社9社の平成31年3月期連結決算が24日、出そろった。本業のもうけを示す基礎利益は、安定した為替環境を背景におおむね良好だった相場環境を反映して6社が増益。日本生命保険、第一生命ホールディングス(HD)、明治安田生命保険、ソニー生命保険は最高益となった。売上高に当たる保険料等収入は、外貨建て保険の販売堅調などが寄与し6社が増収となった。
カテゴリー:

「ラッパマーク」外して初の100億円超 大幸薬品 - 05月23日(木)20:27 

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。
カテゴリー:

2019年3月期連結決算速報 - 05月23日(木)18:54 

[株式会社ダイナム]  当社の2019年3月期は、営業収入146,371百万円(前期比3.8%減)、税引前当期利益19,369百万円、当期利益12,591百万円(前期比15.2%増)の減収増益となりました。  中核事業であるパチンコホール業界におきまし...
カテゴリー:

ライザップ瀬戸社長の覚悟「来年黒字化できなければ...」:ガイアの夜明け - 05月21日(火)08:56 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。5月21日(火)は、「"激震"ライザップ復活の道は...」を放送。2019年3月期連結決算の最終損益が193億円の赤字になると発表したRIZAPグループ株式会社(以下:ライザップ)。番組では、改革に取り組む瀬戸健社長に独占密着し、グループ"減量化"を目指した会社売却や立て直しの裏側を取材。苦境に立たされた企業の復活への道筋を追う。「来年黒字化できなければ、僕はここにいない」5月15日(水)、ライザップの決算説明会が開かれた。瀬戸健社長が明らかにしたのは衝撃の数字。企業買収を進めたことで、売り上げは1000億円増えて2225億円になったものの利益は大幅に減少。最終損益は193億円の大幅赤字になったのだ。80社にまで膨れ上がったグループ会社の再生が進まず、構造改革の費用が膨らんだ結果だという。ライザップの主力事業といえば、ジム部門。売りは、専任トレーナーが個室でマンツーマンのトレーニング指導をしてくれること。食事の内容をトレーナーがチェックするなど、カロリーや糖質の管理も徹底している。基本コースは2ヵ月で約38万円。全国に約190店舗展開し、会員数は13万人に上る。瀬戸さんは24歳で健康食品の会社を設立。その9年後にライザップを立ち上げ、大ヒットさせた。瀬戸...more
カテゴリー:

運用好調で各社増益 外貨建て保険で明暗 主要生保決算 - 05月24日(金)19:43 

国内主要生命保険会社9社の平成31年3月期連結決算が24日、出そろった。本業のもうけを示す基礎利益は、安定した為替環境を背景におおむね良好だった相場環境を反映し…
カテゴリー:

【 #クレベリン 】大幸薬品「商品からラッパのマーク外したら売上高が過去最高になりました」 - 05月24日(金)00:51  newsplus

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。  昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。  クレベリンは昨シーズン、パッケージから同社のシンボル「ラッパのマーク」を外し、シンプルでおしゃれなデザインに刷新したところ、消費者に好感されて売れ行きが伸びた。売上高は前期比22%増の48億円となり、全体の売上高を押し上げた。  大幸薬品が平成20年に発売したクレベ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ラッパマーク」外して初の100億円超 大幸薬品 - 05月23日(木)20:18 

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。
カテゴリー:

【アベノミクスの果実】地銀どころじゃなかった メガバンク 人員・店舗削減加速 - 05月22日(水)08:36  seijinewsplus

 3メガバンクは国内の人員や店舗の削減など構造改革を加速させている。少子高齢化や人口減少で事業環境は元々厳しい上に、2013年から始まった日銀の大規模緩和による低金利で利ざやが稼げない。もうけが出にくい事業環境は当面続くとみられ、人的、物的面であらゆる合理化努力を迫られている。 (岸本拓也)  各行は人工知能(AI)やデジタル技術などを活用し、これまで人間の手で行っていた事務作業を大幅に効率化。浮いた人員を営業現場などに回す一方、定年退職による自然減と新卒採用の抑制で総人員を減らしている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

損保大手、2グループ増益 19年3月期決算、米ハリケーンの影響なくなる - 05月21日(火)06:30 

損害保険大手3グループは20日、2019年3月期連結決算を発表した。MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)とSOMPOHDの最終利益は、前期…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「月期連結決算」の画像

もっと見る

「月期連結決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる