「最高値」とは?

関連ニュース

NY株、4営業日続伸 パウエル議長の楽観的見通しを好感 - 07月18日(水)09:16 

 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前日比55ドル53セント高の2万5119ドル89セントで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は49・40ポイント高の7855・12と、終値の過去最高値を更新。SP500種株価指数は11・12ポイント高の2809・55だった。
カテゴリー:

【Amazon】アマゾンCEO、ジェフ・ベゾスの総資産、史上最高の17兆円に - 07月17日(火)18:45  newsplus

ニューヨーク(CNNMoney) 米経済誌フォーブスの世界長者番付でトップに立つ米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額は16日、1500億ドル(約16兆9000億円)を突破し、史上最高記録を更新した。 アマゾンはこの日、有料会員向け特売セール「プライムデー」を実施した。接続障害のトラブルはあったものの、同社の株価はこの日、過去最高値を記録。同社株の16%以上を保有するベゾス氏の資産も拡大した。 フォーブスによると、ベゾス氏の資産総額は長者番付2位の米マイクロソフト創業...
»続きを読む
カテゴリー:

貿易戦争の不安緩和--日米で景気敏感株が反発、ナスダックは史上最高値 - 07月17日(火)11:30 

先週の日経平均は1週間で809円上昇し2万2597円となった。米中貿易戦争の不安がやや緩和したこと、円安が進んだことが好感された。目先、売られ過ぎの景気敏感株の反発が続くことが予想される。
カテゴリー:

不用品を一番高く買ってくれるのはどこ?中古ゲームで試したら3000円も差が - 07月16日(月)08:53 

日常生活で必ず使うことになるあらゆるお金を削減する“守り”の裏技。情報強者が手の内を明かした目からウロコのコストカット術を駆使してお得に生きよう! ◆中古品どこで売る? 3000円以上得な最高値のサイトは?  フリマアプリに押され、やや勢いのない買い取りサービスだが、煩わしいやり取りや発送の手間なく即カネになるのはやはり魅力。今回は有名ショップからネット上の買い取りサイトまで、取材班が実際に人気ゲームソフト「マリオカート8(元値6100円)」の買い取りを申し込み、最も高く売れる店を調査した。  まず、ブックオフでのマリオカートの買い取り額は3500円。続いて、現金買い取りで最も高く売れたのは、老舗買い取りの駿河屋。買い取り価格は4400円と、オークションサイトにも負けない額だ。ブックオフより900円高い値がついた。  しかし、それを上回る買い取りサービスが存在した。それはヤフーとブックオフが提携したカウマエニーク。ヤフーで買い取り商品を選択し、ブックオフへ持ち込みまたは郵送するというシステムのこのサービスは、買い取り金額を現金ではなくTポイントで受け取ることができる。 「さらに、ヤフープレミアム会員かつ5のつく日に買い取り申し込みをした場合はTポイントでの受取額が35%上乗せです」(ライターの山野祐介氏)  結果、35%が上乗せされ4525ポイントとなり、カウマエニー...more
カテゴリー:

【株式市場】円安やNY株高が好感され好業績株も強く日経平均は一時342円高 - 07月13日(金)12:05 

◆日経平均は2万2483円13銭(295円17銭高)、TOPIXは1722.31ポイント(12.63ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億8511万株 13日(金)前場の東京株式市場は、円相場が2日続けて円安基調となり、NY株式もダウ平均の大幅高、NASDAQ総合指数の史上最高値などが好感され、株価指数の先物が先行高。
カテゴリー:

ダウ55ドル高 ナスダック最高値更新 7/18 7:19更新 - 07月18日(水)07:19 

17日の米・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価の終値は55ドル53セント高の2万5119ドル89セント。注目企業の決算を受けて買いが進んだほか、これから決算を迎える大型のハイテク銘柄も軒並み高値を更新してナスダック総合指数は最高値を更新。
カテゴリー:

アマゾンCEOの総資産、史上最高の17兆円に - 07月17日(火)17:18 

米経済誌フォーブスの世界長者番付でトップに立つ米アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の資産総額は16日、1500億ドル(約16兆9000億円)を突破し、史上最高記録を更新した。 アマゾンはこの日、有料会員向け特売セール「プライムデー」を実施した。接続障害のトラブルはあったものの、同社の株価はこの日、過去最高値を記録。同社株の16%以上を保有するベゾス氏の資産も拡大した。 フォーブス...
カテゴリー:

アメリカが、中国経済を潰すまで「貿易戦争」を止めない理由 - 07月17日(火)04:45 

現在、アメリカ経済は絶好調で日米ともに株高となっていますが、この景気はいつまで続くのでしょうか。そして、米国が中国から輸入する多くの品目に関税をかけて「米中貿易戦争」が始まっていますが、この戦いは日本にどのような影響を及ぼすのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは自身のメルマガで、日々変わる世界経済の動きと、日本人のとるべき行動について、その根拠を並べながら解説しています。 円独歩安で円変調か? 円独歩安(えんどっぽやす)で、日米ともに株高になり、バブルが大きく成長している。米国消費者物価は2%になり、米経済は過熱で今以上の物価上昇も視野。FRB(連邦準備理事会)は年内に4回の利上げを行うという。今後を検討しよう。 0. 米経済過熱 米国経済が順調である。米国消費者物価が2%以上も上昇して、FRBは年4回の利上げを行うとしている。この金利上昇でドルの還流が起きてドル高になり、企業決算も利益幅が上昇し、実質的な失業率も下がり、経済は絶好調である。還流したドルで10年国債を買っているために、10年米国債の金利も低下してきた。 このため、10年国債と2年国債の金利差が縮小し、イールドカーブの平坦化が起きている。しかし、この現状は心配ないという意見が出てきた。 ホワイトハウスの経済顧問だったジャレッド・バーンスタインなどが、景気後退の前触れとされるイールドカーブ...more
カテゴリー:

仮想通貨で11億稼いだ男、「池上彰さんのおかげです」!? - 07月15日(日)10:00 

 一攫千金とは、まさにこのこと――。わずか1年足らずで11億円を稼ぎ出した男性がいる。  額が額だけに、「賞金額が莫大な海外の宝くじに当せんした?」などと邪推してしまうが、そうではない。答えは、流行中の仮想通貨だった。仮想通貨(暗号通貨とも)というと、詐欺事件やハッカーらによる不正引き出し事件の印象が強いだろうが、「通貨の保管方法を間違わなければ大丈夫。現在の状況だと、99%の確率で6~8年後には66倍になっていると思います」と、仮想通貨アナリストのナカモト・ヤスシさん(34)は断言する。  彼こそが、仮想通貨で11億円を稼ぎ出したご本人なのだ。その“最速億り人”に、自身のサクセスストーリーを、独占告白してもらった――。 「僕が資産運用に興味を持ったのは、池上彰さんのおかげ。当時はまだ10歳でしたが、バブル真っ最中で、池上さんが分かりやすくNHKの『週刊こどもニュース』で、株投資の仕組みを解説してくれたんです。子ども心に“へー、こんな世界があるんだ”って思い、独学で株について勉強を始めたんです。初めて株を買ったのは大学生になってからですね。僕が株式投資を始めた時期は、ITバブルのど真ん中の頃だったので、IT系の優良企業の株を数十万円で買ったら、数百万円になりましたね」(ナカモトさん=以下同)  ナカモトさんは、大学院卒業後に食品メーカーに就職。毎日、工場で作業をする...more
カテゴリー:

村田製作所が高値に迫る、米NASDAQの最高値更新など材料視 - 07月13日(金)09:46 

■業績は高水準を続ける見通しで右肩上がりのトレンドを継続 村田製作所(東1)は13日、再び出直って始まり、取引開始後に1万9690円(490円高)まで上げて2万円の大台に接近。
カテゴリー:

もっと見る

「最高値」の画像

もっと見る

「最高値」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる