「月期連結決算」とは?

関連ニュース

日産ゴーン逮捕後、初決算(1) 純利益76.7%減 米・中市場減益「ゴーン報酬92億円」計上 - 02月16日(土)11:18 

2月12日、自動車大手7社の2018年4~12月期連結決算が出そろった。
カテゴリー:

サッポロ除き3社増収、アサヒは欧州ビール事業が好調 ビール4社決算 - 02月15日(金)21:02 

 ビール大手4社の2018年12月期連結決算が15日、出そろった。国内酒類市場の縮小が続く中、サッポロホールディングス(HD)を除く3社が増収を確保したが、利益面では海外事業で明暗が分かれた。
カテゴリー:

ビール大手4社決算、国内ビール縮小も3社が増収 30年12月期 - 02月15日(金)20:29 

 ビール大手4社の平成30年12月期連結決算(国際会計基準)が15日、出そろった。国内ビール市場が縮小する中、海外事業で明暗を分けた。サントリーホールディングス(HD)、アサヒグループHD、キリンHDの3社が増収を確保し、国内、米国市場で苦戦したサッポロHDは減収となった。31年12月期の見通しは各社とも増収を見込む。
カテゴリー:

物流は重要課題、AI活用で改善=減益決算で新浪サントリー社長 - 02月15日(金)17:05 

サントリーホールディングス[SUNTH.UL]が15日発表した2018年12月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比1.1%減の2508億円となった。酒類は堅調に推移したが、飲料・食品で物流費などサプライチェーンコストが増加、利益を圧迫した。
カテゴリー:

アース製薬、上場以来初の赤字転落  猛暑で蚊が飛ばず?殺虫剤不振 - 02月15日(金)13:30 

大塚グループのアース製薬(東京)が発表した2018年12月期連結決算は、純損益が1億4200万円の赤字(前期は22億500万円の黒字)で、05年の上場以来初の赤字に転落した。昨年の猛暑などで屋外レジャー需要が落ち込み、殺虫剤の販売が低迷した。売上高はベトナムの家庭用品会社を傘下に収めたことが寄与し、0・8%増の1811億400万円だった。 主な事業別に売上高を見ると、「アースジェット」や蚊取り線香など虫ケア用品部門は5・2%減の521億円で、猛暑や豪雨などによる市場低迷の影響を受けた。
カテゴリー:

東芝、テレビ撤退完了へ 海外販売子会社を売却 - 02月15日(金)21:45 

 東芝は15日、インドネシアのテレビ販売子会社を地元企業に売却すると発表した。これに伴い、海外のテレビ事業の撤退が完了する。売却額は非公表だが、2019年3月期連結決算で約20億円の損失を計上する。
カテゴリー:

ビール大手4社決算、国内ビール縮小も3社が増収 30年12月期 - 02月15日(金)20:41 

ビール大手4社の平成30年12月期連結決算(国際会計基準)が15日、出そろった。国内ビール市場が縮小する中、海外事業で明暗を分けた。サントリーホールディングス(…
カテゴリー:

旧東洋ゴム工業が減益 免震ゴム不正の損失膨らむ - 02月15日(金)18:42 

 東洋ゴム工業から社名変更したTOYOTIRE(トーヨータイヤ)が15日発表した2018年12月期連結決算は、最終(当期)利益が前期比31.8%減の105億円だった。免震ゴムのデータ改ざんに伴う特別損失が175億円に上ったことが響いた。
カテゴリー:

パイオニア、最終赤字106億円。主力のカーナビが売れない。アジア系ファンドの子会社になってしまう - 02月15日(金)13:55  poverty

パイオニア、最終赤字106億円 パイオニアが14日発表した2018年4~12月期連結決算は、最 終損益が106億円の赤字(前年同期は55億円の赤字)だった。 主力のカーエレクトロニクス事業で自動車メーカー向け製 品の開発費用が膨らんだ。市販品、自動車メーカー向けと も販売は苦戦し、売上高は前年同期比4%減の2608億円だった。 同社はアジア系ファンド、ベアリング・プライベート ・エクイティ・アジアの完全子会社になり3月27日に上場を 廃止。上場企業として今回が最後の決算発表となる https://www.nikkei.com/article/DGXM...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀、961億円の赤字 18年4~12月期 顧客離れ止まらず - 02月15日(金)05:18 

スルガ銀行が14日発表した2018年4~12月期連結決算は、最終損益が961億円の赤字となった。中間期に計上したシェアハウス向け不正融資に絡む多額の貸倒引当金が…
カテゴリー:

もっと見る

「月期連結決算」の画像

もっと見る

「月期連結決算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる