「月期連結決算」とは?

関連ニュース

アイ・ケイ・ケイ 7期連続の増収、過去最高 - 12月15日(土)10:30 

結婚式場を全国展開するアイ・ケイ・ケイ(伊万里市、金子和斗志社長)が14日に発表した2018年10月期連結決算は、売上高が10・1%増の200億900万円で7期連続の増収となり、過去最高を更新した。経常利益は14・8%増の20億9400万円。純利益は3・5%増の13億6500万円だった。 主力の婚礼事業では、岡崎と大阪支店の稼働が増収に貢献した。既存店での婚礼数の減少や、大阪支店の開業費用や人件費の増加があったものの、婚礼事業の営業利益は14・6%増の20億2600万円だった。
カテゴリー:

【東証】パイオニア、上場廃止へ ★2 - 12月07日(金)19:36  newsplus

パイオニア、上場廃止へ 香港ファンドが買収 15%人員削減も 経営再建中のパイオニアは7日、香港拠点の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアの傘下に入ると発表した。ベアリングが総額1020億円を投じて買収する。パイオニアはベアリングの完全子会社となり、上場廃止になる。外資ファンドの傘下で再生を目指す。 パイオニアが2019年1月25日に開く臨時株主総会で正式に決める。ベアリングは第三者割当増資と債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ、DES)で770億円を出資。既存株主からも約250億円で株式...
»続きを読む
カテゴリー:

【東証】パイオニア、上場廃止へ ★3 - 12月08日(土)15:44  newsplus

パイオニア、上場廃止へ 香港ファンドが買収 15%人員削減も 経営再建中のパイオニアは7日、香港拠点の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアの傘下に入ると発表した。ベアリングが総額1020億円を投じて買収する。パイオニアはベアリングの完全子会社となり、上場廃止になる。外資ファンドの傘下で再生を目指す。 パイオニアが2019年1月25日に開く臨時株主総会で正式に決める。ベアリングは第三者割当増資と債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ、DES)で770億円を出資。既存株主からも約250億円で株式...
»続きを読む
カテゴリー:

「月期連結決算」の画像

もっと見る

「月期連結決算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる