「最高顧問」とは?

関連ニュース

【話題】 麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足、最高顧問は川淵三郎氏・・・8月7日、プロ雀士約2000人を対象にドラフトを開催 - 07月17日(火)14:46  mnewsplus

日本に全く新しい麻雀プロリーグが誕生した。一般社団法人Mリーグ機構は7月17日、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の発足を発表した。 都内で行われた記者会見で、代表理事を務めるサイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長は「ゴールの1つは麻雀をオリンピック競技にすること」と宣言。 7つのチームが参加した同リーグは、10月1日に開幕し、優勝チームには賞金5000万円が贈られる。 Mリーグは、7つのチームが1チームあたり80試合のリーグ戦を行う、新たなプロリーグ戦。 藤田社長は自身の麻雀についての経験を語りつつ「ビジネスに必...
»続きを読む
カテゴリー:

プロ麻雀リーグ『Mリーグ』発足 10月開幕へ 麻雀のプロスポーツ化目指す - 07月17日(火)12:00 

 一般社団法人「Mリーグ機構」(代表理事:藤田晋氏)は17日、都内でプロ麻雀リ0グ『Mリーグ』の発足を発表。10月に開幕し、プロスポーツ化を目的に麻雀自体の社会的地位の向上など目指す。  国内では麻雀が親しまれ、現在、プロ団体に所属するプロ雀士は数1000人にも上ると言われている。一方で博打のイメージが強いことやルールの複雑さなどが理由で社会的地位の向上が進まないという歴史もあった。しかし、昨年4月に麻雀は国際マインドスポーツに認定され、近年はオンライン麻雀ゲームや対戦動画が人気を集め、認知性予防の「健康麻雀」が高齢者を中心に行われ、幅広いファン層獲得の追い風が吹いている。  また、eスポーツがプロ化。多様なスポーツが生まれ、麻雀のプロスポーツ化を狙う「Mリーグ機構」も誕生。プロ麻雀リーグ『Mリーグ』の発足を通じて、日本国内においても麻雀の競技化、健全化を図り、麻雀自体の社会的地位の向上及び認知の拡大、新たなファンの獲得を目指す。  シーズンは10月に開幕し、翌年3月まで。参加企業、チームは7つで各チーム3人が登録選手となる。試合数は初年度1チームにつき80試合。  藤田代表理事(サイバーエージェント代表取締役社長)は「運の要素が大きいと思われている麻雀という競技ですが、実は長期のリーグ選になればなるほど、ほぼ実力通りの順位に決着がつきます。現在、日本国内には2000人を超...more
カテゴリー:

桂歌丸さん告別式、師匠の米丸、柳亭市馬、木久扇が弔辞 - 07月11日(水)16:10 

 2日に慢性閉塞性肺疾患のため81歳で亡くなった落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、神奈川・横浜の妙蓮寺で椎名家・落語芸術協会の合同にてしめやかに営まれた。歌丸さんの師匠で、落語芸術協会の最高顧問・桂米丸(93)、落語協会の会長・柳亭市馬(56)、『笑点』を代表して林家木久扇(80)が弔辞を読み上げた。 【写真】桂歌丸さんを追悼した笑点メンバー  米丸は「思い出は数限りなくあります。意思の強い、真面目な人でした。『笑点』で看板になって、そこでどっこいしょと休みたくなりますけど、そこで溺れず落語をやろうと取り組んでいました」と回顧。晩年は闘病しながらも高座に立ってきたが「『この人は、死ぬまでやるぞ』と、私はその真剣さにホロリとしました。『笑点』をやりながら、自分の好きな古典もじっくりやる。お見事でした。今度はどうぞゆっくりお休みください」と天を仰いだ。  一方、市馬は「師匠の落語は聞く人みんなを穏やかにするものでした。長い間、よい噺(はなし)、すばらしい噺をありがとうございました」と感謝。木久扇も「6月20日に師匠のお見舞いに行った時は、まだ意識がはっきりしていらっしゃって、発声練習の紙を見せてくれて『パンダの食事はパンだ』というのをやっていると、手振りを交えて教えてくれました。また元気になってやってくれるんだと思っていました。...more
カテゴリー:

桂歌丸さん通夜に桂米丸、桂文枝ら約70人参列 - 07月09日(月)21:05 

 2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で亡くなった落語家桂歌丸さん(享年81)の通夜が9日、横浜市の葬祭場で営まれた。歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会最高顧問の桂米丸(93)をはじめ、上方落語協会前会長の桂文枝(74)らが参列した。…
カテゴリー:

【落語】桂歌丸さん告別式 師匠の桂米丸(93)が弔辞読むことに決定・・・現役最高齢落語家 - 07月06日(金)07:40  mnewsplus

今月2日に慢性閉塞性肺疾患で死去した落語家の桂歌丸(本名・椎名巌)さん (享年81)の落語芸術協会・椎名家合同告別式(11日、横浜市の妙蓮寺)で 師匠の桂米丸(93)が弔辞を読むことが5日、分かった。 米丸は歌丸さんが1951年に5代目古今亭今輔に入門した時の兄弟子で61年からは師匠を務めた。 現在も最高齢の現役落語家として高座に上がり続ける一方で協会最高顧問も務めており、 12歳年下の弟子のために別れを告げる。 2日に本紙の取材に応じた際は「ガックリきちゃって…こっちが先に逝くと思っていたの...
»続きを読む
カテゴリー:

田中圭『おっさんずラブ』でブレイクも「何も変わらず」 突然の質問に苦笑い - 07月17日(火)13:29 

 俳優の田中圭が17日、都内で行われた麻雀プロリーグ『Mリーグ』の発足会見にゲストとして参加。現在、人気急上昇中だが「何も変わらず」と平常心で仕事に取り組んでいることを明かした。 【写真】握手をした藤田代表理事&川淵三郎氏  田中は話題のドラマ『おっさんずラブ』に主演し、大ブレイク。質疑応答ではMリーグに関する質問のみと説明されていたにも関わらず、現状の人気について突然、問われた。田中は「おっと…」と苦笑いしながらも「ありがたいです。でも、自分自身は何も変わらず。自分にやれることを淡々とやっていくだけ」と地に足をつけた回答。また、現状を「麻雀に例えると?」という無茶ぶりに、マニアックな麻雀あるあるで回答し「これわかります?」と笑っていた。  麻雀との出会いについて田中は「学生時代から楽しんでいる」という。駄菓子屋とゲームセンターの中間のような店にあった1回20円の麻雀ゲームで初めて触れたそうで「勝つとコンピューターの女の子が洋服を脱ぐんですよ。『なんだこのゲームは』と思った。20円でずっとやってた(笑)」とにっこり。  試行錯誤を繰り返し、麻雀の知識を身につけたそうで「1年ぐらいかけて覚えました」と懐かしんだ。やる回数こそ減ったが、今でも麻雀は身近で「ついこの間、共演者の方たちと卓を囲みました。打つのは初めての方だったんですけど、しゃべりながら。楽しい時間でした」と笑顔を見...more
カテゴリー:

桂歌丸さん告別式に2500人 最期の別れも小遊三「また帰ってきてほしい」 - 07月11日(水)17:29 

 今月2日に慢性閉塞性肺疾患で亡くなった落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、神奈川・横浜の妙蓮寺で椎名家・落語芸術協会の合同にてしめやかに営まれた。関係者と一般人をあわせて約2500人が参列し、生前数々の功績を残してきた歌丸さんとの別れを惜しんだ。 【写真】『笑点』での着物も展示された  法名は「眞藝院釋歌丸(しんげいいんしゃくかがん)」。横浜の海をイメージした祭壇には、菊、胡蝶蘭、デルフィニウムなど2500~3000本の花で彩られた。遺影には、3年前の8月に国立演芸場で高座に上がった時の写真が使われた。  歌丸さんのこれまでの足跡を紹介する部屋も用意されており、2006年から16年まで司会を務めた日本テレビ系演芸番組『笑点』の司会台や、回答者時代と司会者時代の衣装、番組50周年でスタッフから贈られた車いすなどが展示された。  歌丸さんの師匠で、落語芸術協会の最高顧問・桂米丸(93)、落語協会の会長・柳亭市馬(56)、『笑点』を代表して林家木久扇(80)が弔辞を読み上げ、中村吉右衛門(74)が友人代表のあいさつを担当。三遊亭小遊三(71)が謝辞として「これから一人ひとりが力をつけて、確固たる落語芸術協会を作っていくつもりです」と呼びかけた。  歌丸さんと親交のあったタレントが囲み取材に応じ、生前の思い出を語った。主なコメン...more
カテゴリー:

桂歌丸さん家族葬 長男「本名の椎名巌として送る」 - 07月10日(火)09:03 

 2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で亡くなった落語家桂歌丸さん(享年81)の通夜が9日、横浜市の葬祭場で営まれた。歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会最高顧問の桂米丸(93)をはじめ、桂文枝(74)らが参列した。  この日の通夜と今…
カテゴリー:

【落語】桂歌丸さんの通夜、桂文枝ら70人が参列 - 07月09日(月)20:26  mnewsplus

2日に慢性閉塞性肺疾患で亡くなった落語家、桂歌丸さん(享年81)の通夜が9日、横浜市内で執り行われた。 親族の意向で家族葬として営まれ、歌丸さんの師匠で芸協最高顧問の桂米丸(93)をはじめ、故人が会長を務めていた落語芸術協会理事のヨネスケ(桂米助、70)、 最後の弟子となった桂枝太郎(40)、日本テレビ系「笑点」メンバーの三遊亭好楽(71)、上方落語協会前会長の桂文枝(76)ら70人が参列。 関係者によると、死化粧を施した歌丸さんは大好きな緑色の着物姿。棺には愛用の着物数枚と扇子や手ぬぐい、趣...
»続きを読む
カテゴリー:

【カラオケ】シダックスのカラオケ撤退 「遠くて高い」、過剰投資も - 06月27日(水)18:46  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6M5DBML6MULFA01N.html シダックスのカラオケ撤退 「遠くて高い」、過剰投資も 高橋末菜、大鹿靖明 2018年6月27日15時46分  かつてカラオケ業界をリードしたシダックスが今月、「カラオケ館」を展開するライバルのB&Vにカラオケ事業を売却し、店舗運営から事実上撤退した。競合他社が業績を伸ばすなか、「ひとり負け」が続いていた。凋落(ちょうらく)ぶりは覆うべくもないが、業績不振の理由はカラオケ市場の変化に乗り遅れたことだけではないようだ。  シダックスは7日、債務超...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「最高顧問」の画像

もっと見る

「最高顧問」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる