「月期連結決算」とは?

関連ニュース

【家電】白物家電に高級化の波 - 10月20日(土)20:13  bizplus

洗濯機などの「白物家電」に高級化の波が押し寄せている。ここ数年、家電ベンチャーが機能を追求したシンプルデザインの製品を高価格展開したことで市場が形成され、大手が追随したのがきっかけだ。家電大手は、総合電機メーカーとして培ってきたモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの技術を生かすことで、白物家電とネットを組み合わせた新サービスを模索し、家電ベンチャーと差別化しようとしている。(飯田耕司)  洗乾機が30万円超  日立製作所子会社の日立アプライアンスとシャープが11月から発売する...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】衣料品店のライトオン、業績悪化で閉店ラッシュ…高品質で安価なジーンズのユニクロなどに客流出★2 - 10月18日(木)19:55  newsplus

ライトオンの業績が深刻だ。 10月2日発表の2018年8月期連結決算は、売上高が767億円だった。 同期から連結決算に移行したため単純比較はできないが、単独決算だった前期に比べ4%減った。 純損益は4億円の黒字(前期は44億円の赤字)だった。 主力のカジュアル衣料品店「ライトオン」の店舗数が1年で18店純減し495店にまで減ったほか、既存店売上高が前期比5.2%減と苦戦したことが影響した。 純損益は赤字から黒字に転換したが、閉店店舗と収益性が低下した店舗について3億円超の減損損失を計上したため、低水準にとどまった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

3店閉鎖の三越伊勢丹、大丸松坂屋と明暗を分けた「脱・百貨店」 - 10月18日(木)05:00 

先日、3店の不採算店舗の閉鎖を発表した三越伊勢丹ホールディングス。18年3月期連結決算では8年ぶりの赤字を記録するなど、同社の経営は厳しいものとなっています。一方、18年2月期連結決算で増収増益を達成した、大丸松坂屋百貨店などを展開するJ・フロントリテイリング。何が両社の明暗を分けたのでしょうか。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、自身の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』で詳しく分析しています。 三越伊勢丹、さらに3店閉鎖。好調Jフロントと差がついたワケ 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は9月26日、伊勢丹相模原店(相模原市)と伊勢丹府中店(府中市)、三越新潟店(新潟市)の3店を閉鎖すると発表しました。業績不振が続く同社は不採算店の閉鎖を進めており、低迷が続く3店を閉鎖することで収益を改善させる考えです。 3店はいずれも1996年度が売上高のピークで、直近の2017年度の売上高は相模原店がピーク比約5割減の195億円、府中店が4割減の148億円、新潟三越が5割減の129億円となっています。 3店がピークを迎えた96年ごろは日本の消費が転換点を迎えた時期でもありました。働き手であると同時に消費の主役でもある15~64歳の生産年齢人口は95年でピーク(総務省「人口推計」)を迎えます。そして、97年4月の消費増税(3%から5%に引き上げ)がその後のデ...more
カテゴリー:

ユニクロ 柳井会長の息子二人、取締役に - 10月12日(金)11:41  news

カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは11日、柳井正会長兼社長の 息子2人を11月末の株主総会を経て取締役とする人事を発表した。  現在、グループ執行役員を務める2人にとっては昇進となる。柳井氏は11日の決算記者会見で、 人事の狙いを「私がいなくても(創業一族として経営への)ガバナンスを効かせるという意味で2人を 選んだ」と説明した。  さらに自身の進退に関する記者からの質問には、「退任はまず考えていない。必要とされるうちは 仕事をしたい」と述べ、当面続投する考えを強...
»続きを読む
カテゴリー:

ファストリ18年8月期連結 売上収益2兆円越え - 10月11日(木)16:20 

 ファーストリテイリングの18年8月期連結決算は前期比2ケタの増収増益となり、売上収益は初めて2兆円を超えた。海外ユニクロの伸びが下期も続き、利益面でも大きく貢献した。全社の売上収益は2兆1300億円で14.4%増...
カテゴリー:

【企業】衣料品店のライトオン、業績悪化で閉店ラッシュ…高品質で安価なジーンズのユニクロなどに客流出★3 - 10月19日(金)06:00  newsplus

ライトオンの業績が深刻だ。 10月2日発表の2018年8月期連結決算は、売上高が767億円だった。 同期から連結決算に移行したため単純比較はできないが、単独決算だった前期に比べ4%減った。 純損益は4億円の黒字(前期は44億円の赤字)だった。 主力のカジュアル衣料品店「ライトオン」の店舗数が1年で18店純減し495店にまで減ったほか、既存店売上高が前期比5.2%減と苦戦したことが影響した。 純損益は赤字から黒字に転換したが、閉店店舗と収益性が低下した店舗について3億円超の減損損失を計上したため、低水準にとどまった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】衣料品店のライトオン、業績悪化で閉店ラッシュ…高品質で安価なジーンズのユニクロなどに客流出 - 10月18日(木)15:46  newsplus

ライトオンの業績が深刻だ。 10月2日発表の2018年8月期連結決算は、売上高が767億円だった。 同期から連結決算に移行したため単純比較はできないが、単独決算だった前期に比べ4%減った。 純損益は4億円の黒字(前期は44億円の赤字)だった。   主力のカジュアル衣料品店「ライトオン」の店舗数が1年で18店純減し495店にまで減ったほか、既存店売上高が前期比5.2%減と苦戦したことが影響した。 純損益は赤字から黒字に転換したが、閉店店舗と収益性が低下した店舗について3億円超の減損損失を計上したため、低水準にとどまっ...
»続きを読む
カテゴリー:

不正販売:米の野村HD子会社が540億円支払い - 10月17日(水)10:05 

 米司法省は16日、金融危機のきっかけになった住宅ローン担保証券の不正販売に絡み、野村ホールディングスの米子会社が4億8000万ドル(約540億円)を支払うことで和解したと発表した。野村は2019年3月期連結決算の損益への影響額を約200億円と見込んでおり、7~9月期に費用計上する。
カテゴリー:

ユニクロ、柳井氏の長男と次男が取締役に 売上2兆円初の突破 - 10月11日(木)21:01 

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが11日発表した平成30年8月期連結決算は、売上高に相当する売上収益が初めて2兆円を突破するなど、…
カテゴリー:

「月期連結決算」の画像

もっと見る

「月期連結決算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる