「暗号化」とは?

関連ニュース

SSDはドリルで穴を開けても復旧可能!! 小渕ドリルが通用するのはHDDだけ!! - 10月18日(木)15:38  poverty

2018年10月18日 05時00分 公開 HDDと同じ手順では情報漏えいの危険も SSDの廃棄方法と、SSDが「ドリルで穴を開けても復旧可能」な理由 使用済みのSSDを寄付するのは素晴らしいことのように思える。 だが、データの安全を保ちたいなら話は別だ。SSDの廃棄とリサイクルは思っているより複雑だ。 [John Edwards,TechTarget] ドリルでも無効化できない理由とは  SSDは急速に進化している。価格は下落し、速度と容量は増え続け、SSDはストレージ市場での地盤をさらに広げている。 ただしSSDの寿命は延びても、従来のHDDと同...
»続きを読む
カテゴリー:

クラウド型高速レンタルサーバー「カラフルボックス」が、SSLサーバー証明書「GlobalSign」「AlphaSSL」を提供開始。 - 10月18日(木)15:00 

ITサービスを提供する株式会社カラフルラボ(大阪市西区、代表取締役社長 杉原恵美子)は、インターネット上の通信データを暗号化して送受信する仕組みのSSLサーバー証明書「GlobalSign」「AlphaSSL」(URL:http://www.colorfulbox.jp/ssl/)を、2018年10月18日(木)より提供開始いたしました。
カテゴリー:

【IT】個人情報を収集しない検索エンジン「DuckDuckGo」の利用者が急増中 - 10月16日(火)13:00  newsplus

2018年10月15日 14時30分 Forbes JAPAN グーグルやフェイスブックなどから個人情報の流出が相次ぐなかで、注目が高まるのが、プライバシーを一切収集しないことを売りとする検索エンジンの「DuckDuckGo(DDG)」だ。 DDGの10月11日のアナウンスによると、一日あたりの検索回数は3000万件に達し、昨年から50%の増加を遂げたという。 「DDGの創設からデイリー検索数の1000万件突破までには、7年の時間が必要だった。その後の2年間で2000万件になり、それから1年足らずで3000万件を達成できた」と運営元は感謝のツイートを、#ComeToTh...
»続きを読む
カテゴリー:

大手4社のWebブラウザ、2020年にTLS 1.0と1.1を無効化 - ITmedia エンタープライズ - 10月16日(火)10:54 

大手4社のWebブラウザ、2020年にTLS 1.0と1.1を無効化 - ITmedia エンタープライズEdgeとInternet Explorer(IE)11、Safari、Firefox、Chromeで、2020年にTLS 1.0とTLS 1.1が無効化される。 米AppleとGoogle、Microsoft、Mozilla Foundationは10月5日、それぞれのWebブラウザで、TLS 1.0およびTLS 1.1を2020年に無効化する計画を発表した。 TLSは通信の内容を暗号化するHTTPS接続のためのプロトコルで...
カテゴリー:

AXIPシリーズ ファイルパッキングミドルウェア「VUCKET」を提供開始 - 10月15日(月)11:00 

[アクセル] 「VUCKET」は、複数の動画・音声ファイルを1つにまとめ、ファイルの破損チェックや暗号化、圧縮にも対応したファイルパッカーです。「VUCKET」を使用することで、画像や動画、音声等の膨大なアセットを1つのファ...
カテゴリー:

クラウド型高速レンタルサーバー「カラフルボックス」が、SSLサーバー証明書「GlobalSign」「AlphaSSL」を提供開始。 - 10月18日(木)15:00 

ITサービスを提供する株式会社カラフルラボ(大阪市西区、代表取締役社長 杉原恵美子)は、インターネット上の通信データを暗号化して送受信する仕組みのSSLサーバー証明書「GlobalSign」「AlphaSSL」(URL:http://www.colorfulbox.jp/ssl/)を、2018年10月18日(木)より提供開始いたしました。
カテゴリー:

2020年には主要なブラウザでTLS1.0とTLS1.1が無効化される予定 - 10月16日(火)14:00 

by William Krapp「TLS」とは、インターネットなどのネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコルの一種です。ネットスケープコミュニケーションズが1990年代中頃に開発した暗号化プロトコルである「SSL」の後継として、インターネット技術タスクフォース(IETF)によって策定されたTLSについて、主要ブラウザが2020年をめどに古いバージョンであるTLS1.0、TLS1.1のサポートを終了することが発表されました。
カテゴリー:

メジャーなブラウザーが全員同時にTLS旧版(1.0, 1.1)のサポートを停止する - 10月16日(火)11:48 

Firefox, Chrome, Edge, Internet Explorer, そしてSafariなどのWebブラウザーがすべて、オンラインのセキュリティプロトコルTLSの古いバージョンのサポートを停止する。TLSは、インターネット上の暗号化された情報交換のほとんどすべてで使われており、長く使われているあまり安全でないTLS 1.0と1.1も、今だに多くの接続で許容されている。しかしそれも、もう終わりだ。 Transport Layer Securityはコミュニティが開発したスタンダードで、その1.0は20年近く前にリリースされた。しかし1.0とその親戚の1.1には欠陥があって、暗号化による安全な通信に使うのは危険であることが、前から知られていた。2008年に1.2がその重大な欠陥に対処し、現在は大多数のクライアントがこれを使っている。今年初めにリリースされた1.3は、このスタンダードを改良および合理化したが、これにアップデートしたサーバーはまだそれほど多くない。 The messy, musical process behind the web’s new security standard 旧版のサポート停止についてMozilla, Google, Microsoft, WebKitの各陣営がそれぞれ別々に、同じような発表をしている。1.0と1.1は20...more
カテゴリー:

「シーテック」ベンチャー出展続々 AIや暗号化技術アピール - 10月16日(火)06:03 

 「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」は、展示の主役を家電からIoT(モノのインターネット)にかじを切って3回目を迎える。産業向けのいわゆる「BtoB」に特化した技術と親和性の高いベンチャー企業が数多く出展している。
カテゴリー:

Facebookよ、本気なのか? - 10月13日(土)12:00 

Facebook はビデオカメラを作っている。同社はそれを家庭に設置して、きょろきょろと落ち着きがないながらも瞬きは一切しない目玉で周囲を見回し、いくつもの耳を持つパネルに向かってユーザーが、愛する家族や友人への個人的な見解を話して欲しいと考えている。 その名はPortal。キッチンのカウンターの上やリビングルームや、友人や家族とおしゃべりをしたい場所ならどこにでも置くことができる。Portalは対象人物が動いても常に画面に収まるように追跡をして、気楽なビデオチャットが続けられるようにしてくれる。背景の雑音もカットされるので、会話がクリアーに聞こえる。気の利いた道具だが、目からウロコというほどではない。それでも便利そうではある。あなたの知っている人は、みなFacebookに登録している。または登録していたか。いずれにせよ、そうなると話が違ってくる。 いつも間が悪いFacebook 多くのユーザーがFacebookの利用を限定または縮小したいと考えている今、Facebookは家庭にその居場所を求めている。Portalは音声で起動するため、つねにキーワード(この場合はHey Portal)に聞き耳を立てている。Amazon Alexaの音声コマンドにも対応する。問題は、Alexaがつねに聞き耳を立てている機能上の性質と、隣の部屋の会話の断片まで聞き取ってしまうという悪い癖のために、すで...more
カテゴリー:

もっと見る

「暗号化」の画像

もっと見る

「暗号化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる